中央競馬【GI】大阪杯

大阪杯

大阪杯(おおさかはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
正賞は日本馬主協会連合会会長賞。

概要

本競走は、春の中距離路線の最強馬決定戦となっている。
1957年に5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走として創設された。競走名は1964年に「サンケイ大阪杯」と改称された後、1989年より「産経大阪杯」となった。
創設時は阪神競馬場の芝1800mで3月に行われていたが、距離や施行時期は幾度かの変遷を経て、1972年より2000mで定着。施行時期も1982年より桜花賞の前週に移され、現在に至る。
外国産馬は1984年から、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になり、2003年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。2014年から2016年までは本競走の1着馬に天皇賞(春)の優先出走権が付与されていた。
2017年よりGI昇格し、名称を「大阪杯」とすることが、2016年10月17日に日本中央競馬会から発表された。優勝馬には当年のアイリッシュチャンピオンステークスへの優先出走権が与えられる。また同年より天皇賞(春)、宝塚記念とともに同一年に行われる3競走を全て優勝した馬に褒賞金が贈られることになった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(出走資格のある馬のみ)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:定量(57kg、牝馬2kg減)

2016年までは天皇賞(春)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は天皇賞(春)の出走候補馬(2頭まで)に優先出走が認められていた。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬に天皇賞(春)の優先出走権が与えられていた。

優先出走権

  • 出馬投票を行っている外国調教馬
  • レーティング順位の上位5頭
  • 当該年に行われる以下の競走のいずれかで1着となった馬(中央・地方の所属は問わない)
  • 当該年に行われる以下の競走のいずれかで2着以内に入着した地方競馬所属馬
競走名 格・条件 施行競馬場 施行距離
中山記念 GII 中山競馬場 芝1800m
金鯱賞 GII 中京競馬場 芝2000m

賞金

2017年の1着賞金は1億2000万円で、以下2着4800万円、3着3000万円、4着1800万円、5着1200万円。

【GI】大阪杯関連の話題・ニュース

  • シュヴァルグランは大阪杯から天皇賞・春へ昨年のジャパンCを勝ったシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)が、大阪杯・G1(4月1日、阪神・芝2000メートル)から始動することが11日、分かった。管理する友道調教師が明らかにした。ここから春の大目標である天皇賞・春・G1(4月29日、京都・芝3200メートル)へ向かう。 春はドバイシーマクラシック・G1(3月31日、メ ...
  • ゴールドアクター「今後」現役引退も......武豊騎手 ... - ビジネスジャーナル「3強対決」となった今年のAJCC(G2)は、上位人気馬の「明暗」がくっきりとわかれた結果となった。 「道中も良く、最後は良い脚を使ってくれました。いい勝ち方…(1/3)
  • 外国人騎手全盛 存在感増す社台グループクリスチャン・デムーロ(Cデムーロ=25、イタリア)騎乗のタイムフライヤーが優勝。ホープフルステークスと大阪杯が新たにG1に昇格し、中央競馬の平地G1は年間24戦に増えたが、Cデムーロの勝利で外国人騎手が過半数の13を占めたのだ。最多勝はクリストフ・ルメール(38)に決定済み。ルメールは同日は勝てず ...
  • 【AJCC】成長感じる動きミッキースワロー ルメールと格上馬に挑むレジェンドセラー今週の追い切りで乗りましたが、躍動感のある動きで気持ちの面にゆとりもあって成長を感じました。 この馬に関しては気合いを乗せるというより、気分良く約束事だけ守って稽古が出来ていれば十分です。ジョッキーとも相談して、セントライト記念と同じ舞台のここを復帰戦として決めました。今後の予定は具体的に決めてはい ...
  • 【アメリカJCC】キタサン引退で空いたおいしいポジション遅すぎた初重賞Vダンビュライトの将来は明るいしかし、こういう形の競馬に持ち込めること自体が、強みでもある。 昨年まで中長距離界を制圧していたキタサンブラックも先行力が大きな武器。ラストランの有馬記念は5F61秒4のスローで悠々と逃げ切ったのは記憶に新しい。 “何がなんでも”の逃げ馬が少なくなったこともあり、近年は大レースでもペースが上がらないケー ...
  • ダンビュライトの勝因、ミッキースワローの敗因は?アメリカジョッキー ...ここでも4歳馬の勢いは止まらず--。1月21日、中山競馬場でAJCC(G2/芝 2200m)が行われ、ダンビュライトが優勝した。2着は1番人気を背負ったミッキースワロー、3着に逃げたマイネルミラノが残った。
  • ルメール、外国人初の最多勝=中央競馬日本中央競馬会の今年の全レースが28日に終了し、フランス出身のクリストフ・ルメール騎手(栗東・フリー)が199勝を挙げ、外国人騎手として初めて最多勝に輝いた。重賞はGI4勝を含む14勝。最多獲得賞金も手にした。最高勝率騎手はミルコ・デムーロ(栗東・フリー)だった。最多勝利調教師は、63勝を挙げた池江泰寿 ...
  • キタサンブラック、収入総額は驚異の32億円!来年の競馬を占う金杯の行方は?中山競馬場で10万人、テレビの前で数百万人の競馬ファンがキタサンブラックと武豊騎手の偉業達成に歓喜した有馬記念、また年末28日開催と新たにG1に昇格したホープフルステークスが無事に終了し、2017年の競馬はあっという間に幕を閉じた。 やはり、今年の競馬もキタサンブラックの独壇場だった。大阪杯、天皇賞 ...
  • アンカツが2018年競馬界に物申す昔と今の競馬では(馬場の高速化により)脚元への負担が全然、変わってきた影響もあるんやろけど。王道GIでも、微妙にメンバーが揃わんことが増えてきた。特に最近、気になっとるんは、春のドバイや暮れの香港に、日本馬が大挙して押しかけることが日常化したことやな。 まあ、より箔が付くというか、ステータスを得られる ...