【騎手】宮崎 北斗(ミヤザキ ホクト)

宮崎 北斗 騎手
生年月日 1989年3月12日
身長 164.2cm 体重 49.0kg
血液型 O型 星座 魚座
初免許年 2007年
免許種類 平地
出身地 埼玉県
所属 美浦
所属厩舎 フリー

【騎手】「宮崎 北斗」関連の話題・ニュース

  • 【AJCC】新コンビに注目ゴールドアクター 素質は世代屈指ミッキースワロー宮崎北斗騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F81.9-66.7-51.4-37.9-13.7秒をマーク。 【中川公成調教師のコメント】 「1週前追い切りはウッドでリヴェルディと併せました。相手が動くので遅れは仕方ありませんし、1週前にしっかり負荷をかけられたことは良かったと思います。有馬記念の頃は状態がもうひと ...
  • JRA丹内祐次騎手「騎手免許剥奪でいい」!? 超悪質「体当たり」騎乗停止であの「軍団」との関係にもヒビ?これにより、マイネルサリューエに騎乗した丹内祐次騎手は9月23日から10月8日まで16日間の騎乗停止となったわけだが、その騎乗が「あまりにもひどい」と話題になっている。 最後の直線のパトロールビデオを見れば一目瞭然だが、丹内騎手はマイネルサリューエとマイネルアンファンの最後の追い比べの際、ひたす ...
  • 第4章:ノルマンディーOCの方針と野望... -:まずはクラブを立ち上げた理由ですが、以前うかがった時、「馬主としての収支はプラス。その方法論を、クラブ法人で証明したい、という気持ちがある」とおっしゃっていましたね。 岡:もちろんその理由は大きい。「競馬はやり方次第で儲かるもの」ということを浸透させたいですからね。また、当然のことながら、「事業」として ...
  • (番外編)G1の調教を目の前で 安田記念ツアーに参加した午前11時、5時間を超えるツアーが終了。参加者の佐々木さんは、「広大な敷地に馬が並んで、圧巻でした」と感無量。「公開されている調教動画では、ウオーミングアップの様子まではわからない。生で見ると、迫力ありますね」と、より競馬を身近に感じられたようだ。 満足そうに帰っていくツアー客を見ながら、美浦トレセン ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.113】フィリップ・ミナリク先日のジャパンCで同じドイツ調教馬に騎乗したD.ポルク騎手(左)と、ツーショットに収まったフィリップ・ミナリク騎手(右)。 ジャパンCに参戦するためドイツから来日したダニエレ・ポルク騎手を先週は紹介した。今週はもう1人、同じようにドイツから参戦。ギニョールに騎乗したフィリップ・ミナリクを紹介しよう。 1975年3月10日、旧チェコスロバ ...
  • C.スミヨン騎手が欧州年間最多勝記録を更新昨年ブドー騎手が立てた欧州年間記録を更新したスミヨン騎手。日本での騎乗も久々に見てみたい? フランスを拠点に活躍しているクリストフ・スミヨン騎手(36、ベルギー)が現地時間16日、ドーヴィル競馬場とリヨン競馬場で5勝をマーク。自身の今シーズンの勝利数を302勝まで伸ばし、ヨーロッパの年間最多勝記録を更新し ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.112】ダニエレ・ポルク勝負服が印象的なイキートスは昨年、今年とジャパンCに参戦。今年はドイツで地歩を固めつつあるD.ポルク騎手が騎乗した。 2016、17年と2年連続でジャパンCに挑戦したドイツのイキートス。残念ながらそれぞれ7、15着と敗れたが、2年目の今年、騎乗したのがダニエレ・ポルクだ。 1983年3月3日、イタリア・ローマ出身の ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.111】ダミアン・レーン豪移籍したトーセンスターダムでの2勝など、ここへ来て急速にGI勝ち鞍の数を伸ばしている若武者D.レーン騎手。その名は覚えておきたい。 オーストラリアへ移籍したトーセンスターダムがトゥーラックH、エミレーツSとGIを2勝した。 いずれのレースでも騎乗していたダミアン・レーン騎手は、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで頭角を現 ...
  • 武豊騎手、C.ルメール騎手ほかWASJ出場全騎手のサイン入りグッズが当たるキャンペーン開催中!ゴーグルセット、パンフレットいずれもWASJ2017出場騎手全員の豪華サイン入り!このチャンスを逃すと2度と手に入れる機会はないかも?という激レアグッズです! 武豊騎手やC.ルメール騎手、そして海外からはJ.モレイラ騎手や女性ジョッキーのK.マリヨン騎手らを迎えて熱戦が繰り広げられた今年のWASJ2017。 開催地が ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.83】シルヴェスター・デソウサ欧州、ドバイ、そして香港と世界を股にかけて活躍するS.デソウサ騎手。今後も海外の大レースでその名を目にする機会は多そうだ。 ネオリアリズムが制した今年の香港、クイーンエリザベス女王カップ。2着には地元のパキスタンスターが追い込んだが、同馬に乗っていたのが今回紹介するシルヴェスター・デソウサ騎 ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.114】ナッシュ・ローウィラーJRAでは新潟記念を制しているN.ローウィラー騎手。豪州で大きな実績を残しているだけに、日本でのビッグタイトル獲得も可能性十分だろう。 先週は香港で香港国際レースが開催された。 8頭が挑戦した日本馬は残念ながら1頭も勝つことができなかった。一方、迎え撃つ地元勢は4つ中3レースを優勝。とくにお家芸といえ ...
  • HOME >> UMAJINニュース「 注目 」 >> 三浦皇成騎手 復帰戦は5着数々の苦難を乗り越え、ついに復帰を果たした三浦皇成騎手。26日にはTBSテレビ「バース・デイ」にて、この1年の軌跡を追ったドキュメンタリー番組が放送される。 昨年8月14日、札幌競馬第7Rにおける落馬負傷で長期休養中だった三浦皇成騎手(27、美浦・鹿戸)が、本日の札幌競馬第1R・2歳未勝利で、丸1年ぶりの ...
  • 【騎手密着(5)】日本滞在1か月経過、エスポジート騎手を襲った異変…みなさん、こんにちは。今週は、先週予告していた住んでいるところや食生活など、美浦での生活を報告しようと思っていたのですが、タイトルの通りエスポジート騎手に大きな変化が…。順を追って説明していきたいと思います。 8/4(月)は前回も当欄に登場してくれたエスポジート騎手の友達、大野拓弥騎手と宮崎北斗 ...