中央競馬【GI】ジャパンカップ

ジャパンカップ

ジャパンカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。英称の頭文字から、JCという略称も用いられることがある。
正賞は日本馬主協会連合会会長賞、東京馬主協会賞。

概要

1981年に創設された国際招待競走で、日本初の国際GIでもある。また、JRAの厩舎関係者表彰においては、最優秀騎手賞と最優秀調教師賞の資格を得るにあたり「1着をとらねばならない競走」のひとつに指定され、いわゆる「八大競走」と同格の扱いを受けていた。
かつては中山グランドジャンプとジャパンカップダートも国際招待競走になっていたが、中山グランドジャンプは2011年より、ジャパンカップダートは2014年よりチャンピオンズカップに改称の上、いずれもJRAが馬や関係者の諸費用を負担しない国際競走となっている。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(選定馬のみ)
  • 本競走に出走登録した外国馬(10頭まで、優先出走)

負担重量:定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

日本馬の出走権

  • レーティング上位5頭に優先出走権が与えられる(レーティングが同じ値の場合は「近走成績や距離実績などを総合的に勘案して」順位をつけているとしている)。
  • その他は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。

外国馬の出走権

出馬投票を行った外国馬は、優先出走が認められている。

また、JRAが指定した競走(下表参照)の上位馬に対し、優先出走権を与えている。

競走名 格・条件 競馬場 距離 優先出走権対象馬
キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス G1 アスコット 芝11f211y 1着馬・2着馬
凱旋門賞 G1 ロンシャン 芝2400m
アイリッシュチャンピオンステークス G1 レパーズタウン 芝10f 1着馬
バーデン大賞 G1 バーデンバーデン 芝2400m
アーリントンミリオン G1 アーリントンパーク 芝10f
ブリーダーズカップ・ターフ G1 持ち回り 芝12f

賞金

2016年の1着賞金は3億円で、以下2着1億2000万円、3着7500万円、4着4500万円、5着3000万円。

1着賞金は中央競馬・地方競馬を通じて最高額。

【GI】ジャパンカップ関連の話題・ニュース