中央競馬【GII】京都新聞杯

京都新聞杯

京都新聞杯(きょうとしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
京都新聞は、京都府京都市に本社を置く新聞社。同社より寄贈賞の提供を受けている。
正賞は京都新聞杯。

概要

東京優駿(日本ダービー)の前哨戦として行われ、同競走の出走を目指す3歳馬が収得賞金の加算を狙って出走する。
1953年に菊花賞の前哨戦として「京都盃」の名称で創設された、4歳(現3歳)馬による重賞競走。1971年より現名称となった。
創設時は10月に京都競馬場の芝2400mで行われ、1967年から1999年まで菊花賞トライアルに指定された。距離や施行場・競走条件は幾度かの変遷を経て、グレード制の導入に伴いGIIに格付けされた1984年より芝2200mで行われるようになったが、2000年に菊花賞の施行時期が10月に繰り上げられると本競走は菊花賞トライアルの指定から外され、施行時期を5月に移設のうえ距離を芝2000mに短縮していたが、2002年より再び芝2200mに戻された。(2000年のみGIIIでの施行だった)
地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2000年からそれぞれ出走が可能になり、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡・せん56kg、牝54kg)

東京優駿(日本ダービー)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は東京優駿(日本ダービー)の出走候補馬(2頭まで)およびJRAで施行する2歳芝GI競走の優勝馬が優先出走でき、JRAで施行する3歳芝重賞競走の優勝馬にも出走資格がある。

賞金

2016年の1着賞金は5400万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着810万円、5着540万円。

【GII】京都新聞杯関連の話題・ニュース