中央競馬【GII】セントライト記念

セントライト記念

セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。
競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。
2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。
正賞は朝日新聞社賞。

概要

3着までの馬に菊花賞の優先出走権が付与されるトライアル競走。外国産馬は、2007年より優先出走権が付与されるようになった。
日本競馬史上初の三冠馬であるセントライトを記念して1947年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。創設時は東京競馬場の芝2400mで別定戦として行われていたが、施行距離や施行場は幾度かの変遷を経て、1980年から中山競馬場・芝2200m(外回り)で定着。1955年までは牡馬限定戦で行われていた。なお、2014年は中山競馬場がスタンド等整備工事を行ったため新潟競馬場で施行され、競走名も同年より「朝日杯セントライト記念」に改められた。
地方競馬所属馬は1995年より出走が可能になった。外国産馬は2001年より出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで)

負担重量:馬齢(牡・せん56kg、牝54kg)

菊花賞のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は菊花賞の出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められ、3歳春のクラシック競走・NHKマイルカップで2着以内の成績を収めた馬にも出走資格がある。

賞金

2017年の1着賞金は5400万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着810万円、5着540万円。

【GII】セントライト記念関連の話題・ニュース

  • 【有馬記念】キタサンブラック、有終V!武豊最後までブラックの競馬貫いた!第62回有馬記念・G1が24日、中山競馬場で行われ、1番人気のキタサンブラックが逃げ切って優勝。1着賞金3億円(プラス付加賞)を加え、総獲得賞金はテイエムオペラオーを抜き、歴代1位となった。手綱を執った武豊騎手(48)は、いずれも引退レースだった90年オグリキャップ、06年ディープインパクトに続く、有馬記念 ...
  • AJCCダンビュライト「最強M.デムーロ」でも拭えない不安!? 見えざる「壁」と最強メンバー相手に活路は... を懸けるゴールドアクター、昨年のセントライト記念で一躍世代トップクラスのポジションについたミッキースワロー、さらにはどんなレースも善戦し、同世代のキタサンブラックらと凌ぎを削った前年覇者タンタアレグリアなど、かなりの好メンバーが予定されている。 今年のG1戦線で活躍を誓うならば、そして戴冠を目指すならば、こ ...
  • 蛯名正義完全復活へ! 戸崎圭太はベテラン馬で虎視眈々21日(日)に、中山競馬場で開催されるAJCC(G2)。今年は武豊騎手が騎乗し復活を懸けるゴールドアクター、昨年のセントライト記念で才能が開花したミッキースワロー、そしてM.デムーロ騎手とタッグを結成したダンビュライトなどが出走を予定している。実力伯仲の有力馬たちが揃う中、そこに割って入ることが期待されているのが ...
  • 【AJCC】成長感じる動きミッキースワロー ルメールと格上馬に挑むレジェンドセラー今週の追い切りで乗りましたが、躍動感のある動きで気持ちの面にゆとりもあって成長を感じました。 この馬に関しては気合いを乗せるというより、気分良く約束事だけ守って稽古が出来ていれば十分です。ジョッキーとも相談して、セントライト記念と同じ舞台のここを復帰戦として決めました。今後の予定は具体的に決めてはい ...
  • 【AJCC・東西記者徹底討論】トーセンビクトリーの逆襲か本格化したレジェンドセラーか荒井:同じ舞台のセントライト記念で皐月賞馬アルアインを一蹴した馬だからな。徹底マークがうまくいったにしても、ゴール前の脚色は目立ってた。 西谷:あとは極悪馬場の菊花賞(6着)を走った反動がどうかですね。キセキを筆頭に次走で凡走している馬が少なくないだけに、目に見えない疲れが気になるところ。 荒 ...
  • キタサンブラック偉業支えた“仕上げ人”迎えた秋初戦に選んだのがセントライト記念。実は舞台裏で陣営は焦っていたという。真剣に追っても坂路4F58秒台と時計が詰まってこない。「あのころは牛のようでした。菊花賞に向けて1回使おうということで使った感じ」。そんな状況だったこともあり、6番人気だったが、直線先頭で押し切ってしまった。「あの状態で勝つか ...
  • AJCC(G2)ミッキースワローに「悪影響」?前相棒が「未成年飲酒騒動」から転落......藤田菜七子との"ダブル破局"でドロ沼の騎乗停止21日に中山競馬場で開催されるAJCC(G2)で注目の大器・ミッキースワロー(牡4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が2018年の始動戦を迎える。 同じ芝・中山2200mで行われた昨秋のセントライト記念(G2)では、皐月賞馬アルアインを撃破。横山典弘騎手が「思いの他、簡単に抜かすことができた」とレースを振り返ったように、好位 ...
  • 【阪神C】イスラボニータ、レコードVで有終飾る完璧なレース。こんな素晴らしい形で終えられるとは、思っていなかったです。一番の思い出は、ダービーで2着に敗れた悔しさかな。産駒がリベンジしてくれたら、最高ですね」。後世に夢を託して、温かく送り出した。(宮崎 尚行). ◇イスラボニータ 父フジキセキ、母イスラコジーン(父コジーン)。美浦・栗田博憲厩舎所属の ...