中央競馬【GII】京都大賞典

京都大賞典

京都大賞典(きょうとだいしょうてん)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 京都大賞典」と表記される。
正賞は農林水産大臣賞。

概要

1966年に「ハリウッドターフクラブ賞」の名称で創設された、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走。創設時は京都競馬場の芝3200mで行われたが、1967年より芝2400mに短縮され現在に至る。1974年より現名称となった。なお、「ハリウッドターフクラブ賞」の名称は第1回開催が行われた前年の1965年にアメリカのハリウッドパーク競馬場で「日本中央競馬会賞競走」が創設された返礼として行われたもので、日本中央競馬会と外国の競馬施行団体がレース交換を行う初の事例となった。
中長距離路線における古馬や3歳の実績馬が秋の初戦として出走することが多く、菊花賞・天皇賞(秋)・エリザベス女王杯・ジャパンカップ・有馬記念といった秋のGI戦線を占ううえで重要な競走とされている。2014年からは1着馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられている。
外国産馬は1971年から、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になり、2003年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬(外国産馬含む、未出走馬及び未勝利馬は除く)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2015年10月10日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2015年10月9日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

天皇賞(秋)とエリザベス女王杯のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は天皇賞(秋)の出走候補馬(2頭まで)とエリザベス女王杯の出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、それぞれの出走候補馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬に天皇賞(秋)またはエリザベス女王杯の優先出走権が与えられる。このため、地方競馬所属馬が最大5頭出走する場合がある。

賞金

2016年の1着賞金は6700万円で、以下2着2700万円、3着1700万円、4着1000万円、5着670万円。

【GII】京都大賞典関連の話題・ニュース

  • 【有馬記念】キタサンブラック、有終V!武豊最後までブラックの競馬貫いた!第62回有馬記念・G1が24日、中山競馬場で行われ、1番人気のキタサンブラックが逃げ切って優勝。1着賞金3億円(プラス付加賞)を加え、総獲得賞金はテイエムオペラオーを抜き、歴代1位となった。手綱を執った武豊騎手(48)は、いずれも引退レースだった90年オグリキャップ、06年ディープインパクトに続く、有馬記念 ...
  • 「伝説の競馬名実況」感動プレイバック!しかし、菊花賞の前週に行われた天皇賞で屈腱炎を発症。引退発表直後に行われたのが、この菊花賞だった。「ダービーの勝ちっぷりから、競馬ファンの関心は、ビワハヤヒデとの兄弟対決に集中していました。もちろん、私もその一人。ただ普通なら、その舞台は年末(有馬記念)ということになりますよね。でも私は関西です ...
  • 【有馬記念】中山巧者シャケトラが主役に「須田鷹雄 レース傾向分析」トーセンバジルも同様で、多くの馬がダメージを負った天皇賞(春)の後、新潟記念まで間隔を空けたこと、京都大賞典の後に距離不足の天皇賞(秋)を使わずに香港まで待機したことが、好結果につながったと思う。 □中山巧者=その年の中山G2で好走した馬 さて、ここからが有馬記念の予想である。「番組選択の ...
  • 【日経新春杯】ロードヴァンドール 横山典の“神言”が後押し?で偉業挑戦【日経新春杯(日曜=14日、京都芝外2400メートル)栗東トレセン発秘話】GII日経新春杯でロードヴァンドールがやろうとしていることは、大げさに言ってしまえば競馬史を塗り替える“偉業”だ。ダイワメジャー産駒の1800メートル超の距離における重賞勝利――。歴史の壁を打ち破るための挑戦となる。 2011年の産駒デビュー ...
  • 2018年好ダッシュを決めた田辺裕信騎手。彼の現在のスタイルを作るに至った2人の人物とは……。その1週間前。1月6日には京都競馬場でコパノリッキーの引退式が行われた。 “ドクターコパ”の愛称で知られる小林祥晃氏が馬主の同馬は2014、2015年のフェブラリーS連覇など、地方交流を含めG1を日本記録の計11勝。そのうち5回でコンビを組んでいた武豊が引退式に参列した。 当日は中山での騎乗だったため ...
  • 【東京大賞典】ラストランのコパノリッキーが素軽い動き 村山調教師「チャンスはあると思います」交流G1・東京大賞典(12月29日、大井・ダート2000メートル)でラストランを迎えるコパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎)が25日、栗東のCWコースで最終追い切りを行った。 単走だったが、ゆったりとした動きでコーナーを回り、直線に入ると加速。気分良く脚を伸ばしてフィニッシュした。村山調教師は「動きは良かった。きちんと ...