中央競馬【J・GII】東京ハイジャンプ

東京ハイジャンプ

東京ハイジャンプ(とうきょうハイジャンプ)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(J・GII)である。

概要

1999年に創設された、障害の重賞競走。同年の第1回は、「日本・サウジアラビア修好40周年記念東京ハイジャンプ(サウジアラビアロイヤルカップ)」の名称で行われた。
通常の競走では高さ130cmの竹柵(2基)と140cmの生垣が用いられるが、本競走では高さ150cmの大生垣(2基)と大竹柵に変更される。また、スタンド前のホームストレッチには可動式障害が設置される。
2008年までは6月に施行していたが、2009年以降は10月に施行している。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系障害4歳以上

  • JRA所属馬(外国産馬を含む)

負担重量:別定(4歳59kg、5歳以上60kg、牝馬2kg減)

  • J・GI優勝馬2kg増、J・GII優勝馬1kg増

賞金

2016年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。

【J・GII】東京ハイジャンプ関連の話題・ニュース