中央競馬【GI】皐月賞

皐月賞

皐月賞(さつきしょう)は、日本中央競馬会 (JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI)である。「皐」の字が常用漢字外のため、「さつき賞」と表記されることもある。
正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。

概要

旧八大競走の1つで、中央競馬における3歳クラシックの第2戦として行われ、最もスピードのある優秀な繁殖馬を選定するためのチャンピオンレースとされている。このため、出走資格は4歳 (現3歳)の牡馬と牝馬に限られ、せん馬 (去勢された馬)は出走できない。また、本競走で4着以内の成績を収めた馬には東京優駿 (日本ダービー)の優先出走権が与えられる。1990年までは5着以内の馬に優先出走権を付与していたが、1991年より4着までに改められた。
1939年に当時の日本競馬会がイギリスの2000ギニーに範をとり、4歳 (現3歳)牡馬・牝馬限定の競走「横浜農林省賞典四歳呼馬 (よこはまのうりんしょうしょうてんよんさいよびうま)」を創設。第1回は横浜競馬場の芝1850メートルで施行された。東京優駿競走・阪神優駿牝馬 (現:優駿牝馬)・京都農林省賞典四歳呼馬 (現:菊花賞)・中山四歳牝馬特別 (現:桜花賞)とともに「五大特殊競走」として位置づけられ、東京優駿競走・京都農林省賞典四歳呼馬とともに日本のクラシック三冠競走を確立した。
1943年からは横浜競馬場の閉鎖に伴い東京競馬場の芝1800メートルで施行、1944年は太平洋戦争の影響により「農商省賞典四歳」の名称で能力検定競走として施行したが、1945年は中止された。
終戦後の1947年から名称を「農林省賞典」に変更。1949年から施行場を中山競馬場の芝1950メートルに変更し名称を「皐月賞」に変更、翌1950年から再び施行距離を芝2000メートル (≒ 1 1/4 miles)に戻し、現在に至っている。
1995年からは指定交流競走とされ、所定の条件を満たした地方競馬所属馬も出走できるようになり、2002年からは外国産馬も出走可能となった。2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。 東京優駿 (日本ダービー)は「最も運のある馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と称されるのに対し、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」と言われる。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牡馬・牝馬 (出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬 (外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬 (後述)
  • 外国調教馬 (9頭まで、優先出走)

負担重量:定量 (57kg、牝馬2kg減)

  • 第1回は牡馬55kg、牝馬53kg。第2回 - 第6回は牡馬57kg、牝馬55.5kg。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権のある馬から優先して割り当て、その他の馬は収得賞金の総計が多い順に出走できる (残る1枠が複数の同収得金額馬だった場合は抽選で出走馬が決まる)。

優先出走権

出馬投票を行った外国馬は、優先出走できる。

JRA所属馬と地方競馬所属馬は、下表のトライアル競走で所定の成績を収めた馬に優先出走権が与えられる。ただし、未出走馬・未勝利馬はトライアル競走で収得賞金を得る (弥生賞・スプリングステークスは2着以内、若葉ステークスは1着)ことで優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
弥生賞 GII 中山競馬場 芝2000m 3着以内
若葉ステークス オープン 阪神競馬場 芝2000m 2着以内
スプリングステークス GII 中山競馬場 芝1800m 3着以内

地方競馬所属馬は上記のトライアル競走で優先出走権を得た馬のほか、JRAの2歳GI競走優勝馬、およびJRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は1億円で、以下2着4000万円、3着2500万円、4着1500万円、5着1000万円。

