中央競馬【GII】金鯱賞

金鯱賞

金鯱賞(きんこしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
競走名は名古屋城のシンボル「金の鯱」に由来する。鯱は水を呼び、火を防ぐと言われている。

概要

1965年に別定重量の重賞競走として中京競馬場の砂1800mで創設された。その後、施行コースは1970年から芝コースでの施行に変更。負担重量は1966年から1995年までハンデキャップとされたが、1996年より再び別定となり、あわせて距離も2000mに変更された。2012年から2016年は12月開催となり、有馬記念へのステップレースにもなっていたが、2017年からは開催時期を3月に変更し、本競走の1着馬に同年からGIに昇格する大阪杯への優先出走権が付与される。
外国産馬は1996年より出走が可能になった。2000年からは外国馬も出走可能な国際競走となり、2012年からは地方競馬所属馬も出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年3月12日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年3月11日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

大阪杯のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は大阪杯の出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬に大阪杯の優先出走権が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は6200万円で、以下2着2500万円、3着1600万円、4着930万円、5着620万円。

【GII】金鯱賞関連の話題・ニュース

  • サトノダイヤモンド「大阪杯は戸崎圭太」説が拡散......ファン賛否の状況も関係者「その話は確かに出ている」スワーヴリチャードやアルアイン、シュヴァルグランなど現競馬界の強豪が多数出走を予定しているが、やはりもっとも注目されているのは、凱旋門賞15着以来の実戦となるサトノダイヤモンドだろう。 サトノダイヤモンドは昨年、日本競馬を背負ってフランス遠征を行ったが、前哨戦4着と合わせてこれ以上ない敗戦を喫した。馬場が ...
  • これぞ競馬の華! 歴史に残る大逃げレース4選この間、2番手のテイエムオオアラシには優に10馬身の差をつけていました。 これだけのハイペースを記録しておきながら、サイレンススズカは4コーナーを過ぎてもバテるどころかさらにペースを上げ、涼しい顔のままゴールイン。2着のミッドナイトベットには10馬身以上の差をつける大差勝ちで、1分57秒8というレコードタイムも飾り ...
  • 【金鯱賞展望】地力上位のステファノスVS変則連覇を目指すヤマカツエース第53回金鯱賞・G2が3月11日、中京競馬場の芝2000メートルの舞台で行われる。今年からG1・大阪杯へのステップレース(1着馬に優先出走権)として、12月から施行時期が変更になった。 天皇賞・秋で過去2年2着、3着のステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)を中心視する。昨年暮れの香港カップでも3着に入る ...