うまコラボ

地方競馬【JpnIII】 北海道スプリントカップ

地方競馬【JpnIII】 北海道スプリントカップ
レース概要
ホッカイドウ競馬が門別競馬場のダート1200mで施行する地方競馬の重賞(JpnIII)競走である。
前身は1959年から1996年まで施行されていたホッカイドウ競馬の古馬による重賞競走「金杯」。毎年のように全国各地から一線級の短距離を得意とする馬が集まり、初夏のダート短距離チャンピオン決定戦として定着している。施行条件がダート1000mだった2009年まで、優勝タイムが1分を切らなかったのは2007年のみであった。2011年までの優勝馬における所属別内訳は北海道(1回)、大井(1回)、JRA(13回)となっている。

【JpnIII】北海道スプリントカップに関する話題

「北海道スプリントカップ」に関連したTwitterの最新つぶやき

つぶやきはありません。