中央競馬【GI】エリザベス女王杯

エリザベス女王杯

エリザベス女王杯(エリザベスじょおうはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
正賞はエリザベス女王杯、京都府知事賞、日本馬主協会連合会会長賞。

概要

1970年から1975年まで京都競馬場の芝2400mで行われていた4歳(現3歳)牝馬限定の重賞「ビクトリアカップ」が本競走の前身で、中央競馬における4歳牝馬三冠競走の最終戦に位置づけられていた。
1975年にエリザベス2世が来日したことを記念し、1976年に「エリザベス女王杯」が創設。距離や競走条件はビクトリアカップを踏襲したが、回次は新たに第1回とされた。以来1995年まで、京都競馬場の芝2400mで4歳牝馬限定競走として施行していた。
1996年に牝馬競走体系が見直され、本競走の競走条件が「4歳牝馬」から「4歳以上牝馬」に変更、あわせて施行距離も芝2200mに短縮され、さらに同年からは本競走に代わる4歳牝馬三冠の最終戦として「秋華賞」が新設された。これにより、本競走は牝馬三冠路線を歩んできた4歳牝馬と古馬牝馬の実績馬が集い、女王を争うレースへと位置づけが大きく変わった。
1995年から指定交流競走として行われ、所定の成績をあげた地方競馬所属馬も出走が認められるようになった。1999年からは外国馬も出走可能な国際競走に指定、2008年からはジャパン・オータムインターナショナルのひとつとして行われるようになった。
2012年には英国王室と縁の深い関係を持つレースであることから、一般的にイギリス連邦以外では許可されないエリザベス女王即位60年記念「ダイヤモンドジュビリー」を日本で実施することについて特別に許可が下り、「エリザベス女王即位60年記念」の副題がつけられた。さらに従来は「Queen Elizabeth II Commemorative Cup」としていた欧文表記も、バッキンガム宮殿から特別の許可が下りたため2013年の第38回から「Queen Elizabeth II Cup」に改められた。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上牝馬(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(出走資格のある馬のみ)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:定量(3歳54kg、4歳以上56kg)

  • 第1 - 20回は55kg。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権を持つ馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。

優先出走権

外国馬、およびレーティング順位の上位5頭(106ポンド以上)は優先出走が認められる。

JRA所属馬は、同年に行われた下表の競走で1着となった馬に優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離
府中牝馬ステークス GII 東京競馬場 芝1800m

地方競馬所属馬の出走権

地方競馬所属馬は同年に行われた下表の競走のいずれかで2着以内に入着すると、優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離
京都大賞典 GII 京都競馬場 芝2400m
府中牝馬ステークス GII 東京競馬場 芝1800m
秋華賞 GI 京都競馬場 芝2000m

上記のほか、以下の条件のいずれかに該当する馬にも出走資格が与えられる。

  • JRAで施行するGI競走(2歳GI競走は除く)の優勝馬
  • 指定された外国の国際G1競走(2歳G1競走は除く)の優勝馬
  • 地方競馬指定交流競走のGI・JpnI競走(2歳GI・JpnI競走は除く)の優勝馬

賞金

2016年の1着賞金は9300万円で、以下2着3700万円、3着2300万円、4着1400万円、5着930万円。

【GI】エリザベス女王杯関連の話題・ニュース