中央競馬【GII】府中牝馬ステークス

府中牝馬ステークス

府中牝馬ステークス(ふちゅうひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス」と表記される。
正賞は府中市長賞、レパーズタウン競馬場賞。

概要

現在中央競馬で行われる4歳(現3歳)以上の牝馬限定重賞競走としては、最も長い歴史を持つ。
1953年に「東京牝馬特別」の名称で創設。その後名称は幾度かの変遷を経て、1992年から現名称となった。
創設時は東京競馬場の芝2000mでハンデキャップ競走として行われていたが、距離は1955年より芝1600mに、負担重量は1969年より別定に変更。1996年にエリザベス女王杯が古馬にも開放され4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦に改められると、本競走は距離を芝1800mに延長し、エリザベス女王杯の重要な前哨戦として位置づけられた。2014年からは、本競走の1着馬にエリザベス女王杯の優先出走権が与えられている。
外国産馬は1994年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になり、2005年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上牝馬

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(3歳52kg、4歳以上54kg)

  • 2015年10月17日以降のGI競走1着馬2kg増、GII競走1着馬1kg増
  • 2015年10月16日以前のGI競走1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

エリザベス女王杯のステップ競走に指定され、地方競馬所属馬はエリザベス女王杯の出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めると、エリザベス女王杯の優先出走権が与えられる。

賞金

2016年の1着賞金は5500万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着830万円、5着550万円。

【GII】府中牝馬ステークス関連の話題・ニュース

  • 京都記念2018の競馬予想分析…クロコスミアの激走を示唆する3つの要因とは?今回のレースは10頭立ての予定であり、この頭数、このメンバーなら京都の中長距離戦特有のバラけた展開となる可能性が高い。またこのコースは昨年のエリザベス女王杯での同馬や過去にはクイーンスプマンテ、テイエムプリキュアの大駆け、ラブリーデイ、スズカデヴィアスのいったいったなど先行馬が穴を空ける ...
  • 【東京新聞杯】アドマイヤリードは最内1枠1番!グレーターロンドンは大外8枠16番!前走は府中牝馬Sでスローペースに泣かされたが、G1勝ちの舞台で復権を目指す。 明け6歳ながら重賞未勝利のグレーターロンドン(牡6、美浦・大竹厩舎)は8枠16番。前走のディセンバーSでは3着に敗れたものの、 昨年の安田記念ではG1初挑戦ながら4着。しかも、順調さを欠きながらのものだけに、その資質の高さ ...
  • 【府中牝馬S】重賞5連続圏内クインズミラーグロ「ここを使ってエリザベス女王杯に」月曜日に本追い切りを済ませているので、木曜日はポリトラックで軽く流しました。予定通りに調整できています。今回は、追い切りからレースまでの間隔があいていることは良いと思います。普段通りの間隔では馬に気合いが乗ってしまいますが、今回は本追い切りをした月曜日からレースの土曜日まで時間がありま ...
  • アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスアイルランドと日本の外交関係樹立60周年を迎えた今年、毎年10月に東京競馬場で開催されているレース「アイルランドトロフィー」が初めてオープン特別競走からGIIレースに格上げされ、10月14日(土)、「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス」として開催されることとなりました。当日はぜひ多くの皆様に東京競馬場にお ...
  • 【エリザベス女王杯】府中牝馬Sの発馬で分かった“世界のヴィブロス”強さの秘密... の府中牝馬S。その原因のひとつになったのは、ある馬のゲート内の“所作”だった。 「パトロールを見てみれば分かりますよ。ウチの隣にいたあの馬が、ゲートの中でずっとバタバタしていたから」. 出遅れの被害者?となったクイーンズリング(3番人気4着)を管理する吉村調教師の弁だ。 実際にレースリプレーを見 ...
  • 【府中牝馬S】ドバイターフ覇者ヴィブロス「しっかり走れるデキにある」ただ、そうしたポジションに上り詰めたからこそ信頼できるものもある。 「ドバイで世界の馬を相手に勝ち、負かした馬はその後、重賞をどんどん勝っている。立場的には、恥ずかしい競馬はできませんよね。もともと仕上がりは早いタイプで、先週の追い切り前の時点で、ほぼできていた。初戦から、しっかり走れるデキにあります ...
  • オルフェーヴル産駒ロックディスタウンは札幌2歳S 姉のワンブレスアウェイは府中牝馬Sへ!○6日の新馬戦(新潟)を上がり3F32.5秒の豪脚で差し切ったロックディスタウン(牝2、美浦・二ノ宮厩舎)は、9月2日の札幌2歳S(G3、札幌芝1800m)で重賞タイトルを狙う。 新種牡馬オルフェーヴル産駒で、デビュー前から大物との評判が高かったが、その評判通りともいえる父譲りの末脚で着差以上の強さを見せた。コンビを組 ...
  • 【府中牝馬S予想2017】狙い目は安定感バツグンの穴馬?!他の馬も、札幌で行われたクイーンステークスの2着のトーセンビクトリー、3着のクイーンズミラーグロと言った牝馬重賞の常連組に加え、夏に1600万を勝った上り馬が6頭も出走するなど、実績馬と好調馬が揃ったようでレースレベルもかなり高くなっています。 今回筆者が注目している穴馬はワンブレスアウェイです。ワンブレス ...
  • 【エリザベス女王杯】府中牝馬S覇者クロコスミア「ハナを切って自分でレースをつくる形がベスト」【エリザベス女王杯(日曜=12日、京都芝外2200メートル)注目馬最新情報:栗東】クロコスミアの1週前追い切りは坂路を馬なりで駆け上がり4ハロン53・8―39・5―12・5秒。馬場の悪い時間帯にしてはいい時計で、まだ余力も感じられた。 北添助手「クイーンS(4着)のように好位でレースを進めると、他馬のペースに合わ ...