中央競馬【GII】青葉賞

青葉賞

青葉賞(あおばしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「テレビ東京杯 青葉賞」と表記される。
競走名の「青葉」は、青々と生い茂った木の葉のこと。
寄贈賞を提供するテレビ東京は、東京都港区に本社を置く放送局。正賞はテレビ東京賞。

概要

2着までの馬に東京優駿(日本ダービー)の優先出走権が与えられるトライアル競走。2009年までは3着までに優先出走権を付与していたが、2010年から2着までに変更された。東京優駿(日本ダービー)と同じコース・距離で行われることから、東京優駿(日本ダービー)の前哨戦では最も距離適性が求められるレースとされている。
「青葉賞」は1984年から「日本ダービー指定オープン」とされ、4歳(現3歳)馬限定の特別競走として東京競馬場の芝2400mで行われていたが、1994年より重賞(GIII)に昇格。1995年にはダービートライアルに指定され、2001年にはGIIに格上げされた。
地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2001年からそれぞれ出走可能になったほか、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡・せん56kg、牝54kg)

東京優駿(日本ダービー)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は東京優駿(日本ダービー)の出走候補馬(2頭まで)、およびJRAの2歳GI競走優勝馬に優先出走が認められているほか、JRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は5400万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着810万円、5着540万円。

【GII】青葉賞関連の話題・ニュース

  • 【青葉賞】マイネルスフェーンに“第2の奇跡”あるか... 【青葉賞(土曜=29日、東京芝2400メートル=2着までにダービー優先出走権)美浦トレセン発秘話】これは血のなせる“奇跡”だろうか。 何のことかといえば、今週のダービートライアル・青葉賞に出走を予定するマイネルスフェーンの話である。それはGIII京成杯(3着)の翌週の、管理する手塚貴久調教師の落胆し ...
  • アドミラブル大外枠で「絶望」も史上最強クラスなら優勝可能? すべての逆境を吹き飛ばし「最速の青葉賞馬」から「最強のダービー馬」へ競馬の神様は、そこまで青葉賞馬にダービーを勝たせたくないのだろうか......。 25日、第84回日本ダービーの枠順が発表され、青葉賞から史上初の戴冠を狙うアドミラブル(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、なんと大外の8枠18番......それを受け、思わずそんなことを考えてしまったのだ。 近10年で5勝と圧倒的 ...
  • レースレコードV最後の大物アドミラブル日本ダービーの重要ステップ、青葉賞。従来のレコードを0秒5も縮める快時計で勝ち上がったのはディープインパクト産駒のアドミラブル。混沌とするダービー戦線に期待の一頭が登場、史上初の青葉賞馬によるダービー制覇の可能性は? 青葉賞からダービーへ 史上初の快挙成るか アドミラブル. レースレコードで青葉 ...
  • 【青葉賞】ベストアプローチが2着 日本ダービー優先出走権つかむ単勝1・5倍の圧倒的1番人気を集めたディープインパクト産駒アドミラブル(Mデムーロ騎手騎乗)が直線で抜け出し、2馬身半差をつける快勝劇。3連勝で、重賞初制覇を果たした。 4番人気のベストアプローチ(岩田康誠騎手騎乗)が2着に続き、この2頭に日本ダービー(5月28日、東京)の優先出走権が与えられた ...
  • 【青葉賞】ダービーの切符をかけて名手と2騎で挑む友道康夫厩舎26日、青葉賞(G2)の追い切りが栗東トレセンにて行われた。 前走、スプリングS5着のトリコロールブルー(牡3、栗東・友道厩舎)は、CWコースで助手を背にCWコースへ。馬の行く気に任せ、道中ゆったりとしたラップから終い徐々にピッチを上げて、6F85.5-69.3-53.6-39.7-12.3秒でフィニッシュ。 そして、前走、ゆきや ...
  • 【菊花賞】トリコロールブルー戸崎「落ち着きもあるし、反応も良かった」青葉賞ではテンションが高くなるところがあったけど、500万を勝った時は落ち着きがあった。あのぐらいの雰囲気でいければ」と鞍上は手応えを掴んだ様子。 ポポカテペトルに騎乗した和田竜二騎手は「調教はそれほど目立って動くようなタイプじゃないからね。スタミナはあるし、いかにも長距離が合うタイプですよ」とコメント。とも ...