中央競馬【GII】オールカマー

オールカマー

オールカマーは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「産経賞オールカマー」と表記される。
寄贈賞を提供する産業経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。
正賞は産経新聞社賞。

概要

出走馬に広く門戸を開けたレースとして、1955年に創設。当初は4歳(現3歳)以上の馬によるハンデ戦で、中山競馬場の芝2000mで行われたが、負担重量は1981年から1985年までと1995年以降が別定、1986年から1994年は馬齢に変わっている。距離は1984年より芝2200mで定着した。
1986年から1994年までは「地方競馬招待競走」として行われ、1995年に指定交流競走が幅広く行われるようになるまでは中央競馬で数少ない地方競馬所属馬も出走可能な競走だった(1995年に地方競馬招待を廃止)。外国産馬は1978年から、外国馬は1995年からそれぞれ出走可能になった。
2014年より本競走の1着馬には、天皇賞(秋)の優先出走権が付与される。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬(未出走馬及び未勝利馬は除く)
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2015年9月26日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2015年9月25日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2017年の1着賞金は6700万円で、以下2着2700万円、3着1700万円、4着1000万円、5着670万円。

【GII】オールカマー関連の話題・ニュース

  • 【東海S】ローズプリンスダムの頑強メンタルに注目以前、競馬場で会った久詞(清水久調教師)に“キタサンブラックってそんなに丈夫か”と聞いたんだ。そしたら“アレはすごいです”って。だよな…。一流馬になれるか否か、そこが境目。おっかなびっくり稽古をしているようじゃ、持てる素質も磨かれない」. おそらくこんな話をしたのも、管理馬タンタアレグリアが制した1年前の ...
  • AJCC2018の競馬予想分析…ショウナンバッハが好走する4つの根拠馬券に絡めてはいないものの、強敵相手に善戦していることは馬柱からも読み取れる。 特に勝ち馬との着差に注目すると分かりやすい。近5走における着差は、0.3-0.2-0.2-0.5-0.2となっており、決して大きく離されての負けではないのは明確だ。 前走の中日新聞杯ではハナ差4着と涙が出るほど惜しい結果だった ...
  • 【AJCC】G1馬ゴールドアクター5枠5番、強力4歳勢ミッキースワローは3枠3番!休み明けでも同舞台のオールカマーを制した実績は心強い。 同じく休み明けとなる3枠3番ミッキースワロー(牡4、美浦・菊沢厩舎)も今年の飛躍が期待される1頭。昨秋、同舞台のセントライト記念で皐月賞馬アルアインを一蹴。前走菊花賞は不良馬場が堪えながら6着に食い下がった。中山替わりと、このレースと相性の ...
  • 有馬記念2017の競馬予想分析…ルージュバックの激走を示す5つの根拠オールカマー優勝馬はこのグランプリに強い。 過去の優勝馬を見ていくと、マツリダゴッホ、ゴールドアクター、アーネストリー、ショウナンパンドラ、ダイワテキサス、メイショウドトウとグランプリホースや活躍馬が非常に目立つ。 ルージュバックもオールカマーのタイトルを引っさげ、大一番に挑む。
  • 【オールカマー】ルージュバック 中山での勝因は“3週間競馬”にありGIIオールカマー(24日=中山芝外2200メートル)は5番人気のルージュバック(牝5・大竹)が好位から差し切り勝ち。これまでのイメージを覆すポジティブなレース運びを見せた彼女に一体何があったのか? 陣営の話から調整過程の変化をひもといてみた。 大竹調教師と北村宏が口を揃えたのは「スタートが良かった ...
  • 【AJCC予想2018】重賞制覇まであと一歩のダンビュライト、ミルコ騎手の”あと一歩を埋める”騎乗に期待!今週は日差しが後押しして春を先取りしたかのような暖かい日が続き、真冬の季節だというのに早くも春を感じました。 さて、今週末は中山競馬場でアメリカジョッキークラブカップ、通称AJCCが開催されます。春のG1戦線へ向けてここから始動する馬も多く、古馬中長距離路線の重要な一戦として注目しておきたい一戦です ...
  • 【有馬記念】ルージュバックと再タッグの北村宏「良いチャンスをもらいました」オールカマーを勝ちましたがあれは外回りコースでしたし、中山の内回りはトリッキーな印象を持っているので、何とも言えません。私たちが、苦にするのではないかと考えると馬に伝わりますし、中山内回りについては考えないようにします。北村宏司騎手はこれまで1回しか乗っていませんが、そこで結果を出してくれました ...