中央競馬【GII】フィリーズレビュー

フィリーズレビュー

フィリーズレビューは、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「報知杯フィリーズレビュー(桜花賞トライアル)」と表記される。
「スポーツ報知」は、報知新聞社が発行するスポーツ紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。
正賞は報知新聞社賞。

概要

3着までの馬に桜花賞の優先出走権が付与されるトライアル競走。
1967年に創設された4歳(現3歳)牝馬による重賞競走「阪神4歳牝馬特別(報知杯桜花賞トライアル)」が、本競走の前身。競走名は1983年に「報知杯4歳牝馬特別」と改称された後、2001年より現名称となった。施行距離は1975年から1978年まで芝1200mで行われたのを除き、芝1400mでの施行が定着している。
地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2004年からそれぞれ出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(54kg)

桜花賞のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は桜花賞の出走候補馬(2頭まで)およびJRAの2歳GI競走優勝馬に優先出走が認められ、JRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は5200万円で、以下2着2100万円、3着1300万円、4着780万円、5着520万円。

【GII】フィリーズレビュー関連の話題・ニュース