中央競馬【GII】日経賞

日経賞

日経賞(にっけいしょう)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
寄贈賞を提供する日本経済新聞社は、東京・大阪に本社を置く新聞社。
正賞は日本経済新聞社賞。

概要

1953年に、5歳(現4歳)以上の馬による重賞として「日本経済賞」の名称で創設。1979年より現名称となった。
創設時の施行距離は中山競馬場の芝3200mだったが、施行場・距離・開催時期は幾度かの変遷を経て、距離は1967年より中山競馬場の芝2500mで定着。施行時期は1984年より3月 - 4月の中山開催で行われるようになり、天皇賞(春)の重要な前哨戦として位置づけられた。2014年からは本競走の1着馬に、天皇賞(春)の優先出走権が与えられている。
外国産馬は1989年から、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になったほか、2002年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(4歳55kg/5歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年3月26日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、GII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年3月25日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

天皇賞 (春)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は天皇賞(春)の出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬に天皇賞(春)の優先出走権が与えられる。

賞金

2016年の1着賞金は6700万円で、以下2着2700万円、3着1700万円、4着1000万円、5着670万円。

【GII】日経賞関連の話題・ニュース

  • 引退よぎった悲劇から10年…「大穴男」武士沢騎手が意外な2018年初勝利!日経賞2着の後、続く天皇賞(春)で悲願のG1獲りに挑もうとした直前の悲劇だった。まもなく、トウショウナイトが亡くなって10年の月日が経とうとしている。 「ナイトはうるさいし、怖がりだし、個性的な馬でしたね。持続力を活かしたい馬でしたが、G1の時に限って毎回良馬場。雨が降ってほしかったんだけどね……。あのナイト ...
  • 日経新春杯2018の競馬予想分析…ミッキーロケットを頭で狙えない3つの理由とは?不安② 持ち時計. 昨年は、のちに日経賞を勝つシャケトラを破っているが、馬場状態は稍重で、走破タイムは2.25.7と平凡だった。同じ距離の神戸新聞杯でサトノダイヤモンドにクビ差まで食い下がったときも、走破タイムは同じく2.25.7。一方で、勝ちタイムが2.23.0だった昨年の京都大賞典は4着に敗れている。 今週は日 ...
  • 秋不振の要因は太め、左回り、外枠 得意の条件で変身あるぞ シャケトラもう一点気になるのが、ここ最近の走りを観ていると、前はユッタリ出していって、段々加速していく競馬が多かったのに、天皇賞(秋)も前走もそうかもしれないですけど、宝塚記念しかり、ちょっとボンと行きますしね? 上:やっぱり乗り役がキタサンブラックという馬を意識しているから。本当は日経賞を勝ったような、後ろから行って4角で捲 ...
  • 【中山金杯】ウインブライトは正攻法の競馬で首差2着 松岡「勝ったと思ったが…」【中山金杯】ウインブライトは正攻法の競馬で首差2着 松岡「勝ったと思ったが…」 2018年1月6日16時57分 . 中山金杯2着のウインブライト. ◇第67回中山金杯・G3(1月6日、中山競馬場・芝2000メートル、良). 2018年の開幕を飾る重賞は17頭によって争われ、1番人気で戸崎圭太騎手騎乗のセダブリ ...