中央競馬【GI】秋華賞

秋華賞

秋華賞(しゅうかしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
「秋華」とは、中国の詩人である杜甫や張衡が「あきのはな」として詩のなかで用いた言葉。「秋」は大きな実りを表し、「華」は名誉・盛り・容姿が美しいという意味がこめられている。
正賞は京都市長賞、日本馬主協会連合会会長賞。

概要

1996年に新設された、4歳(現3歳)牝馬限定のGI競走。その後エリザベス女王杯へ向かう馬も多く、エリザベス女王杯へ向けた前哨戦としての意味合いも持っている。施行距離は創設以来、京都競馬場・芝2000m(内回り)で変わっていない。
1995年まではエリザベス女王杯が4歳(現3歳)牝馬三冠の最終戦として行われていたが、1996年よりエリザベス女王杯が古馬にも開放され4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦となったため、新たな4歳(現3歳)牝馬限定のGI競走として新設された。
創設時から外国産馬・地方競馬所属馬が出走可能で、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)
  • 未出走馬・未勝利馬は出走できない。
    • 負担重量:馬齢(55kg)

      出馬投票を行った馬のうち、優先出走権をもっている馬から優先して割り当て、その他の馬は収得賞金の総計が多い順に出走できる(残る1枠が複数の同収得金額馬だった場合は抽選で出走馬が決まる)。

      優先出走権

      出馬投票を行った外国馬は、優先出走できる。

      JRA所属馬は、下表のトライアル競走で所定の成績を収めた馬に優先出走権が付与される 。

      競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
      紫苑ステークス GIII 中山競馬場 芝2000m 3着以内
      ローズステークス GII 阪神競馬場 芝1800m 3着以内

      地方競馬所属馬は上記トライアル競走で所定の成績を収めた馬のほか、桜花賞・優駿牝馬(オークス)で1着となった馬に優先出走が認められている。また、桜花賞・優駿牝馬(オークス)で2着となった地方競馬所属馬、および皐月賞・東京優駿(日本ダービー)・NHKマイルカップで2着以内に入着した地方競馬所属馬にも出走資格が与えられる。

      なお、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬はエリザベス女王杯の優先出走権が与えられる。

      賞金

      2016年の1着賞金は9200万円で、以下2着3700万円、3着2300万円、4着1400万円、5着920万円。

【GI】秋華賞関連の話題・ニュース

  • クリンチャー重賞初制覇 騎手好調、G1勝利狙う京都記念は10頭立てと少頭数ながら、日本ダービー馬レイデオロ(牡4)、皐月賞を勝ったアルアイン(同)、エリザベス女王杯優勝のモズカッチャン(牝4)、秋華賞馬のディアドラ(同)と17年にG1を勝った4頭を含む、豪華な顔ぶれで行われた。先行集団の内柵沿いからレースを進めたクリンチャーは最後の直線で馬群の間か ...
  • 早まる有力馬の始動戦 冬場の調整に難しさもほかのG1馬も17年にエリザベス女王杯を勝ったモズカッチャン(牝4)が4着、同年の秋華賞馬ディアドラ(同)は6着に終わった。 京都記念に中央G1の勝ち馬が4頭も出走するのは1984年のグレード制導入後、今回が初めて。前年のクラシック優勝馬が複数出たのも、テイエムオペラオー、ナリタトップロードが参戦した00年以 ...
  • 日曜中山“この馬は消さないで”/競馬・レース/ online【中山11R・アエロリット】折り合い面で難しいところがあるだけに、マルターズアポジーがつくるよどみのない流れは大歓迎。秋華賞以来の実戦だが、菊沢師自らまたがって坂路とコース併用で十分に乗り込んできた。迫力ある走りは牝馬離れしており、パワーを要する冬の中山芝も問題ない。大外枠を引いたが、名手・横 ...
  • 中山記念2018の競馬予想分析…アエロリットがクリアすべき3つの ...2018年2月25日、中山競馬場で中山記念(GII/芝1800m)が行われる。ペルシアンナイト、ウインブライト、アエロリット、ヴィブロス、サクラアンプルールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? アエロリットは昨年のNHKマイルCを制覇。ハイレベルといわれる現4歳世代の牝馬のな ...
  • 【中山記念】ヴィブロス、坂路でソフト仕上げ 54秒7も友道調教師「予定通り」前走のエリザベス女王杯は1番人気ながら、道中で折り合いを欠き5着。この敗戦には「理由」があった。それまでレースで手綱を執る騎手が1週前追い切りに騎乗することが多かったが、この時はルメールと調整がつかず。当週の追い切りで感触を確かめてもらったが、52秒0と好時計が出たことが裏目に出た。 「あれで ...