中央競馬【GII】アメリカジョッキークラブカップ

アメリカジョッキークラブカップ

アメリカジョッキークラブカップ(American Jockey Club Cup)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
新聞の紙面上などでは「AJCC」や「AJC杯」と略記されるほか、JRAでは「アメリカJCC」の表記も用いられることがある。
正賞はアメリカジョッキークラブ賞。

概要

1960年に日米友好の一環として、ニューヨークジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け創設された。
第1回は「新年を飾る競走」として1月5日に芝2000mのハンデキャップ競走で行われたが、1961年には当時1月中旬に行われていた「金杯(現・中山金杯)」と施行時期を入れ替え、負担重量を別定、施行距離を芝2600mに変更。その後、施行場や施行距離は幾度かの変遷を経て、1984年以降は中山競馬場の芝2200mで定着した(ただし、1984年はダート1800mに変更)。
外国産馬は1972年から、外国馬は2006年からそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(4歳55kg、5歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年1月23日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年1月22日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2017年の1着賞金は6200万円で、以下2着2500万円、3着1600万円、4着930万円、5着620万円。

【GII】アメリカジョッキークラブカップ関連の話題・ニュース

  • 7歳アクターよりも4歳3頭に有利なデータ前回はダート重賞の東海Sを分析したので、今回は中山で行われる伝統のG2・アメリカJCCに注目していきたい。今年は少頭数となりそうだが、ゴールドアクターを筆頭にした7歳以上の歴戦の古馬とミッキースワローら明け4歳勢の戦いの構図となっている。世代交代を印象づける一戦となるのかどうか、2013年以降の過去 ...
  • AJCCダンビュライト「最強M.デムーロ」でも拭えない不安!? 見えざる「壁」と最強メンバー相手に活路は例年ならAJCCの「本命」とされてもおかしくはない状況である。しかし今年は少々勝手が違う状況だ。 ダンビュライトのこれまでの主戦武豊騎手が騎乗し復活を懸けるゴールドアクター、昨年のセントライト記念で一躍世代トップクラスのポジションについたミッキースワロー、さらにはどんなレースも善戦し、同世代のキタサンブラックら ...
  • 2018年絶好調!単勝回収率650%の「2代目AJCC男」から目が離せない!どの世界にも『○○男』が存在する。例えばプロ野球の巨人や横浜で活躍し、今から20年近く前に引退した駒田徳広選手。勝負強い打撃が持ち味のプレイヤーだったが、特に満塁で迎えた打席にめっぽう強く、満塁ホームランの数は日本球界歴代5位の13本。『満塁男』という異名でファンに愛される存在だった。 騎手 ...
  • AJCC2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率約5割、回収率150超ポイント5 前走重賞以外は消し! AJCCは別定のGIIだ。春の競馬シーズンに組み込まれたレースではないが、春の飛躍を目指す馬も多く出走してくる。よって、ある程度の格式があり、下のクラスで戦ってきた馬が勢いで勝てるようなレースではない。 前走のクラス別の成績を見てみると、前走重賞とOP以下では大きな差 ...
  • ダンビュライトの勝因、ミッキースワローの敗因は?AJCC2018の回顧1月21日、中山競馬場でAJCC(G2/芝 2200m)が行われ、ダンビュライトが優勝した。2着は1番人気を背負ったミッキースワロー、3着に逃げたマイネルミラノが残った。 3番人気に推されたゴールドアクターは、まさかの最下位11着に終わった。勝者、敗者をわけた”分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう ...