中央競馬【GIII】中山金杯

中山金杯

中山金杯(なかやまきんぱい)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GIII) である。競馬番組表での名称は「日刊スポーツ賞 中山金杯」と表記している。
正賞は日刊スポーツ新聞社賞。

概要

1952年に、5歳(現4歳)以上の馬による重賞として「金杯」の名称で創設。1966年から1995年までは京都競馬場でも同名の競走(現・京都金杯)が行われていたが、1996年より東西の金杯を区別するため現名称に変更された。
負担重量は別定とされた1954年から1960年を除き、ハンデキャップで行われている。施行場は幾度かの変更を経た後、1980年から中山競馬場で定着。創設時の施行距離は芝2600mだったが、1961年より芝2000mに短縮されている。施行時期も1961年から新年最初の節で行われるようになり、新年度の中央競馬の開幕を飾る重賞として定着した。
外国産馬は1994年から、外国馬は2006年からそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2017年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。

【GIII】中山金杯関連の話題・ニュース

  • 「ロス」埋めるのは… いつだって目の前の競馬かまだ、1レースのスタートまで2時間ほど前という時間帯でした。この日は年始恒例の「京都金杯」がメインレース、最終レース終了後にはダート界を長くけん引したコパノリッキーの引退式が行われました。全てが終わるまで約9時間、それだけ競馬開催を欲していたファンの皆さんは満足して帰られたでしょうか。 翌1月7日 ...
  • 【中山金杯】ウインブライトは正攻法の競馬で首差2着 松岡「勝ったと思ったが…」【中山金杯】ウインブライトは正攻法の競馬で首差2着 松岡「勝ったと思ったが…」 2018年1月6日16時57分 . 中山金杯2着のウインブライト. ◇第67回中山金杯・G3(1月6日、中山競馬場・芝2000メートル、良). 2018年の開幕を飾る重賞は17頭によって争われ、1番人気で戸崎圭太騎手騎乗のセダブリ ...
  • 【中山金杯】ダイワキャグニーこそ今年の中距離路線の新スター候補だ!【中山金杯(土曜=6日、中山芝内2000メートル)新バージョンアップ作戦】今年の中央競馬は3日間(6~8日)開催でスタート。初日は例年通り、東西金杯で幕を開ける。GIII中山金杯を今年最初のターゲットにした新VU作戦・明石尚典記者の“初勝負”は◎ダイワキャグニー。いまや“最強世代”を凌駕する勢いの明 ...
  • 【中山金杯】小島太調教師“ラスト金杯”に闘志!ストレンジクォークで一発狙う新春を飾る中山金杯(6日、中山)は、ラストイヤーを迎える小島太調教師が、ストレンジクォークを送り込んできた。今年2月に引退を迎える指揮官は「良くなっているよ。ハンデも想定通りで期待しているよ」と、“ラスト金杯”に闘志を燃やしている。 中山コースは【3322】と得意の舞台で、昇級初戦でも一発ムードが漂う。前走の修学 ...
  • 【中山金杯・京都金杯(G3)展望】武豊エアスピネルを超えろ!セダブリランテス&ラビットラン「強い4歳世代」が年明けから激突!一年の計は金杯にあり」2018年も競馬は、1月6日の東西金杯からスタートする。 2000年から距離をマイルに短縮された京都金杯(G3)だが、昨年は明け4歳のエアスピネルが優勝。クラシックで上位を賑わせた大器が約1年ぶりの勝利を1600mで上げたことで、マイル戦線の中心の1頭に躍り出た瞬間でもあった。 今年 ...
  • 【中山金杯】年男の内田騎手 気持ちは36歳!?内田博幸騎手(47)=美浦・フリー=が、年男の2018年を迎えた。 「36だよ、36!(笑い) 年を取るのは早いよね。与えられた仕事をひとつひとつ、きっちりと。年間100勝を目標にやっていきたい。あとは人馬ともケガなく、レース後は無事に検量室に帰ってこれるように」。そう言って、優しく目を細めた。 08年3月に地方からJRAへ ...
  • 【中山金杯】東西記者が正月休み返上で予想合戦荒井:末一手で安定感には欠けるけど本質的には中山は合いそうです。 山口:うん。長くいい脚を使える走りは中山向き。気性の難しさがあって一時期は低迷したけど、ここにきてだいぶ成長も見られる。乗り方のコツなど陣営もだいぶつかんできたようだ。 西谷:同じ舞台の京成杯での好走実績(2着)もありますからね ...