中央競馬【GI】優駿牝馬(オークス)

優駿牝馬(オークス)

優駿牝馬(ゆうしゅんひんば)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。1965年から(オークス)の副称が付けられており、競馬番組表での名称は「優駿牝馬(オークス)」、回次を含める表記では「優駿牝馬(第○回オークス)」と表記している。
「オーク(Oak)」は、樫を意味する英語。「イギリスダービー」創設者の第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは樫の森が茂る「オークス」と呼ばれる土地を所有しており、1779年にエリザベス・ハミルトンと結婚した際、記念に競馬を開催することを発案。その中に夫人の希望を入れて3歳牝馬のレースを行い、これが「オークス」と名づけられたのが由来とされている。日本では本競走の優勝馬を「樫の女王」という通称で呼ぶこともある。
正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞。

概要

1938年にイギリスのオークスを範として、4歳(現3歳)牝馬限定の「阪神優駿牝馬」を阪神競馬場(旧鳴尾競馬場)に創設。横浜農林省賞典四歳呼馬(現:皐月賞)・東京優駿(日本ダービー)・京都農林省賞典四歳呼馬(現:菊花賞)・中山四歳牝馬特別(現:桜花賞)とともに日本のクラシック競走のひとつとされる。桜花賞は最もスピードのある繁殖牝馬の検定競走とされたのに対し、本競走はスピードとスタミナを兼ね備えた繁殖牝馬を選定するためのレースとされている。
距離は創設当初芝2700mだったが、1940年から1942年まで芝2450mで施行した後、1943年から芝2400mに変更。施行場も1946年から東京競馬場に変更され、この際に名称を「優駿牝馬」に改称。1965年から(オークス)の副称が付けられ、現在に至る。施行時期は1952年まで秋季だったが、1953年から春季に変更された。
1984年よりグレード制が施行され、GIに格付け。1995年から地方競馬所属馬が、2003年からは外国産馬がそれぞれ出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:定量(55kg)

  • 第3回 - 第6回は57kg。

未勝利馬・未出走馬(収得賞金が0の馬)には出走権がないものの、フローラステークス・スイートピーステークスで収得賞金を加算し、優先出走権を得れば出走できる。このため、フローラステークスは2着以内、スイートピーステークスは1着となった場合のみ出走可能となる。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権を持つ馬から優先して割り当て、その他の馬は通算収得賞金の総計が多い順に出走できる。なお、出馬投票の結果同順位の馬が多数おり出走可能頭数を超過した場合は、抽選で出走馬を決める。

優先出走権

出馬投票を行った外国馬は、優先出走できる。

JRA所属馬・地方競馬所属馬は以下のトライアル競走で所定の成績を収めた馬に、優先出走権が付与される。

競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
桜花賞 GI 阪神競馬場 芝1600m 4着以内
フローラステークス GII 東京競馬場 芝2000m 3着以内
スイートピーステークス オープン 東京競馬場 芝1800m 2着以内

地方競馬所属馬は上記のほか、NHKマイルカップの2着以内馬、およびJRAで施行する芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は1億円で、以下2着4000万円、3着2500万円、4着1500万円、5着1000万円。

【GI】優駿牝馬(オークス)関連の話題・ニュース

  • 競馬騎手クリストフ・ルメール「僕が日本を選ぶ理由」日本は欧米に比べると競馬の歴史がそこまで古い国じゃない。ジャパンカップの創設はまさに、国際的なレースを日本で開くと同時に、日本の競馬を海外に広めることが目的だった。確かに当時、日本の馬のレベルは、欧米の馬に及ばなかったけれど、そこからの成長は見事と言うしかない。競走馬、牧場、種牡馬、繁殖 ...
  • 超良血馬ソウルスターリングがオークス制覇! 父と母がどれだけ凄かったか知ってる?5月21日、競馬の優駿牝馬(オークス)が東京競馬場で行われ、1番人気のソウルスターリングが優勝した。圧倒的1番人気に推された前走の桜花賞で3着に敗れ、デビュー以来初黒星を喫したソウルスターリング。しかし、今回のオークスでは改めてその強さを見せつけた。この勝利により名門・藤澤和雄厩舎は記念す ...
  • チャンピオンズカップで有馬記念の軍資金稼ぎ…大混戦を「達人」が読み解く!それは武芸やスポーツであり、日常的な生活においても見受けられる。競馬界においても、はや達人の領域に達している騎手がいる。それがイタリア出身で日本中央競馬会(JRA)に所属するミルコ・デムーロだ。 「ミルコ」の愛称で競馬ファンに知られる同騎手は、この秋だけでスプリンターズステークス、菊花賞、エリザベ ...
  • 武豊、21年ぶりのオークス制覇濃厚?競馬界のレジェンドたちが明かす穴馬とは今週末は、いよいよ東京競馬場で牝馬クラシック第2弾の第78回優駿牝馬(オークス)が行われる。このレースの注目は、なんといっても武豊だろう。過去にエアグルーヴ、ダンスパートナー、ベガで3勝しているが、最後の勝利である1996年から20年以上その美酒を味わっていない。 しかし、当の本人はかなりの手応えを ...
  • オークス2017の予想データ分析…2つの好走血統と不振種牡馬とは?混戦の年だけに、この血統傾向は無視できない要素だ。 次に全体的な傾向を見ていくと、父クラシック血統×母系スタミナ血統という組み合わせが目立つ。 オークスは2400mという長丁場だ。3歳牝馬にとって過酷な距離であり、生半可な実力では乗り切ることができない。だからこそ、血統的な後押し……要するにスタミ ...
  • 後ろからはなんにもこない! 桜花賞、伝説の「大差勝ち」って知ってる?競馬のレースには季節を感じさせるものが多い。その代表格といえば、今年は4月9日(日)に開催される桜花賞だ。 その名のとおり、桜の花が咲き誇る中で行われる一戦は、3歳牝馬三冠路線の第1弾。日本競馬の中でも伝統的なレースのひとつで、皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞、優駿牝馬(オークス)とと ...
  • 春競馬G1・6連戦の最終レース、安田記念はこの穴馬を狙え!型破りな予想術で驚異の高収益優駿牝馬(オークス)も東京優駿(日本ダービー)も終わり、6週連続で行われている春のG1レースも残りは今週末に行われる第67回安田記念のみとなった。この春のG1レースは、天皇賞(春)が固い決着となったが、皐月賞は3連単106万馬券という特大万馬券が飛び出し、NHKマイルカップやヴィクトリアマイルでも人気薄 ...
  • 武豊騎手の函館記念全成績…トウケイヘイローで制覇武豊のオークス全成績…ダンスパートナーとエアグルーヴで連覇達成を含め計3勝. 3歳牝馬の頂点を決める優駿牝馬オークス。府中の2400mという過酷な舞台に18頭の牝馬たちが挑む。武豊騎手は前走のフローラステークスで手綱をとり優先出走権を獲得したマキシマムドパリに騎乗する。… 2015/5/6; ニュー ...