中央競馬【GII】目黒記念

目黒記念

目黒記念(めぐろきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表上の名称は「農林水産省賞典 目黒記念」と表記している。
競走名の「目黒」は東京競馬場の前身で、「第1回東京優駿大競走」が行われた目黒競馬場に由来している。
正賞は農林水産大臣賞。

概要

本競走は「各内国抽籤濠州産馬混合競走」を前身とし、のちに「各内国産古馬競走」の名称で行われていたが、競馬場を府中へ移転することが決まった際、「目黒」の名を長く後世に伝えるため、1932年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として「目黒記念」が創設された。第1回東京優駿大競走の6日前に第1回競走が行われたことから、中央競馬に現存する重賞競走としては最古とされているほか、日本の競馬におけるハンデキャップ競走としても最古の競走である。
当初は目黒競馬場の芝3400mで春と秋に年2回施行され、1933年秋から施行場を東京競馬場に変更。競走条件や施行距離は幾度かの変遷を経て、施行距離は1950年秋から2500mで定着。競走条件は1963年から春が5歳(現4歳)以上、秋が4歳(現3歳)以上の条件で行われていたが、1984年にグレード制が導入されGIIに格付けされた際、秋の競走が廃止され年1回の施行となった。1997年には施行時期を2月から6月に変更のうえ競走条件も4歳(現3歳)以上に変更、2006年からは「東京優駿(日本ダービー)」と同日の施行(2011年は除く)となった。2012年からは競走条件が4歳以上に変更された。
1984年のグレード制導入にあたってはハンデキャップ競走だったこともありGIIに格付けされたが、長い歴史を考慮しGIにすべきとの声もあったとされる。
外国産馬は1990年から、外国馬は2005年からそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2017年の1着賞金は5700万円で、以下2着2300万円、3着1400万円、4着860万円、5着570万円。

【GII】目黒記念関連の話題・ニュース

  • 日経新春杯2018の競馬予想データ分析…3つの注目点から浮上する激走馬とは?2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ソールインパクト、モンドインテロ、ロードヴァンドール、パフォーマプロミス、ベルーフ、ガンコらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは? この後、京都記念・阪神大賞典・天皇賞(春)へと続いてい ...
  • 有馬記念スペシャルイベント 12月23、24日に福島競馬場マスコットキャラクター「ターフィー」やクリスマス使用のコスチュームを身に着けたミニチュアポニーの「キャラメル」と「ユウキ」もPRに加わった。 スペシャルイベントは23、24日に同競馬場で開催される。24日午前11時45分からパドックで、タレント・ファッションモデルのJOYさんのトークショーを催す。同日午後3時からは3階ピーチプラザ ...
  • 【目黒記念(G2)展望】大魔神佐々木主浩氏がダービーデーを締めくくる!? 難解重賞の勝者は?28日(日)は競馬の祭典となる日本ダービー(G1)が行われ、東京競馬場はお祭りムード一色となるだろう。そんな特別な1日の締めくくりとして開催される伝統の目黒記念(G2)にも楽しみなメンバーが揃い、最終レースまで多いに楽しませてくれることだろう。ダービーデーの最終レースという特別な舞台への出走を予定して ...
  • 【目黒記念】前走勝利の勢いで重賞V狙うウムブルフ&アルター... ○前走、湾岸S1着のウムブルフ(牡4、美浦・堀厩舎)は25日、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、4F55.3-39.7-12.9秒をマークした。 【森助手のコメント】 「前走後は放牧に出しました。帰厩後も順調ですし、状態は良い意味で平行線できています。今の東京コースは時計が速くてこの馬には厳しいかと ...
  • 目黒記念3着のハッピーモーメントは絶好調・戸崎とのコンビで新潟記念へ!○5月28日の目黒記念で3着だったハッピーモーメント(牡7、栗東・角居厩舎)は、9日に栗東トレセンに帰厩。戸崎圭太騎手とのコンビで9月3日の新潟記念(G3、新潟芝2000m)に向かう。 ○7月8日の豊明Sでオープン入りを果たしたツィンクルソード(牡6、栗東・松永昌厩舎)は、20日に行われる北九州記念(G3、小倉芝 ...
  • ハンデ重賞アルゼンチン共和国杯の座談会今週日曜は東西で古馬の重賞が組まれていて、東京では伝統のハンデ戦、アルゼンチン共和国杯(GII)が行われる。長距離重賞の常連アルバートや今年のダービー2着馬スワーヴリチャードなどに注目が集まる一戦。GIこそ一休みの週だが、TM(トラックマン)陣に休息の日はない。 実績断然アルバートかダ ...