【騎手】柴田 大知(シバタ ダイチ)

柴田 大知 騎手
生年月日 1977年6月18日
身長 158.0cm 体重 49.0kg
血液型 B型 星座 双子座
初免許年 1996年
免許種類 平地・障害
出身地 栃木県
所属 美浦
所属厩舎 フリー

【騎手】「柴田 大知」関連の話題・ニュース

  • 【京成杯】リフレッシュで一発 コスモイグナーツ「展開次第でチャンスがある」柴田大知騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F84.6-69.1-55.4-43.1-13.8秒をマーク。 【高橋祥泰調教師のコメント】 「前走後は放牧に出しました。ひと息入れたことで、いろいろな意味で馬がリフレッシュ出来ました。1週前追い切りはジョッキーに乗ってもらいました。馬が多い時間帯に馬場入りしたこともあっ ...
  • 【中山金杯】ダイワキャグニーが注目の中山コースへ「今なら問題なく走れる」前走、チャレンジカップで6着だったマイネルミラノ(牡8、美浦・相沢厩舎)は、柴田大知騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F70.3-55.3-40.7-13.0秒をマークした。 【柴田大知騎手のコメント】 「水曜日の追い切りは馬なりでしたが、動きが良く馬は元気一杯でした。状態の変動があるタイプではありませんし、今 ...
  • 【満員御礼】柴田大知&柴山雄一騎手が爆笑トーク!G1予想会も白熱【イベント報告】元JRA騎手で元調教助手の谷中公一さん、血統スナイパー・境和樹さん、競馬ラボ・小野田学が、前哨戦を振り返りながら狙っている穴馬、軽視する人気馬を公開しました。 ジョッキーと厩舎スタッフの両方を経験した谷中さんは「オレンジジューチュ(ス)」を飲みながら、当事者の視点で有力馬をぶった斬り。境さんは、独自の ...
  • 気持ちを入れて乗っていきますなかなか勝てずに苦戦しています。先週はコスモビッグハート(8人気③着)が最高着順。素直で気持ちが前向きで物見もせず、新馬としては理想的な競馬ができました。先着された2頭が強く離されてはしまいましたが、状態面でも前進が見込めそうな次走が楽しみ。カペラSのモンドクラッセ(16人気⑦着)はスタートで挟 ...
  • 今週末は騎乗停止です昨日(木曜)はかねてからお知らせしていた生うまトークサミットに出演してきました。初登壇だったので競馬よりも緊張しましたが、水上さんの名司会、谷中さんの突っ込み、柴山騎手のぶっちゃけのおかげで途中からはほぐれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。ファンの皆さんの真剣な眼差しや温かい声援が励みに ...
  • 力が入る師走の中山開幕週東京最終週はマイネルユキツバキ(2人気)の③着が最高着順。周りを気にしているのか手応えほど反応しきれず、まだ工夫していかなければいけない面があります。もっと上にいって頑張ってくれるはずの馬なので、乗り方を考えつつ伸ばしてあげたい。このレースは直線でちょうど横に出したタイミングで前にいた北村 ...
  • 柴山&柴田大騎手がぶっちゃけ 尊敬するのは…「蛯名」呼び捨て!JRAの人気騎手、柴田大知騎手(40)と柴山雄一騎手(39)の2人が28日、都内で競馬ラボ主催のイベント「生うまトークサミット Vol.4」に出演した。 トークライブの最初の質問は「お互いの印象」。2人は同級生で、普段から食事やカラオケに一緒に行く仲だという。柴田騎手は柴山騎手について「いつも面白いことを言って ...
  • オールカマーはマイネルミラノで出走昨日(20日)はテレ玉杯オーバルスプリントでモンドクラッセ(4人気⑧着)に騎乗してきました。初コースだった浦和の1400mはこの馬に忙しかった印象で、スタートからゴールまで追いっぱなし。それでも乗り味がかなり良く、スタートも速いので条件ひとつかみ合えばまだまだ活躍が見込めます。今回は距離的にスペシ ...
  • サウジアラビアRCはコスモインザハートに騎乗先週末は前回記したとおり日曜から北海道に飛び、ビッグレッドファームとオータムセールに顔を出してきました。牧場では1歳馬が早くも動けるような態勢で、ホエールキャプチャの仔(父オルフェーヴル)に乗せていただきました。再来年のクラシックを目指す世代になりますが、胸が躍るような乗り心地で驚きました。僕は相変 ...
  • 柴田大騎手&柴山騎手に穴馬の発見法を聞いちゃおう!9・28秋のイベント第1弾を開催9月28日(木)、競馬ラボの大好評イベントシリーズ「生うまトークサミット VOL.4」を東京・渋谷のLOFT9 Shibuyaで開催します。 秋のイベント第1弾は、10/1(日)のスプリンターズS(G1)と、フランス・シャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞(G1)のダブルG1を、元JRA騎手で元調教助手の谷中公一さんを交えて徹底討論!トーク ...
  • レパードSはシゲルコングに騎乗初戦もビックリするような脚を使ってくれましたが、タイプ的に1ハロンでも延びるのは大歓迎。ダリア賞は自分と相性がいいイメージもあり楽しみにしています。12Rのホワイトウインドは、福島1800mから新潟1600mになるのはいいほうに向きそう。ただ、昨年同時期から気持ちが途切れてしまうようなレースが続いています。能力は ...