中央競馬【GI】安田記念

安田記念

安田記念(やすだきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 安田記念」と表記される。
競走名の「安田」は明治・大正・昭和にわたって競馬に携わり、競馬法制定や東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力、日本中央競馬会の初代理事長も務めた安田伊左衛門に由来。東京競馬場には、安田の功績を称え胸像が建立されている。
正賞は農林水産大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞、ブリーダーズカップチャレンジ賞。

概要

中央競馬における上半期のマイル王決定戦として位置づけられているGI競走。
1951年に、「安田賞」の名称で創設。名称の由来(前述)となった安田伊左衛門が1958年に死去したため、同年より現名称に改称された。
創設当初は東京競馬場の芝1600mで4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として施行されたが、1984年にグレード制が導入されGIに格付け、施行時期も優駿牝馬(オークス)の前に移され5歳(現4歳)以上の馬による定量戦に変更。1996年からは東京優駿(日本ダービー)の翌週に移設のうえ競走条件も「4歳(現3歳)以上」に変更され、現在に至る。2005年から2011年までは「アジアマイルチャレンジ」の対象レースとしても施行された。
外国産馬は1984年から、外国馬は1993年からそれぞれ出走可能になったほか、1995年からは地方競馬所属馬も出走可能になった。
2016年からブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走に指定され、優勝馬には当該年のブリーダーズカップ・マイルへの優先出走権と出走登録料・輸送費用の一部負担の特権が付与される。
2017年より当競走の1~3着馬には当年のジャックルマロワ賞への優先出走権が与えられることになった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(出走資格のある馬のみ)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:定量(3歳54kg、4歳以上58kg、牝馬2kg減)

  • 第1回 - 第33回はハンデキャップ、第34回 - 第45回は57kg、牝馬2kg減、南半球産4歳馬1kg減。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権(次節参照)のある馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に割り当てる。

優先出走権

外国馬、およびレーティング順位の上位5頭(牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)は本競走に優先出走できる。

JRA所属馬・地方競馬所属馬は同年に行われる以下の競走で1着となった馬に、優先出走権が付与される。

競走名 格・条件 競馬場 距離
マイラーズカップ GII 京都競馬場 芝1600m
京王杯スプリングカップ GII 東京競馬場 芝1400m

地方競馬所属馬の出走資格

地方競馬所属馬は、同年に行われる以下の競走のいずれかで所定の成績をあげると本競走に出走できる。

4歳以上
競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
マイラーズカップ GII 京都競馬場 芝1600m 1・2着馬
谷川岳ステークス オープン 新潟競馬場 芝1600m 1着馬
京王杯スプリングカップ GII 東京競馬場 芝1400m 1・2着馬
3歳
競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
ニュージーランドトロフィー GII 中山競馬場 芝1600m 1・2着馬
橘ステークス オープン 京都競馬場 芝1400m 1着馬

上記のほか、高松宮記念及び大阪杯の2着以内馬(本競走とヴィクトリアマイルのいずれかを選択)・NHKマイルカップの2着以内馬・ヴィクトリアマイルの2着以内馬も本競走に出走できる。

また、指定された外国の国際G1競走(2歳G1は除く)優勝馬、地方競馬のダート交流GI・JpnI競走(2歳GI・JpnIは除く)優勝馬にも出走資格が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は1億300万円で、以下2着4100万円、3着2600万円、4着1500万円、5着1030万円。