【GI】皐月賞関連の話題・ニュース

  • ジェネラーレウーノとオハナの現在位置は同馬はこの後、皐月賞へ直行するとのこと。2着コズミックフォース、3着イェッツトも地力を感じさせるレースぶりで、伸びシロを考えると、上位3頭の今後が楽しみだ。 長所. 大外枠から好スタートを決めて2番手を取れたように、好位置で折り合えるレースぶりは多頭数のレースでこそ真価を発揮する。京成杯は決して楽な流れではなく ...
  • 武豊超え目指す戸崎圭、重賞4連勝なるか今週末の日曜中山では、3歳重賞の京成杯が、暮れのホープフルSに続いて、皐月賞と同じ舞台で行われる。難解なメンバー構成だが、将来が楽しみな素質馬の参戦や、年明けから好調な戸崎圭Jの重賞4連勝挑戦など話題も多い。TM(トラックマン)陣も徹底取材で得た情報を飛び交わせる! 傑出馬不在も 本紙 ...
  • 【ホープフルS】ナスノシンフォニーが打倒牡馬へ勝負のG1挑戦2戦1勝の牝馬、ナスノシンフォニー(美浦・武井亮厩舎、父ハーツクライ)が、牡馬相手のG1、ホープフルS(28日、中山)に果敢に挑戦する。 牝馬同士の新馬(福島・芝1800メートル)を勝ち上がると、百日草特別で2着に健闘。8頭立ての少頭数だったが、牡馬相手に最速タイの上がり(3ハロン33秒6)を駆使し、勝ったゴーフォ ...
  • 皐月賞馬の弟ダノンマジェスティに 8つ先週は、阪神カップでイスラボニータ、有馬記念でキタサンブラックがそれぞれ有終の美を飾ったが、未来の名馬候補も続々とデビュー。朝日杯フューチュリティSを勝って勢いに乗る「ダノン」軍団のダノンマジェスティ、新規参入の一口馬主クラブ「DMMバヌーシー」のキタノコマンドールが新馬戦を制し、それぞれ高評価を獲得した ...
  • 武豊が「ポスト武」不在に危機感。競馬界の未来を憂うレジェンドが昨年「新人最多勝騎手」の名を挙げた意外な理由とは乗り続けられる限り」と生涯現役宣言をしているものの、すでにキャリアの晩年に差し掛かっていることは間違いない。いつまで唯一無二のカリスマとして日本人騎手の活躍を支え続けていられるのかは、年々不透明になっている。 当然、その事実は誰よりも本人が最も自覚しており「日本人騎手がもっと頑張らないと」と自他共 ...
  • タイムフライヤーが若葉Sから始動 鞍上はルメール/競馬・レース/デイリー ...昨年のホープフルSを制したタイムフライヤー(牡3歳、栗東・松田国英厩舎)が、若葉S(3月17日・阪神)から始動し、皐月賞(4月15日・中山)を目指すことが分かった。21日、サンデーレーシングのHPで発表された。鞍上はルメールとなるもよう。同馬は現在、宮城県の山元トレセンで放牧している。
  • AJCC2018の競馬予想分析…トーセンビクトリー激走に向けた3つの要素とは?その母の血は中山で何度も激走を見せてきた。 この馬の母トゥザヴィクトリーは言わずと知れた名牝で、ドバイワールドカップでの2着、大激戦のエリザベス女王杯制覇など競馬ファンの脳裏に多くの素晴らしい走りを焼き付けた。その中には有馬記念3着の好走も含まれる。そしてグランプリを筆頭に中山巧者という性質は ...
  • JRA「日本人騎手の希望」となれ!? 石橋脩ラッキーライラックに「ミス」は許されないこれまでのレースで何一つ問題のない騎乗ぶりであり、それも当然といえる。 ただ一方で、昨今の流れから「乗り替わり」の心配が多いのも事実だった。 競馬界、特に猛威を振るう社台系の筆頭格であるサンデーレーシングは、一口馬主などの意志もあるのかとにかく「外国人騎手」への乗り替わりが多い。「勝てる騎手 ...
  • 【京成杯】ホッカイドウ競馬出身のダブルシャープ、軽く仕掛けて先着だからこそ、前走の朝日杯FSから距離を2ハロン延ばし、皐月賞と同じ舞台の中山での重賞を選択した。 ホッカイドウ競馬出身馬のプレイアンドリアルが14年に勝ち、09年のモエレビクトリーが3着に入ったレース。「今回はためる競馬をしたい。真ん中より内枠が欲しい」とトレーナー。偉大な先輩たちに続く好走の先には、クラシックロ ...