中央競馬【GII】札幌記念

札幌記念

札幌記念(さっぽろきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
正賞は札幌市長賞、札幌馬主協会会長賞。

概要

1965年に4歳(現・3歳)以上の馬による重賞競走として創設され、札幌競馬場で施行する重賞競走としては、最も歴史が古い。札幌競馬場は寒冷地のため当時は芝コースが設置されておらず、砂2000m(左回り)で施行された。その後1969年から1974年までは左回りダート、1975年から1989年までは右回りダートコースで施行していたが、1990年から右回り芝コースでの施行に変更され現在に至っている。負担重量は創設から長らくハンデキャップだったが、1997年から別定に変更したのち、2006年以降は実力馬の参戦を促す観点から定量に変更された。
1984年のグレード制施行によりGIIIに格付けされたが、1997年から夏季競馬開催では唯一となるGIIに格上げされた。GIIに格上げ後は、開催時期の関係から過去にGIを優勝している馬や後にGIを勝利する馬が本競走に出走するなど、過去や未来の大レースと密接な繋がりを持つ競走となっている。2006年からはサマー2000シリーズの第4戦にも指定された。2009年からは国際競走となり、外国馬も出走可能になった。関係者の間では「スーパーGII」とも呼ばれている。
ダートコースで行われていた時代の本競走は、芝のGIIとなった現在と比べても見劣らない存在感があった。地方競馬との交流重賞が整備され、ダート重賞が急増した1995年までは中央競馬のダート重賞自体が少なく貴重な存在で、「夏のダート王決定戦」の位置づけを併せ持ち、レースの格や賞金のわりに、一流馬が出走してくることも多かった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:定量(3歳54kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

  • JRAが施行する古馬混合のGII競走において、負担重量を定量としているのは本競走と阪神カップのみ(2017年現在)。

賞金

2017年の1着賞金は7000万円で、以下2着2800万円、3着1800万円、4着1100万円、5着700万円。

1着賞金の7000万円は、中央競馬で施行するGII競走では最高額となっている。

【GII】札幌記念関連の話題・ニュース