中央競馬【GII】中山記念

中山記念

中山記念(なかやまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
正賞は千葉県知事賞。

概要

1936年に創設された、4歳以上の馬による重賞競走。春季に行われる国内外の大レースを目指す実績馬や、力をつけてきた上り馬がぶつかり合う伝統のレースとして定着している。
本競走は1930年創設の「内国産馬競走 4000米」と、1933年創設の「中山5歳馬特別競走」を前身としている。1936年に中山競馬場・芝3200mのハンデキャップ競走として中山競馬場の芝3200mで創設された。当初は春と秋に年2回施行していたが、1952年より秋のみとなった。その後、距離や開催時期は度重なる変更を経て、施行距離は1957年から1800mで定着。施行時期は1972年より2月下旬 - 3月上旬となり、あわせて負担重量も別定に変更され、現在に至る。
2017年からは本競走の1着馬に同年からGIに昇格する大阪杯への優先出走権が付与され、あわせて地方競馬所属馬の出走も可能になった。
外国産馬は1984年から、外国馬は2004年からそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(4歳55kg、5歳以上56kg(開催日が3月2日以降の場合は4歳以上56kg)、牝馬2kg減)

  • 2016年2月27日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年2月26日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

大阪杯のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は大阪杯の出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬に大阪杯の優先出走権が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は6200万円で、以下2着2500万円、3着1600万円、4着930万円、5着620万円。

【GII】中山記念関連の話題・ニュース

  • アエロリットは中山記念から始動 パフォーマプロミスは天皇賞(春)を視野昨年のNHKマイルCを勝ち、秋華賞で7着と敗れてから休養に入っているアエロリット(牝4、美浦・菊沢厩舎)は、2月25日(日)に行われる中山記念(G2、中山芝1800m)から始動する。現在はノーザンファーム天栄に放牧中で、早ければ来週末にも美浦トレセンに帰厩する見通し。 ○初重賞挑戦だった日経新春杯で見事に重 ...
  • シュヴァルグラン 天皇賞・春もボウマン騎手とのコンビで同騎手とコンビを組んだ昨年のジャパンC、有馬記念では1、3着に入っており、春も短期免許で騎乗する予定。同馬は今春、大阪杯・G1(4月1日、阪神・芝2000メートル)からの始動を予定しているが、「大阪杯(の騎手)は未定です」と友道調教師は説明した。 また、僚馬で2017年度最優秀4歳以上牝馬のヴィブロス(牝 ...
  • 【有馬記念・田中歩の馬と歩もう】スワーヴリチャード、どの舞台でも力出せる第62回有馬記念・G1は24日、中山競馬場で行われる。今秋のG1戦線は10戦6勝と好調な田中歩フリーアナウンサーはスワーヴリチャードに◎を打った。 皆さん、こんにちは! 先週の朝日杯FS、本命のタワーオブロンドンはいい競馬をしてくれましたが、勝ったダノンプレミアムの強さが光ったレースでした。 さて、今週は待ち ...