中央競馬【J・GI】中山大障害

中山大障害

中山大障害(なかやまだいしょうがい)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(J・GI)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 中山大障害」と表記している。
春に施行される中山グランドジャンプとともに、大竹柵障害や大生垣障害を飛越する中山競馬場の襷コース(大障害コース)が用いられる。
正賞は農林水産大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞。

概要

1934年に、当時中山競馬倶楽部の理事長だった肥田金一郎が東京優駿(日本ダービー)に匹敵する中山競馬場の名物競走とすることを目的として創設した障害競走で、日本で最も難度の高い障害競走とされている。第1回は「大障害特別」の名称で行われ、1935年から春と秋の年2回施行するようになった。競走名はその後度重なる変更を経て、1948年秋より「中山大障害」の名称で定着している。施行距離は創設時に4100mとされ、幾度かの変遷を経たのち1972年秋より再び4100mに戻され、現在に至る。
1935年以来、長らく春と秋に年2回施行していたが、1999年に障害競走が改革されグレード制を導入した際、春の競走を廃止のうえ新たに「中山グランドジャンプ」が創設され、本競走と中山グランドジャンプが最高位となる「J・GI」に格付け。あわせて負担重量も別定から定量に変更され、以後は秋季に年1回の施行となった。事故防止のため1972年に障害の規模を多少縮小したものの、現在も「華の大障害」「暮れの中山の名物レース」などと呼ばれ親しまれている。
1957年から4歳(現3歳)馬の出走が秋のみ認められるようになり、外国産馬は1989年から春、1993年から秋にそれぞれ出走可能になった。2011年からは国際競走となり、外国馬も出走可能になった。
また、競馬における障害物レースの総決算として位置づけられている。

競走条件

以下の内容は、2015年現在のもの。

出走資格:サラ系障害3歳以上(出走可能頭数:最大16頭)

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:定量(3歳61kg、4歳以上63kg、牝馬2kg減)

  • 第1回 - 第121回は別定。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権のある外国馬から割り当て、JRA所属馬は「通算収得賞金」+「過去1年の収得賞金」+「過去2年のJ・GI競走における収得賞金」が多い順に割り当てる。

賞金

2015年の1着賞金は6500万円で、以下2着2600万円、3着1600万円、4着980万円、5着650万円。

コース

中山競馬場の障害コース・大障害コースを周回し、最後の直線は芝コースを使用。全体の距離は4100m。
第3コーナーからスタートし、まず順回りで4分の3周。向正面から大障害コースに入り大竹柵を飛越。その後は逆回りとなり、第4コーナーから第3コーナーを通って再び大障害コースに入り大生垣を飛越。再び順回りに戻り、第4コーナーからダートコースを横切って芝コースへ進入。最後の直線には障害がない。
7つの障害を11回飛越し、6回の坂路(谷。「バンケット」とも呼ばれる)昇降がある。飛越のテクニックはもちろん、大竹柵と大生垣では高さに加え距離も飛ばなければクリアできず、スタミナや精神力が試されるJRA障害の最高峰コースとされている。

【J・GI】中山大障害関連の話題・ニュース

  • 中山大障害「前・王者か! 現・王者か!」 J・G1初実況の若手アナウンサーが放った名フレーズ有馬記念もキタサンブラック優勝と大いに盛り上がったが、有馬記念前日に、それ以上と言っても過言ではない名勝負が繰り広げられた。一般の人にはあまり知られていないそのレース、J・G1中山大障害だ。前日発売の開始直後に、王者・オジュウチョウサンの単勝に1000万円を購入した強者が現れ、オジュウチョウ ...
  • いよいよ今週は「中山大障害」です!!なお『たかじゅんNight♪』の当日の模様につきましては、また後日掲載したいと思います。 それより!何といっても、今週はジャンプG1「中山大障害」があります!! 僕が騎乗するルペールノエルもここを目標に本当に順調にきていますので、後はルペールのチカラを信じてしっかり集中していけば、いい結果が出せる ...
  • 栗東で馬場開き 谷調教師があいさつ「競馬が、JRAが発展するよう頑張っていく」栗東トレセンで1月2日、恒例の馬場開きが行われた。昨年10月末に完成した新スタンドで迎えた新たな年。日本調教師会関西本部本部長の谷潔調教師(60)があいさつをした。 昨年もJRAの中心は関西勢。谷調教師は「去年は新しくG1に昇格したホープフルSをタイムフライヤーが制し、そして有馬記念では今や国民的 ...
  • 有馬記念「キタサンまつり」後も祭りがあった中央競馬の暮れの大一番となるグランプリ、GⅠ第62回有馬記念が中山競馬場(千葉県船橋市)で行われた。競馬の枠を超えた日本の年末を代表する国民的イベントで、結果は一般的なニュースだけでなくワイドショーでも取り上げられた。結果は周知のようにキタサンブラックが鮮やかに逃げ切りラストランを飾った。決して ...