中央競馬【GII】フローラステークス

フローラステークス

フローラステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「サンケイスポーツ賞 フローラステークス(オークストライアル)」と表記される。
競走名の「フローラ(Flora)」は、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神の名。または、ある特定の地域もしくは時代に生育する各種植物の全種類の意。
「サンケイスポーツ」は、産業経済新聞社が発行するスポーツ紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。
正賞はサンケイスポーツ賞。

概要

3着までの馬に優駿牝馬(オークス)の優先出走権が付与されるトライアル競走。当初は5着までに優先出走権を付与していたが、1991年より3着までに改められた。
1966年に「サンケイスポーツ賞 4歳牝馬特別(オークストライアル)」の名称で創設された、4歳(現3歳)牝馬限定の重賞競走。2001年より現名称となった。創設時は芝1800mで行われていたが、トライアルレースとしての位置付けをより明確にするため、1987年から2000mに延長。これにより中・長距離の適性が問われることとなり、優駿牝馬(オークス)との関連性が一層深まった。
地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2003年から出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢重量(54kg)

優駿牝馬(オークス)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は優駿牝馬(オークス)の出走候補馬(3頭まで)およびJRAの2歳GI競走優勝馬に優先出走が認められているほか、JRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられている。

賞金

2016年の1着賞金は5200万円で、以下2着2100万円、3着1300万円、4着780万円、5着520万円。

【GII】フローラステークス関連の話題・ニュース

  • 【フローラS】左回りで2戦2勝ディーパワンサ「この条件で見直したいですね」19日、フローラS(G2)の追い切りが栗東トレセンにて行われた。 フラワーCも6着とはいえ2着とは0.2秒差。重賞でも差のない走りを続けてきたディーパワンサ(牝3、栗東・松下厩舎)は、助手を背に重馬場の坂路で4F54.8-39.7-25.9-12.8秒をマーク。3歳500万下ペスカネラと併せて追走スタートからきっちり先着。先週の ...
  • 武豊、21年ぶりのオークス制覇濃厚?競馬界のレジェンドたちが明かす穴馬とはそして昨年の阪神ジュベナイルフィリーズから今年のクイーンカップ、チューリップ賞、フィリーズレビュー、フラワーカップ、桜花賞といった3歳牝馬戦線はパーフェクトに近い的中実績があり、驚くべきことにオークストライアルのフローラステークスでも12番人気から1着に入ったモズカッチャン陣営からも勝負話を入手し、3連複3万5940円の ...