中央競馬【GI】スプリンターズステークス

スプリンターズステークス

スプリンターズステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
正賞は日本馬主協会連合会会長賞、グローバルスプリントチャレンジ賞、ブリーダーズカップチャレンジ賞。

概要

1967年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として、中山競馬場の芝1200mで創設。当時は4歳(現3歳)以上の馬が出走できる中央競馬で唯一のスプリント(短距離)重賞だった。
1984年にはグレード制の導入に伴いGIIIに格付けされ、1987年にはGIIに格上げされた。その後、1年を締めくくるスプリント系の大レースを開催しようとする機運が高まり、1990年にはGIに格上げされ、施行時期も有馬記念の前週に移された。2000年にはスプリント競走体系が整備され、施行時期を初秋の中山開催最終週に繰り上げ。以来、秋競馬で最初に行われるGIレースとして定着している。2005年には世界初の国際スプリントシリーズ「グローバルスプリントチャレンジ」が創設され、本競走はそのひとつとして第8戦に組み入れられている。
1994年から国際競走となり外国馬が出走可能になったほか、1995年には地方競馬所属馬も出走可能になった。
2016年からブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走に指定され、優勝馬には当該年のブリーダーズカップ・ターフスプリントへの優先出走権と出走登録料・輸送費用の一部負担の特権が付与される。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上(出走可能頭数:16頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬

負担重量:定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

  • 第1回・第2回はハンデキャップ、第3回 - 第23回は別定、第28回・第29回は南半球産3歳馬2kg減。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権のある馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。

優先出走権

外国調教馬、およびレーティング順位の上位5頭(牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)は優先出走できる。

JRA所属馬は、同年に行われる下表の競走のいずれかで1着となった馬に優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離
キーンランドカップ GIII 札幌競馬場 芝1200m
セントウルステークス GII 阪神競馬場 芝1200m

地方競馬所属馬は、同年に行われる下表の競走のいずれかで2着以内となった馬に優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離
キーンランドカップ GIII 札幌競馬場 芝1200m
セントウルステークス GII 阪神競馬場 芝1200m
外国で行われるグローバルスプリントチャレンジ対象競走

地方競馬所属馬は上記のほか、GI競走(2歳GIを除く)の1着馬にも出走資格が与えられる。

賞金

2016年の1着賞金は9800万円で、以下2着3900万円、3着2500万円、4着1500万円、5着980万円。

【GI】スプリンターズステークス関連の話題・ニュース