【GI】安田記念関連の話題・ニュース

  • マイルCS2着馬エアスピネルは中山記念から武豊騎手との再コンビで始動その後は読売マイラーズC・G2(4月22日、京都・芝1600メートル)を挟んで、大目標の安田記念・G1(6月3日、東京・芝1600メートル)で悲願成就に挑むローテーションを明かした。 また昨年末の阪神C2着で、阪急杯・G3(2月25日、阪神・芝1400メートル)からの始動を予定していたダンスディレクター(牡8歳)は、左前トウ ...
  • 2018年好ダッシュを決めた田辺裕信騎手。彼の現在のスタイルを作るに至った2人の人物とは……。その1週間前。1月6日には京都競馬場でコパノリッキーの引退式が行われた。 “ドクターコパ”の愛称で知られる小林祥晃氏が馬主の同馬は2014、2015年のフェブラリーS連覇など、地方交流を含めG1を日本記録の計11勝。そのうち5回でコンビを組んでいた武豊が引退式に参列した。 当日は中山での騎乗だったため ...
  • 【京都金杯】レッドアンシェル切れた!厩舎の同期スワーヴリチャードに続く重賞V狙う昨年、庄野調教師は開業11年目で初めて年間獲得賞金が5億円(地方含む)超え。交流G1・JBCスプリントをニシケンモノノフで制し、芝路線ではスワーヴリチャードが重賞2勝、日本ダービーでも2着と活躍した。「芝の長距離のリチャードと並んで、アンシェルは芝マイル路線の柱になってほしい」と庄野師は大きな期待を ...
  • 【京都金杯】ブラックムーン初タイトル!武豊騎手32年連続JRA重賞制覇決して展開が向いたわけではなく、力でねじ伏せる競馬。切れますね。強い」。名手が、確かな力を認めた。自身は昨年のエアスピネルに続く連覇で、自らが持つデビューからの連続JRA重賞勝利記録を32年に更新。18年最高の発進に、ユタカスマイルがはじけた。 明け6歳馬の初タイトルに「少しずつ力をつけて、自 ...
  • 【有馬記念】クリスマスイブのグランプリは何かが起こる!?さて、今年はどんな有馬記念になるのだろうか? 【1961年】ホマレボシは3歳2月のデビュー。晩成型でその年の秋から頭角を現し、61年は安田記念(当時芝1800メートル)を制するなど、古馬のトップグループに。有馬記念(当時芝2600メートル)では1番人気に応えてレコードでタカマガハラに3/4馬身差V。当時の中 ...
  • ホープフルステークス「カス丸の競馬GⅠ大予想」 2018年のクラシックホースを探せ!ガジュマル爺 ルーカスは、全兄(父も母も同じ)が2015年の安田記念、マイルチャンピオンシップ、16年の天皇賞(秋)を制したモーリスじゃ。父スクリーンヒーローも08年のジャパンカップを勝ったGI馬。これだけで血統のよさがわかるじゃろ。でも、ルーカスはこのレースの調教中に放馬(騎手を振り落として、逃げ出してしまうこと)するアク ...
  • 【衝撃】競馬関係者が暴露した「誰でもできる有馬記念100万円獲得計画」がヤバすぎる!今回見つけたサイトは「競馬セブン」という競馬情報サイト。調べてみると、知る人ぞ知る業界トップクラスのサイトで、スポーツ紙や競馬専門紙とは異なり本物の競馬関係者が多数所属し、表に出ない競馬情報を競馬ファンに提供しているという。 春に行われたG1レースのNHKマイルカップでは、馬連1万7290円の万馬券を的 ...
  • ホープフルS2017の競馬予想分析…ルーカスが頭で狙えない4つの理由とは?2017年12月28日、中山競馬場でホープフルステークス(GI/芝内回り2000m)が行われる。ルーカス、ジャンダルム、タイムフライヤー、フラットレー、サンリヴァル、ナスノシンフォニー、シャルルマーニュらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 人気の一角となることが確実なルーカ ...
  • 【ホープフルS展望】武豊騎手騎乗予定のジャンダルムが3連勝でG1Vを決める今年からG1に昇格された、第34回ホープフルSが12月28日、中山競馬場の芝2000メートルを舞台に行われる。 新馬、デイリー杯2歳S連勝中のジャンダルム(牡、栗東・池江泰寿厩舎=キトゥンズジョイ産駒)の母は、スプリントG1・2勝(スプリンターズS、高松宮記念)のビリーヴ(父サンデーサイレンス)。きょうだいたちはアイビス ...
  • 有馬記念が波乱になる「根拠」…キタサンブラックにまつわる「裏事情」も彼らは現役時代にさまざまな快挙を成し遂げ、さらに引退後も安閑とした時間を過ごすことなく、競馬ファンのために365日活動している。 「シンクタンク」に所属する関係者で代表的存在なのが、JRA史上初の2000勝騎手であり調教師としても活躍した増沢末夫氏だ。その実力と人望から多くの騎手や調教師、厩務員に慕わ ...