中央競馬【GI】天皇賞(秋)

天皇賞(秋)

天皇賞(秋)(てんのうしょう・あき)は、日本中央競馬会 (JRA) がは東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI) である。
正賞は天皇賞、日本馬主協会連合会会長賞。
第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。
天皇賞は春・秋に年2回施行されており、春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。
春の競走と秋の競走は開催地など競走条件が異なるものの同じ「天皇賞」であり、施行回数は春→秋と施行順に加算している。
同一の競走名で1年に複数回施行する競走は、現在の中央競馬で本競走のみである。

概要

3歳以上の馬(外国産馬・外国馬を含む)による重賞競走(GI)。施行距離は1938年(昭和13年)から1983年(昭和58年)まで、春と同様に芝3200メートル。1984年(昭和59年)から芝2000メートルに短縮された。距離変更には賛否両論があったが、短縮後は中距離の最強馬決定戦として位置付けられた。施行時期も長年11月下旬で定着していたが、1981年(昭和56年)から10月下旬 - 11月初旬に繰り上げられた。
2000年(平成12年)よりジャパンカップ・有馬記念とともに「秋の古馬三冠競走」とされ、同一年に行われる3競走を全て優勝した馬に褒賞金が贈られるようになった。
正式名称は「天皇賞」であるが、JRAでは施行距離が短縮された1984年(昭和59年)以降「天皇賞(秋)」と表記している。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:3歳以上のサラ系競走馬(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方所属馬(優先出走権を得た馬のみ)
  • 外国調教馬(JRA所属の外国産馬とあわせて最大9頭まで)

負担重量:定量(3歳56kg、4歳以上58kg、牝馬2kg減)
3歳馬は負担重量が軽減されており、4歳以上の馬に比べ重量面で優遇されている。

出馬投票を行った馬のうち、以下の優先出走権を得ている馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI・JpnI競走における収得賞金」の総計が多い順に割り当てる。出馬投票締切の結果、出走申込頭数が出走可能頭数を超えた場合は、別に定めた方法または抽選で出走馬を決定する。

優先出走権を得られる条件

  • 出馬投票を行っている外国調教馬
  • レーティング順位の上位5頭
  • 当該年に行われる以下の競走のいずれかで1着となった馬(中央・地方の所属は問わない)
  • 当該年に行われる以下の競走のいずれかで2着以内に入着した地方競馬所属馬

賞金

  • 春(2017年、第155回)の1着賞金は1億5000万円で、以下2着6000万円、3着3800万円、4着2300万円、5着1500万円。
  • 秋(2017年、第156回)の1着賞金は1億5000万円で、以下2着6000万円、3着3800万円、4着2300万円、5着1500万円。

1937年(昭和12年)に帝室御賞典が年2回施行に集約されて以来、天皇賞は日本国内で有数の高額賞金競走である。優勝馬の馬主に与えられる御賞典(優勝杯、優勝楯)の金銭的価値を一切考慮に入れないとしても、長い間、1着賞金の額は中央競馬で行われる競走の中でも上位を保ち続けた。2017年(平成29年)は、日本国内で施行する競馬の競走としてジャパンカップ・有馬記念の3億円、東京優駿(日本ダービー)の2億円に次ぐ高額の1着賞金が設定されている。

コース

東京競馬場の芝コース、2000メートルを使用。
スタート位置は第1コーナーの奥に設けられた「ポケット地点」と呼ばれる。スタートから120メートルほどで第2コーナーにかかり、第2コーナーから向正面にかけての700メートルは落差2メートルの緩やかな下り勾配となる。その後、向正面の半ばから約1.5メートルの急な上り坂になる。これを上りきるとまもなく第3コーナーに入り、カーブを回りながら約1.8メートル下る。第4コーナーからは上り勾配に転じ、直線に入る。ゴールまでの直線は約525メートルで、JRAの競馬場では新潟競馬場(外回り:658.7m)に次いで2番目に長い。直線の中ほどにも高さ2メートルの長い上り坂があり、坂を登り切った後もゴールまで約250メートルの平坦路がある。
スタートから最初のカーブまでが短く、序盤から前へ行きたい馬が外側の枠に入った場合、スタートからすぐに先行できなければ、カーブで大きく外を回ることになり、距離を余計に走ることになるため、スタート直後の先行争いがひとつの見どころとなる。

【GI】天皇賞(秋)関連の話題・ニュース

  • 中山記念(G2)波乱決着が再び!? 「中山巧者」サクラアンプルール ...マイル~中距離路線のトップホースが集結。25日に中山競馬場で開催される中山記念(G2)には、今年も豪華メンバーが揃った。 アエロリット・ヴィブロス・ペルシ…(1/2)
  • 【今週ラストウイーク小島太調教師独占告白=前編】我が騎乗3大ベストレースサクラチトセオーが直線で大外一気を決めた天皇賞・秋だ。道中は後方16番手。「見ている方はあんな後方から届くか不安だったかもしれない。ただ、早めに抜け出すと味がなくなる馬だったから。むしろ“まだ早い、まだ早い”と自分に言い聞かせながら追い出しを待ったほど。乗り方がブレることはなかったし、自信はあっ ...
  • 東京11R・共同通信杯/京都11R・京都記念 (日曜競馬)... リッシュも差はわずか。 【京都記念】レイデオロの成長を確かめたい。昨年のダービーは向こう正面から動いて2番手に進出し、33秒8の末脚で完勝。前走ジャパンCは2着だったが、上がりは最速だった。ハミ受けが少し敏感だが、折り合いさえつけば結果はついてくる。 アルアインは昨年の皐月賞をコースタイレコードで ...
  • 小島太「俺はサクラの馬、境厩舎」 名騎手、名調教師だった男の定年。小島師は、1966年に騎手としてデビューし、翌'67年5月に東京障害特別・春で重賞初勝利、6月に関屋記念で平地重賞初勝利を挙げる。25歳だった'72年に関東リーディングとなるなど、若くして頭角を現す。 '78年にはサクラショウリで日本ダービーを勝ち、クラシック初制覇。翌年にはビンゴガルーで皐月賞を制するなど ...
  • JRA田辺裕信騎手「オーナー激怒」で主戦降板!? 大器グレーターロンドン「迷走ぶり」の裏舞台この馬はいずれG1を勝つ」と期待されて挑んだ秋。復帰戦の毎日王冠(G2)でも3着に敗れはしたが、上がりはメンバー最速の32.6秒を記録。まるで自信が確信に変わったような敗戦だったが、ここがこの馬の"迷路"への入り口だった......。 不幸だったのは、続く天皇賞・秋(G1)が歴史的な不良馬場だったことか。 「極 ...
  • サイレンススズカ ターフを駆け抜けた 伝説の逃げ馬の生涯予期せぬ別れは突然やってきた。1998年11月1日の天皇賞・秋。多くの人たちを魅了してきたサイレンススズカがこの世を去った。当時を知る読者なら、府中に詰めかけた観衆の大歓声が悲鳴に変わった瞬間をご記憶の方も多いのではないか。あれから今年で丸20年を迎える。記録に残るか、それとも記憶に残るか。スポ ...
  • 【東京新聞杯】1番人気10連敗中…ならグイグイ上昇ディバインコードの出番だ!その最たる例がクロフネだ。01年天皇賞・秋への出走を予定していたが、“開放元年”だった当時は外国産馬の出走枠は2頭まで。アグネスデジタル、メイショウドトウがその枠を埋め、クロフネはGIタイトルがありながら、除外の憂き目に。しかし、天皇賞前日の武蔵野Sに回るや、初ダートにもかかわらず1秒4差の大楽勝。続 ...
  • グレーターロンドン乗り替わりの「裏」川田将雅の「本気度」超高い?4日(日)に東京競馬場で開催される東京新聞杯(G3)。「未完の大器」と評されるグレーターロンドン(牡6歳、美浦・大竹正博厩舎)が出走を予定している。 グレーターロンドンは早くから突出した才能を認められながらも、故障で3歳クラシックには出走できず、重賞初挑戦は5歳だった。初挑戦の安田記念(G1)は4着、次走の毎日 ...
  • 【東京新聞杯】グイッと加速グレーターロンドン、得意のマイルで重賞初Vだ昨秋は毎日王冠(3着)、天皇賞・秋(9着)と中距離で勝負したが、「今年は迷わずマイル路線へ。この距離なら折り合い面もそれほど考えなくていいし、元気に仕上げるということをテーマにやっていく」。大器の片鱗(へんりん)をのぞかせながらも重賞Vがまだない6歳馬を見つめながら、トレーナーが宣言した。 G1に初 ...