中央競馬【GII】セントウルステークス

セントウルステークス

セントウルステークスは、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「産経賞セントウルステークス」と表記される。
競走名の「セントウル」は、ギリシャ神話に登場するケンタウロスのこと。阪神競馬場のセントウルガーデン内にセントウルの像があり、同競馬場のシンボルともなっている。
寄贈賞を提供している産業経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。正賞は産経新聞社賞。

概要

1987年に創設された、4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。創設当初の施行距離は芝1400mだったが、2000年より芝1200mに短縮され、スプリンターズステークスの重要な前哨戦に位置づけられた。1989年より外国産馬が、1995年より地方競馬所属馬がそれぞれ出走可能になったほか、2005年より外国馬も出走可能になった。格付けは創設当初GIIIだったが、2006年よりGIIに格上げ。2007年より日本のパートI国昇格に伴い、国際格付けとなっている。
2006年より創設されたサマースプリントシリーズの最終戦に指定された。本競走の優勝馬からはシーイズトウショウ(2006年)、サンアディユ(2007年)、カノヤザクラ(2008年)、エーシンヴァーゴウ(2011年)、ハクサンムーン(2013年)、リトルゲルダ(2014年)がシリーズのチャンピオンとなった。また、2005年から2010年まではグローバル・スプリント・チャレンジにも組み込まれていた。
2014年から、本競走の優勝馬にスプリンターズステークスの優先出走権が与えられるようになった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬(未出走馬および未勝利馬を除く)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで)

負担重量:別定(3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年9月10日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年9月9日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(ただし2歳時の成績を除く)

スプリンターズステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬はスプリンターズステークスの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬はスプリンターズステークスの優先出走権が与えられる。

賞金

2017年の1着賞金は5900万円で、以下2着2400万円、3着1500万円、4着890万円、5着590万円。

【GII】セントウルステークス関連の話題・ニュース