中央競馬【GI】菊花賞

菊花賞

菊花賞 (きっかしょう)は、日本中央競馬会 (JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI)である。
競走名の『菊花』は菊の花の意味。菊はキク科キク属の多年草で、世界中に1万種以上あるといわれている。色や形は種類によって多岐に渡り、観賞用だけでなく食用としても用いられる。花言葉は「高貴」「高尚」。
正賞は内閣総理大臣賞、朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞。

概要

イギリスの「セントレジャー」を範にとり、1938年に「京都農林省賞典四歳呼馬」の名称で創設された4歳 (現3歳)馬による重賞競走で、1948年より現名称となった。前後して創設された横濱農林省賞典四歳呼馬 (現:皐月賞)や東京優駿 (日本ダービー)とともに、日本のクラシック三冠競走を確立した。旧八大競走にも含まれている。
クラシック三冠競走の最終戦として行われ、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、東京優駿 (日本ダービー)は「最も運のある馬が勝つ」と呼ばれるのに対し、本競走はスピードとスタミナを兼ね備え、2度の坂越えと3000mの長丁場を克服することが求められることから「最も強い馬が勝つ」と称されている。最もスタミナのある優秀な繁殖馬を選定する観点から出走資格は「3歳牡馬・牝馬」とされ、せん馬 (去勢馬)は出走できない。
施行場は阪神競馬場で行われた1979年を除き、すべて京都競馬場で行われている。距離の3000mも第1回から変更されていない。
地方競馬所属馬は1995年より、外国産馬は2001年よりそれぞれ出走可能になったほか、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牡馬・牝馬 (出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬 (外国産馬含む、未勝利馬・未出走馬は除く)
  • 地方競馬所属馬 (後述)
  • 外国調教馬 (9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢 (牡57kg、牝55kg)

  • 第1回・第2回は牡馬55kg、牝馬53kg。第3回 - 第6回は牡馬57kg、牝馬55.5kg。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権 (後述)のある馬から優先して割り当て、その他の馬は収得賞金の総計が多い順に出走できる (残る1枠が複数の同収得金額馬だった場合は抽選で出走馬が決まる)。

優先出走権

出馬投票を行った外国調教馬は、優先出走できる。

JRA所属馬は、下表のトライアル競走で3着以内に入った馬に優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離
朝日杯セントライト記念 GII 中山競馬場 芝2200m
神戸新聞杯 GII 阪神競馬場 芝2400m

地方競馬所属馬は上記のトライアル競走で3着以内に入った馬のほか、桜花賞・皐月賞・優駿牝馬 (オークス)・東京優駿 (日本ダービー)で1着となった馬に優先出走が認められている。また、桜花賞・皐月賞・優駿牝馬 (オークス)・東京優駿 (日本ダービー)で2着となった地方競馬所属馬、およびNHKマイルカップで2着以内に入着した地方競馬所属馬にも出走資格が与えられる。

賞金

2016年の1着賞金は1億1500万円で、以下2着4600万円、3着2900万円、4着1700万円、5着1150万円。

【GI】菊花賞関連の話題・ニュース

  • 【G3シルクロードステークス】追い込みの迫力満点イッテツ「阿部幸太郎 オレの美味予想」京都競馬場でG3シルクロードステークス! 今週は京都で「シルクロードS」です。休養明けをひと叩きしたG1馬セイウンコウセイ。そして絶好調ナックビーナス。あるいは復調ミッキーラブソング。6F戦に矛先を変えて来たロードクエスト。実績からダイアナヘイロー、セカンドテーブル等が有力視されます。 注目がイッテツです。前走 ...
  • 有馬記念「キタサンまつり」後も祭りがあった中央競馬の暮れの大一番となるグランプリ、GⅠ第62回有馬記念が中山競馬場(千葉県船橋市)で行われた。競馬の枠を超えた日本の年末を代表する国民的イベントで、結果は一般的なニュースだけでなくワイドショーでも取り上げられた。結果は周知のようにキタサンブラックが鮮やかに逃げ切りラストランを飾った。決して ...
  • キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とはただ、競馬ファンを魅了し続けた「ターフの主役」が種牡馬としても"主役"となるには、現役時よりもさらに険しい道のりが待っていそうだ。 昨年、引退した際は約13億5000万円という破格のシンジケートが組まれるなど、競馬界だけでなく世間からも大きな注目を浴びたキタサンブラック。通算G1・7勝、18億7684万3000円を獲得し ...
  • キタサンブラック偉業支えた“仕上げ人”キタサンブラックに「ありがとう」を――武豊も感慨「騎手冥利。感謝しかない」 · 神懸り武豊、大雨不良で驚愕イン突き! キタサン“ワープ”で天皇賞春・秋連覇 · ディープ超えた春盾、武豊「本当に強い」 異次元キタサンブラックにサトノ陣営白旗 · 大阪杯Vに見た武豊キタサン王者の風格 感激サブちゃん「引退やめ ...
  • AJCC2018の競馬予想分析…トーセンビクトリー激走に向けた3つの要素とは?その母の血は中山で何度も激走を見せてきた。 この馬の母トゥザヴィクトリーは言わずと知れた名牝で、ドバイワールドカップでの2着、大激戦のエリザベス女王杯制覇など競馬ファンの脳裏に多くの素晴らしい走りを焼き付けた。その中には有馬記念3着の好走も含まれる。そしてグランプリを筆頭に中山巧者という性質は ...
  • キタサンブラック引退式 武騎手ら名馬に別れ昨年末の有馬記念で有終の美を飾ったキタサンブラック(6歳牡馬)の引退式が7日、京都市伏見区の京都競馬場で行われた。7番のゼッケンをつけ、武豊騎手を背に第4コーナーからスタンド前まで軽快にターフを駆け抜けると、約1万8000人のファンから大きな拍手が湧いた。 京都はG1初勝利を挙げた15年菊花賞と、16 ...キタサンブラックが競走馬登録を抹消UMAJIN.net