中央競馬【GII】弥生賞

弥生賞

弥生賞(やよいしょう)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から「皐月賞トライアル」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「報知杯 弥生賞(皐月賞トライアル)」と表記される。
競走名の「弥生」は、陰暦で3月を表す呼称。弥生とは「いやおい」が変化したもので、「弥」は「いよいよ」「ますます」、「生」は「生い茂る」と使われ、草木が芽吹く月という意味で呼ばれるようになったことに由来する。
寄贈賞を提供する報知新聞社は、東京・大阪に本社を置く新聞社。
正賞は報知新聞社賞。

概要

3着までの馬に皐月賞の優先出走権が付与されるトライアル競走。1982年から1990年までは5着までに優先出走権を付与していたが、1991年から3着までに改められた。
1964年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞競走で、当初は中山競馬場・芝1600mの別定戦で行われた。負担重量は1971年より馬齢に変更、施行距離やコースは幾度かの変遷を経て、1984年より中山競馬場・芝2000mに変更。これにより、クラシック戦線に直結する重要な前哨戦として位置づけられた。
外国産馬は1984年から1996年、および2002年以降出走可能になった。地方競馬所属馬は1993年から出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢重量(牡・せん56kg、牝馬54kg)

皐月賞のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は皐月賞の出走候補馬(2頭まで)およびJRAの2歳GI競走優勝馬に優先出走が認められ、JRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格がある。

賞金

2017年の1着賞金は5400万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着810万円、5着540万円。

【GII】弥生賞関連の話題・ニュース