中央競馬【GI】天皇賞(春)

天皇賞(春)

天皇賞(春)(てんのうしょう・はる)は、日本中央競馬会 (JRA) が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI) である。
正賞は天皇賞、日本馬主協会連合会会長賞。
第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。
天皇賞は春・秋に年2回施行されており、春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。
春の競走と秋の競走は開催地など競走条件が異なるものの同じ「天皇賞」であり、施行回数は春→秋と施行順に加算している。
同一の競走名で1年に複数回施行する競走は、現在の中央競馬で本競走のみである。

概要

4歳以上の馬(外国産馬・外国馬を含む)による重賞競走(GI)。施行距離は1939年(昭和14年)以来3200メートルで変わっておらず、現存する中央競馬の平地GI競走では最長距離。
2008年(平成20年)よりメルボルンカップ(オーストラリア、GI)の前年度優勝馬を招待するようになり、本競走の優勝馬にも同年のメルボルンカップへの優先出走権が与えられる。
2017年(平成29年)より大阪杯、宝塚記念とともに同一年に行われる3競走を全て優勝した馬に褒賞金が贈られる。
正式名称は「天皇賞」であるが、JRAでは天皇賞(秋)の距離が短縮された1984年(昭和59年)から「天皇賞(春)」と表記している。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:4歳以上のサラ系競走馬(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方所属馬(優先出走権を得た馬のみ)
  • 外国調教馬(JRA所属の外国産馬とあわせて最大9頭まで)

負担重量:定量(58kg、牝馬2kg減)

出馬投票を行った馬のうち、以下の優先出走権を得ている馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI・JpnI競走における収得賞金」の総計が多い順に割り当てる。出馬投票締切の結果、出走申込頭数が出走可能頭数を超えた場合は、別に定めた方法または抽選で出走馬を決定する。

優先出走権を得られる条件

  • 出馬投票を行っている外国調教馬
  • レーティング順位の上位5頭
  • 当該年に行われる以下の競走のいずれかで1着となった馬(中央・地方の所属は問わない)
  • 当該年に行われる以下の競走のいずれかで2着以内に入着した地方競馬所属馬
競走名 格・条件 施行競馬場 施行距離
阪神大賞典 GII 阪神競馬場 芝3000m
日経賞 GII 中山競馬場 芝2500m

地方競馬所属馬は、上記のほか大阪杯の2着以内馬も本競走に出走できる。

賞金

  • 春(2017年、第155回)の1着賞金は1億5000万円で、以下2着6000万円、3着3800万円、4着2300万円、5着1500万円。
  • 秋(2017年、第156回)の1着賞金は1億5000万円で、以下2着6000万円、3着3800万円、4着2300万円、5着1500万円。

1937年(昭和12年)に帝室御賞典が年2回施行に集約されて以来、天皇賞は日本国内で有数の高額賞金競走である。優勝馬の馬主に与えられる御賞典(優勝杯、優勝楯)の金銭的価値を一切考慮に入れないとしても、長い間、1着賞金の額は中央競馬で行われる競走の中でも上位を保ち続けた。2017年(平成29年)は、日本国内で施行する競馬の競走としてジャパンカップ・有馬記念の3億円、東京優駿(日本ダービー)の2億円に次ぐ高額の1着賞金が設定されている。

コース

京都競馬場の芝コース、外回り3200メートルを使用。
スタート地点は観客席からみて向正面で、約1周半する。途中、第3コーナーから第4コーナーにかけて“淀の坂”と称される坂の上り下りがあり、天皇賞(春)ではこの坂を2度通過するため、「京都競馬場の難所」とされる。
1周目はスタート直後から100メートル進む間に約2.1メートル上る急坂となる。その後も緩やかに280メートルかけて約1.8メートルを上る。第3コーナーが坂の頂上にあたり、第4コーナーまで3.5メートルを下る。第4コーナーを回って直線に入るまで0.8メートルほどの下り勾配がある。
2周目の第4コーナーを回り終えると最後の直線で、ゴールまでは残り約400メートルとなる。

【GI】天皇賞(春)関連の話題・ニュース

  • 早まる有力馬の始動戦 冬場の調整に難しさも一つは2000~2400メートル路線を目指す有力馬が増えていることだろう。90年代までは、例年4月末~5月初めに行われる天皇賞・春(G1、京都芝3200メートル)が中距離以上を主戦場とする古馬一線級にとっては春の大目標だった。そのレースにあわせ、阪神大賞典(G2)など3月の前哨戦から復帰するケースが多 ...
  • 【今週ラストウイーク小島太調教師独占告白=後編】イーグルカフェの43戦連続重賞出走はJRA表彰されるべき調教師生活は足かけ22年――。“前編”では「最悪だった」と語ったキャリアだが、それは多くの人と交わって管理する難しさから出た言葉。トレーナーとしても華があった。中でもハイライトは騎手時代には縁がなかった菊花賞、有馬記念、天皇賞・春を制したマンハッタンカフェ(12戦6勝)だ。「(主戦)蛯名(騎手)の力も、ものすご ...
  • 【新連載スタート】なぜ今“オーストラリア”から目が離せないのか?日本で重賞に顔を出す程度の能力がある馬なら、豪州競馬への適性が高ければ、GIに勝ち、高額な賞金を稼ぐ可能性がおおいにあることを、この2頭は実証したのである。 実を言えば、豪州競馬の最高峰と言われるGIメルボルンC(芝3200m)制覇を目論み、豪州人馬主たちがヨーロッパのステイヤーに目をつけ、積極的 ...
  • 【京都記念】重賞未勝利のクリンチャー、G1馬4頭を撃破!第111回京都記念・G2は11日、京都競馬場で行われ、4番人気のクリンチャー(藤岡佑)がゴール前で抜け出し重賞初制覇を飾った。G1馬4頭を撃破した菊花賞2着の長距離砲が、天皇賞・春(4月29日、京都)では胸を張れる存在となりそうだ。皐月賞馬のアルアイン(川田)が2着。日本ダービー馬のレイデオロ(バルジュ ...
  • モズカッチャンなど、新たに日本馬7頭にドバイ国際競走の招待状ドバイ国際競走(3月31日、メイダン競馬場)の招待状が新たに日本馬7頭に届いたことが21日、分かった。 シーマクラシック(芝2410メートル)に選出されたのはキセキ(牡4歳、栗東・角居厩舎)、モズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島厩舎)、トーセンバジル(牡6歳、栗東・藤原英厩舎)の3頭。キセキは日経賞から天皇賞・春 ...