【騎手】大江原 圭(オオエハラ ケイ)

大江原 圭 騎手
生年月日 1990年2月26日
身長 168.0cm 体重 47.0kg
血液型 A型 星座 魚座
初免許年 2008年
免許種類 平地・障害
出身地 茨城県
所属 美浦
所属厩舎 フリー

【騎手】「大江原 圭」関連の話題・ニュース

  • 武豊超え目指す戸崎圭、重賞4連勝なるか大江原「初戦でも上がり最速で能力を示していたとはいえ、2戦目であれだけ変われるのは、学習能力が相当高いんだろうな。母ミクロコスモスは阪神ジュべナイルFの3着馬で、筋の通ったノーザンブランドの良血でもあるし、クラシックも当然意識できる好素材だと思うぞ」. デスク「久々となる点や、コース替わりに不安はない ...
  • ギンザボナンザの仔ゴールドギアが大外一気の差し切り勝ち!…東京新馬10月9日(月)、4回東京3日目5Rで2歳新馬(芝1600m)が行なわれ、北村宏司騎手騎乗の1番人気・ゴールドギア(牡2、美浦・伊藤圭厩舎)が優勝。五分のスタートから中団外目を追走。直線に向いても余裕を持った構えで、持ったまま先団に並びかけ、坂を上がってからは一気に突き抜けた。勝ちタイムは1:35.9(良 ...
  • 末脚断トツのムスコローソに看板記者も 初戦で騎乗した戸崎圭騎手も“凄くイイ馬ですよ。今回は乗れなくて残念ですが、間違いなく好勝負です”と言ってましたが、メンバー中5頭も勝ち上がらせてきたジョッキーの言葉だけに、重みがありますよ。先週の追い切りで跨いだ大野騎手も“乗りやすいし、いい感じの動きでした。マイルも大丈夫ですし楽しみ”と、好感触 ...
  • 穴馬達も虎視眈々、安田記念の記者座談会菅「放牧へ出すと馬が緩んでしまうので敢えて厩舎で調整したようですが、仕上げに関しても、“前回は2000mに対応できるような仕上げ。今回はマイルに対応できるように仕上げてきた”とのことです。“広いコース、長い直線、東京の馬場。全てこの馬にはピッタリ”と、藤原英師も悲願達成へ期待を寄せてましたよ」. 小野智 ...
  • 福島の鬼マルターズも見参、七夕賞座談会... ばやるだけ動く馬で、武士沢騎手も“いつも通りのこの馬のデキ”と、状態面には不安がないことを強調してました。ハンデは57キロを想定していたようで、“0.5キロ重いけど、斤量泣きする馬格ではないので、ゴーサインを”とのことでした。枠順がどうとか、流れがどうとかの注文がなく、やるべきことが決まっているのがいい ...
  • 性別は関係ないレベルの馬ファンディーナ... は、1週前にも手綱を取っていた五十嵐騎手に電話取材したんですが“今回に限っては8分程度といったところ”とのことでした。これまでずっと調教を付けてきた彼が、反応に重さを感じているのなら、目標は次のダービーと見ていいですね」. 馬場「厩舎への取材では“ピッチを上げて乗り込んでも体が減らないし、成長を ...
  • 【JRAブリーズアップセール】オルフェーヴル初産駒2頭に高評価スマッシュの15を預かる大江原調教師は「予定より高くなってしまったが、馬と動きを見て、この一頭に絞っていた。今後はすぐに入厩させて、順調なら夏の新潟開催を目標に仕上げていくつもり」と期待を寄せた。 一方、同じく今年の新種牡馬として注目を集めるロードカナロアはイシュタルキャストの15(牡)、アンキャニーの15(牝 ...
  • 武豊エアウィンザーも長い直線で虎視眈々レースリプレイを何度も観たという戸崎圭騎手も“勝ちを意識して結果を出します”と、強気でしたよ」. 馬場「東スポ杯は、勝ち馬が3戦、2着馬が2戦、そしてムーヴザワールドが1戦というキャリアがそっくり着順に出ただけで、なおかつタイム差がなかったのなら、一番強いのは当然ムーヴと考えるべきでしょう。経験を積んだこと ...
  • 清水成駿さん通夜に500人参列 アンカツが語ったやさしき素顔4日に死去した競馬予想家・清水成駿さん(享年67)の通夜が8日午後、東京都台東区の寛永寺輪王殿第2会場で行われた。長年連載をしていた縁で東京スポーツ新聞社・酒井修代表取締役社長が葬儀委員長を務めた式には、約500人が参列。美浦トレセンからは大江原、本間、牧調教師らが駆けつけた。また ...
  • 秋のG1シーズン直前に贈る競走馬の深イイ話!「落馬した騎手を死守」「武豊を逆指名」左前脚を骨折し、前のめりに倒れて鞍上の山本騎手は落馬。脳震盪を起こして気を失いました。キーストンは左前脚をふらつかせながらも苦痛をこらえて、倒れた山本騎手を気遣うように3本脚で歩み寄ります。観戦スタンドからは「もう歩くな! 歩いてはあかん!」の悲鳴が起こったそうですが、たどり着いたキーストンは、山 ...
  • 大混戦アルゼンチン共和国杯の記者座談会小野智「戸崎圭騎手は、昨年の1000万勝ち以来の騎乗となりますが“その後の成長はレースを見ていても分かります。久々でもキッチリ仕上っているようですし、十分にチャンスはありますね”と、上々のコメントでした。ただ、私がそれ以上と考えているのはシュヴァルグランで、春の天皇賞3着を素直に評価したいですね。こ ...
  • 穴馬ゾロゾロで万券も狙える秋華賞座談会田崎「ビッシュの前走は、欲を言えばもう少し馬体が増えて欲しかったところですが、内容自体には確かな成長が感じられましたね。強敵の戦線離脱に加えて、ジュエラーの信頼性が揺らいだとあっては、ここはメンバーにも恵まれたと思います」. デスク「東西本紙担当のお墨付きに加えて、陣営からの頼もしいコメントも聞い ...