【騎手】井上 敏樹(イノウエ トシキ)

井上 敏樹 騎手
生年月日 1994年12月5日
身長 159.6cm 体重 48.0kg
血液型 O型 星座 射手座
初免許年 2014年
免許種類 平地・障害
出身地 埼玉県
所属 美浦
所属厩舎 フリー

【騎手】「井上 敏樹」関連の話題・ニュース

  • 「東西金杯」で初儲けする「波乱の法則」(1)6年連続で「金偏」の馬が優勝さらに言えば、騎手になって最初に迎えた酉年の93年も、2番人気のエイシンテネシーで2着。このように、全て人気に応えてきたのだから、さすがと言える。 ちなみに武豊はこれまで中山金杯には一度も騎乗しておらず、そればかりか、年明けの中山競馬に参戦したこともない。可能性があるとすれば、次の酉年の29年 ...
  • 【京成杯】ライトカラカゼ大野J感触確かめる 馬体成長サクステッド動きまずまず前走は中山替わりで結果を出してくれました。前走後は在厩調整で進めていますが、順調にきています。最終追い切りは大野騎手が乗って感触を確かめてもらいましたが、古馬と併せて良い動きを見せていました。前走で勝った後も話しましたが、ジョッキーもこの馬の能力を評価してくれています。今回は重賞挑戦に ...
  • 今年もJRAジョッキーがばんえい競馬に参戦!最下位となったのは、今回が初参戦となった蛯名正義騎手。 「初めてで慣れていないので、どうすればいいか分かりませんでした」と、苦笑いを浮かべた。 最下位の騎手は罰ゲームとしてゴムパッチンを受けるが、ゴムを引っ張る役を名乗り出た井上敏樹騎手が蛯名騎手の目に見えぬ威圧感に圧されたのか、何故 ...
  • 【若手騎手ローカル奮戦中】井上敏樹 反骨の20歳「穴党にアピールしたい」... 【連載:次代のエースへ若手騎手ローカル奮戦中(4)=井上敏樹(20)】今夏も北海道シリーズで奮闘を続けている2年目の井上敏樹。東西の一流騎手が集う中、今札幌開催2週目にはマルチ勝利(2勝)をマーク。そのうちのひとつは自身初となる新馬勝ちだった(自厩舎ペイシャオブマーシ)。 「次走は最終週 ...
  • <新人騎手>井上敏樹この夏の経験で“末脚爆発”他の同期が95年4月以降の生まれであるのに対し、井上敏樹(19)の誕生日は94年12月5日。つまり1学年上にあたる。どんな事情があったのかと尋ねると、意外な答えが返ってきた。 「競馬学校への入学願書の提出が間に合わなかったんです(笑い)。というのも、騎手になりたいと考えるようになったのが遅かった ...
  • 【アルテミスS】余裕十分の初勝利ウラヌスチャーム&グランドピルエットの最終追い切り前走、2歳新馬(8/5・新潟・芝1600m)では出遅れながらも大外からまとめて差し切ったウラヌスチャーム(牝2、美浦・斎藤誠厩舎)は、井上敏樹騎手を背に(レースでは戸崎圭太騎手が騎乗予定)南ウッドチップコースで追われ、6F84.5-68.6-53.6-39.3-13.2秒をマークした。 【斎藤誠調教師のコメント】 「今週の ...
  • 【オールカマー】今年は中山を選択ルージュバック「輸送の心配もない」今週の追い切りの動きは多少モタつきましたが、追い切り後にカバー出来る範囲ですし合格点の内容です。去年の毎日王冠のときはカイ食いが悪くて体を増やすのに苦労しましたが、今回は水曜の時点で460キロありますし輸送も中山までなので心配なくきています。中山の外回りコースは初めてですが問題ないと ...
  • 節目の500勝達成 これまでにお世話になった方々のためにも頑張ります先週は土曜東京2RのハッスルバッスルでJRA通算500勝を達成することが出来ました! 200、300、400の時は特別な思い入れもなかったのが正直なところなのですが(苦笑)、今回は大きな節目ということもあり、今までお世話になった人たちや苦しい時期を思い返しましたね。 一時は年間14勝というときもありましたが、苦し ...