中央競馬【GII】京王杯2歳ステークス

京王杯2歳ステークス

京王杯2歳ステークス(けいおうはいにさいステークス)は、日本中央競馬会 (JRA) が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
寄贈賞を提供する京王電鉄は、東京都多摩市に本社を置く鉄道会社。
正賞は京王電鉄株式会社賞。

概要

阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦として位置付けられており、中央競馬で行われる2歳馬限定の重賞競走としては3番目に長い歴史を持つ。
1965年に「京成杯3歳ステークス」の名称で創設され、1998年に「京王杯3歳ステークス」と改称、2001年より現名称となった。第1回は中山競馬場の芝1200mで行われたが、1980年より東京競馬場・芝1400mに変更され現在に至る。
外国産馬は1989年、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2015年現在のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬(外国産馬含む、未出走馬及び未勝利馬は除く)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡馬・セン馬55kg、牝馬54kg)

朝日杯フューチュリティステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は朝日杯フューチュリティステークスの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には朝日杯フューチュリティステークスの優先出走権が与えられる。

賞金

2015年の1着賞金は3600万円で、以下2着1400万円、3着900万円、4着540万円、5着360万円。

【GII】京王杯2歳ステークス関連の話題・ニュース