中央競馬【GII】日経新春杯

日経新春杯

日経新春杯(にっけいしんしゅんはい)は、日本中央競馬会 (JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GII)である。
寄贈賞を提供する日本経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。
正賞は日本経済新聞社賞。

概要

1954年に創設された「日本経済新春杯」が本競走の前身。1979年より「日経新春杯」に改称された。
創設時の負担重量はハンデキャップだったが、1981年から1993年までは別定で行われた。距離も創設時は芝2400mだったが、1987年から1994年までは芝2200mに短縮していた。外国産馬は1990年から出走可能になったほか、2006年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。外国馬の出走枠は当初4頭までだったが、2007年から2014年までは8頭まで、2015年からは9頭までとなった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2017年の1着賞金は5700万円で、以下2着2300万円、3着1400万円、4着860万円、5着570万円。

【GII】日経新春杯関連の話題・ニュース