中央競馬【GI】朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークス(あさひはいフューチュリティステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
競走名の「フューチュリティ(Futurity)」は、英語で「未来」「将来」を意味する。
正賞は朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞。

概要

欧米では1786年のニューマーケット競馬場(イギリス)を皮切りに2歳馬の競走が行われていたが、日本では1946年秋の東京競馬場で初めて3歳(現2歳)馬による競走が行われた。その後も各地の競馬場で3歳(現2歳)馬の競走が行われるようになり、1949年には関東地区の3歳(現2歳)馬チャンピオン決定戦として「朝日杯3歳ステークス」が中山競馬場で創設された。以来、2013年まで長らく中山競馬場で行われてきたが、2014年より施行場を阪神競馬場に変更した。競走名は2001年より馬齢表記を国際基準へ改めたことに伴い、現名称に変更された。
創設当初の施行距離は芝1100mで、1959年より芝1200mへの変更を経て、1962年以降は芝1600mで定着している。
競走条件は1991年に牡馬・牝馬のチャンピオン決定戦を明確にすることを目的として「牡馬・セン馬限定」となったが、2004年より「牡馬・牝馬限定」に変更され、以降はセン馬(去勢した牡馬)が出走できなくなった。外国産馬は1971年から、地方競馬所属馬は1995年から出走可能になったほか、2010年からは国際競走となって外国馬も出走可能になった。
翌年の3歳クラシックレースにも直結する重要なレースとして位置づけられているほか、過去の優勝馬からは古馬になっても大レースを優勝する馬が出るなど、さまざまなカテゴリーで活躍馬を送り出している。

競走条件

以下の内容は、2015年現在のもの。

出走資格:サラ系2歳牡馬・牝馬(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(5頭まで、後述)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡馬55kg、牝馬54kg)

出馬投票を行った馬のうち、優先出走権を得ている馬から優先して割り当て、その他の馬は通算収得賞金が多い順に割り当てる。

地方競馬所属馬の出走権

地方競馬所属馬は、同年に行われる下表の競走のいずれかで2着以内に入着すると、本競走の優先出走権が与えられる。

競走名 格・条件 競馬場 距離
京王杯2歳ステークス GII 東京競馬場 芝1400m
デイリー杯2歳ステークス GII 京都競馬場 芝1600m

上記のほか、中央競馬で施行する芝の2歳重賞で1着となった地方競馬所属馬も出走申込ができる。

賞金

2015年の1着賞金は7000万円で、以下2着2800万円、3着1800万円、4着1100万円、5着700万円。

【GI】朝日杯フューチュリティステークス関連の話題・ニュース

  • 12/28開催と名伯楽勇退を今一度考えるGIIとGIの比較ですから、このくらいの売上比は驚くほどではないかもしれませんが、同じ2歳GIの朝日杯FSが約133億円の売上に対し、ホープフルSが112億円。20億円も差があった、なのか、それほど遜色ない、なのかの捉え方は人それぞれですが、とりあえず有馬記念後の“買い疲れ”は杞憂に終わりました ...
  • 【東京新聞杯】サトノアレス、府中のマイルで16年朝日杯FS以来のタイトルを狙う!藤沢和調教師は「この条件はいいはずだからね」と舞台設定を歓迎する。 今年に入っても中山金杯(1着セダブリランテス、2着ウインブライト)、アメリカJCC(1着ダンビュライト、2着ミッキースワロー)と、重賞で存在感を発揮する4歳世代。昨年のワンツースリー(1着ブラックスピネル、2着プロディガルサン、3着エアスピネル)をはじめ ...
  • ロードカナロア、初年度産駒から勝ち星量産産駒は昨年の中央競馬の2歳戦で86頭がデビューし、30頭が勝ち上がった。勝ち星の数は37。これは10年に産駒がデビューしたディープインパクトの41勝に次ぐ、初年度産駒の2歳戦での勝利数、史上2位の記録である。2歳戦の始まった6月最初の週に早速、ステルヴィオ(牡、美浦・木村哲也厩舎)が新馬戦を勝ち、以 ...
  • 【17年度JRA賞授賞式】レイデオロ&ソウルスターリングで藤沢和軍団が世界制圧する!タワーオブロンドンの)ダーレー(H・H・シェイク・モハメド)と(ファストアプローチの)山本オーナーには既に話を通してある。2頭ともチャンスはあると思う」と明かした。 前者は2連勝で京王杯2歳Sを制し、朝日杯FSでも3着に入ったレイヴンズパス産駒。後者は重賞未勝利だが、父ドーンアプローチは13年の英2000ギニー勝ち馬で ...
  • 牡馬を考えよう(栗東)ここは正直、報知杯弥生賞が終わらないと、勢力分布図に大きな変化は見られないということでいいんじゃないでしょうか。朝日杯FSを制した2歳王者のダノンプレミアム(牡、父ディープインパクト)を中心に考えてみましょう。ワグネリアン(牡、父ディープインパクト)とオブセッション(牡、父ディープインパクト)といった新興勢力がどう ...
  • ダノンマジェスティ音無調教師が大ナタでも、人間が期待をかけすぎてしまったのかもしれません。やり直しですね」というのはクロッカスSで7着に敗れたミッキーワイルドの安田隆調教師。当初はファルコンS→NHKマイルCという青写真を描いていたが、このローテーションはダノンスマッシュ(朝日杯FS=5着)に譲ることになった。 ダノンマジェスティの場合は、よりダメー ...