中央競馬【GII】阪神カップ

阪神カップ

阪神カップ(はんしんカップ)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。

概要

2006年に新設された重賞競走。従来の中央競馬は長距離を重視した競走体系となっていたが、個々の馬の適性を見出す観点から競走体系を見直し、段階的に短距離競走体系の整備が進められ、スプリンターとマイラーがともに出走可能な新たな魅力をもつ競走と位置づけ、芝1400mのGII競走として創設された。創設時から国際競走に指定され、外国馬も出走可能となっているほか、特別指定交流競走にも指定され、地方競馬所属馬も出走が可能。
格付表記は2007年に日本がパートI国へ昇格した際に「JpnII」へ変更され、2009年から国際格付の「GII」に改められた。
2012年・2013年は有馬記念の翌日に行われ、中央競馬の1年を締めくくる重賞競走となった。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

中央競馬で施行する古馬混合のGII競走で負担重量が定量なのは、本競走と札幌記念のみ。

賞金

2016年の1着賞金は6700万円で、以下2着2700万円、3着1700万円、4着1000万円、5着670万円。

【GII】阪神カップ関連の話題・ニュース

  • 阪神カップ2017の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?2017年12月23日、阪神競馬場で阪神カップ(GII/芝内回り1400m)が行われる。サングレーザー、イスラボニータ、レーヌミノル、モズアスコット、シャイニングレイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースで ...
  • イスラボニータの勝因、モズアスコットの敗因とは?阪神カップ2017の回顧2017年12月23日、阪神競馬場で阪神カップ(G2/芝内回り 1400m)が行われ、現役最後のレースとなったイスラボニータが見事な走りで優勝し、華麗な最後を飾った。 レコード決着となりスピード能力が求められた。ただ、外がさほど伸びず、内中も伸びる馬場は立ち回りの上手さも求める、という難しいレースだったと言える。 ベ ...
  • 阪神カップ2017の最終追い切り分析…イスラボニータらの調教評価は?2017年12月23日、阪神競馬場で阪神カップ(GⅡ/芝内回り1400m)が行われる。サングレーザー、イスラボニータ、レーヌミノル、モズアスコット、シャイニングレイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 週中には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われ ...
  • (12)ホープフルS 兄に続け!ルーカス有馬記念の前日に行われた阪神カップ(阪神1400メートル)では、真希バオーが大好きなイスラボニータも有終の美を飾った。この連載で、何度も“ボニちゃん”への愛を叫んできた真希バオー。最後の雄姿を目の前で見届けた。 阪神競馬場のゴール前。真希バオーのほかにも、一口馬主やファン仲間が集まっていた ...
  • 皐月賞馬の弟ダノンマジェスティに 8つ先週は、阪神カップでイスラボニータ、有馬記念でキタサンブラックがそれぞれ有終の美を飾ったが、未来の名馬候補も続々とデビュー。朝日杯フューチュリティSを勝って勢いに乗る「ダノン」軍団のダノンマジェスティ、新規参入の一口馬主クラブ「DMMバヌーシー」のキタノコマンドールが新馬戦を制し、それぞれ高評価を獲得した ...
  • 【阪神C】イスラボニータが有終の美をレコード勝ちで飾る ルメールは年間200勝にあと318頭によって争われ、2番人気のイスラボニータ(牡6歳、美浦・栗田博憲厩舎、父フジキセキ)が直線での競り合いを制して、重賞6勝目。サクラバクシンオーが94年10月29日にマークした1分19秒9を0秒4更新する1分19秒5のコースレコードで自身のラストランを飾った。騎乗していたクリストフ・ルメール騎手は、この日3勝で今 ...
  • 【阪神カップ2017予想】素質馬キャンベルジュニア復活の鍵はムーアに期待!その後も夏競馬には使わず、秋初戦にスワンステークスを選択しましたが、ハナからいいポジションを得ることも出来ず、再度人気以下の10着敗退となりました。 結果の伴っていないG2にまたも挑む形になる今回ですが、皐月賞馬イスラボニータに、前走スワンS勝ち馬でマイルCSでも3着と実力を発揮しているサングレーザ ...
  • 【ホープフルS】芸能人にたとえたら松岡修造! サンリヴァル 「今週の決断」有馬記念でもシュヴァルグランが3着、スワーヴリチャード4着に終わりました。最後もこのジンクスは続くと見て、今回は2、3着まで。それをぶっこ抜くのがルーラーシップ産駒という結果を思い描いています。 □メルマガも好評配信中! メルマガ「『週刊大衆』競馬記者・セキネが関係者を極秘取材 これが稼げる必勝馬券 ...
  • 中山金杯2018の競馬予想分析…8歳牝馬デニムアンドルビー、好走への3つの条件前走、2017年12月2日に阪神競馬場芝2000m12頭立てで行われたGⅢチャレンジカップに単勝8.5倍の5番人気で出走した。 2013年3月の未勝利戦勝利以来4年半の時を経て再コンビを組んだC.デムーロ騎手はデニムアンドルビーをスタート後、後方につけレースをじっくりと進めていく。 3コーナーから徐々に外を回って前 ...
  • ホープフルステークス「カス丸の競馬GⅠ大予想」 2018年のクラシックホースを探せ!カス丸 あと、ガジュマル爺のオススメはないの? ガジュマル爺 わしの対抗○は将来性を見込んだ「先物買い」で、ステイフーリッシュじゃ。12月10日の新馬戦を勝ったばかりじゃが、芝2000メートルを上がり33秒8の脚でラクに抜け出してきた。父ステイゴールドの産駒は、荒れた今の中山の馬場を苦にしないはずじゃ。期待 ...
  • 有馬記念の負けを倍にして取り戻す!ホープフルSで今年最後の大勝負に勝つ!とはいえ、競馬人気が回復してきた今、JRAがこういった仕掛けに積極的なのは喜ばしい。一方で、有馬記念後のギャンブル特需を狙っていた他の公営競技(ボートレース・オートレース・競輪・地方競馬)は、複雑な心境だろう。 この28日の競馬開催は今までにない試みだからこそ、しっかり参加して目一杯楽しみたいと ...