中央競馬【GII】日経新春杯

日経新春杯

日経新春杯(にっけいしんしゅんはい)は、日本中央競馬会 (JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GII)である。
寄贈賞を提供する日本経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。
正賞は日本経済新聞社賞。

概要

1954年に創設された「日本経済新春杯」が本競走の前身。1979年より「日経新春杯」に改称された。
創設時の負担重量はハンデキャップだったが、1981年から1993年までは別定で行われた。距離も創設時は芝2400mだったが、1987年から1994年までは芝2200mに短縮していた。外国産馬は1990年から出走可能になったほか、2006年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。外国馬の出走枠は当初4頭までだったが、2007年から2014年までは8頭まで、2015年からは9頭までとなった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2017年の1着賞金は5700万円で、以下2着2300万円、3着1400万円、4着860万円、5着570万円。

【GII】日経新春杯関連の話題・ニュース

  • 【日経新春杯】モンドインテロ、勝ってカタールのG1に出走だ伝統のハンデ重賞、第65回日経新春杯・G2は14日、京都競馬場で行われる。昨年3着のモンドインテロは、2月のカタールのG1・エミールズトロフィー(24日、アルライヤン競馬場・芝2400メートル)を視野に、結果の欲しい一戦。中山金杯を制した半弟セダブリランテスに続き、手塚厩舎がきょうだい馬で2週連続重賞制覇となるか ...
  • 【日経新春杯】ミッキーロケット音無調教師「もうひと皮むけてくればGIでも」日経新春杯の後のレースっぷりは正直、イマイチでしたけど、ゲートの出が悪かったり、雨を嫌がって変に力んだりで…。まともな競馬ができないケースが多かった。ただ最後の中日新聞杯(2着)だけは馬場も、ゲートの出も良く、うまくマッチングしました。とにかく、もうひと皮むけてほしい。そうすればGIでも遜色ない走りが ...
  • 日経新春杯2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率約4割、回収率150超2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ロードヴァンドール、モンドインテロ、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして ...
  • 京成杯と日経新春杯で2週連続馬券GETを!「今週の決断」かなり遅くなりましたが、2018年初予想なので、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。 1年を占う意味でも大事なレースである金杯レース。こちらはメルマガで予想したのですが、◎セダブリランテス、○ウインブライト、△ストレンジクォークで1→2→3着を達成。◎-△、○-△のワイド5000円ずつ2本的 ...
  • 【日経新春杯】モンドインテロ 相性いい京都で“初夢”を現実に... 【日経新春杯(日曜=14日、京都芝外2400メートル)美浦トレセン発秘話】息もつかせぬ3日間開催で始まった2018年の中央競馬は、中山初日2R(203万5310円)を筆頭に10万円超の3連単配当が東西で21発飛び出すなど荒れに荒れた。そんなわけで新年早々から懐事情が厳しくなった当方だが、対照的 ...