中央競馬【GIII】京都金杯

京都金杯

京都金杯(きょうときんぱい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「スポーツニッポン賞 京都金杯」と表記している。
正賞はスポーツニッポン新聞社賞。

概要

1963年に創設された5歳(現4歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞「迎春賞」が、本競走の前身。1966年から「金盃」、1970年に「金杯」と改称され、以来1995年まで中山競馬場で行われる同名の競走(現・中山金杯)とともに新年度の中央競馬の開幕を飾る重賞として施行してきたが、1996年より東西の金杯を区別するため現名称に変更された。
負担重量は1966年から1980年まで別定だったが、1981年以降はハンデキャップに戻された。施行距離は創設以来芝2000mで定着していたが、2000年より芝1600mに短縮され、短距離路線を目標とする馬にとって一年の活躍を占うレースへと位置づけが一変した。
外国産馬は1993年から、外国馬は2006年からそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2017年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。

【GIII】京都金杯関連の話題・ニュース

  • 【きさらぎ賞】荒れた馬場なら走り軽いディープ産駒よりラセットの一発初戦のダートは9着ながら、芝に替わってから3戦連続で最速上がりを叩き出しており、そのうち2回は昨秋以降の京都。特に未勝利戦Vの前走時計は内外の回りの違いこそあれ、前日の京都金杯にわずか0秒2差と優秀。重賞挑戦でも即通用の期待が持てる。 庄野調教師も力が入る。「使うたびに競馬ぶりが良くなっ ...
  • 【東京新聞杯】アドマイヤリード、ダノンプラチナ、リスグラシューほか豪華メンバー!昨年の牝馬クラシックを沸かせたリスグラシュー(牝4、栗東・矢作厩舎)が4歳緒戦としてこのレースを選んできた。オークス5着、エリザベス女王杯8着と、長い距離ではどうしても選択肢が少なくなる馬なのかもしれない。マイルは(1.3.1.0)と崩れていないだけに、距離短縮で再評価したいところだ。 好時計だった昨秋の ...
  • 【東京新聞杯】今年はマイル専念グレーターロンドン イメージ通りの調教サトノアレス先週の追い切りは、前を追いかけて追いつけない形でしたが、負荷はしっかりかかっていたので良かったと思います。今週は時計もまとまっていますし、最後の反応も良くキレイな追い切りが出来ました。前走は休み明けで毛ヅヤがもうひとつでしたが、今回は体も締まっていて代謝も良く見栄えがします。 年齢を重ね ...
  • 【中山金杯&京都金杯・馬トーク】東西記者2人が緊急対談!勝ち馬探った2018年の中央競馬の開幕を告げる中山金杯、京都金杯が年明けの6日、行われる。幸先のいい初当たりを目指し、現地で取材する坂本達洋、ヤマタケ(山本武志)の両記者が緊急対談。勝ち馬を探った。 ヤマタケ(以下「ヤ」)「今年の京都金杯は単勝1・8倍のエアスピネルで堅かったけど、来年はどうやろ?」 坂本 ...
  • 【京都金杯】東西記者が正月休み返上で予想合戦休み明けでGI参戦のマイルCSは参考外。2番手でもレースができるし直線フラットの京都では斤量を背負っても簡単には止まらない。 荒井:2頭で行ったっきりを希望します。 西谷:なんて楽観的な発想なこと。マイルCS当日の京都はよく外差しが決まっていたんですよ。2番手になったダノンメジャーは相手が強かったこともある ...