中央競馬【GIII】フェアリーステークス

フェアリーステークス

フェアリーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「フェアリー(Fairy)」は、妖精を意味する英語。神話や伝説に登場する気まぐれで、人間と神の中間的な存在の総称。主に羽を持つ小さな少女の姿で表現される。

概要

1984年に創設された「テレビ東京賞3歳牝馬ステークス」が、本競走の前身。1994年より現名称に変更された。創設時は暮れの中山競馬で施行していたが、2009年から1月上旬の施行に変更。施行距離は当初芝1600mだったが、1991年から2008年までは芝1200mに短縮。2009年から再び芝1600mに変更された。これにより、クイーンカップを含めて桜花賞のトライアルへ向けた3歳牝馬クラシック路線が整備された。
外国産馬は1993年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になったほか、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬、除未出走馬および未勝利馬

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、3頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(馬齢重量(54kg))

  • 日本馬:収得賞金1800万円以上は1kg増
  • 外国馬:重賞競走1着馬は1kg増

賞金

2017年の1着賞金は3500万円で、以下2着1400万円、3着880万円、4着530万円、5着350万円。

【GIII】フェアリーステークス関連の話題・ニュース

  • 【クイーンC】2戦2勝の東京で迎え撃つマウレア 落ち着きでてきたレッドベルローズ今週の追い切りは、最後だけしっかり併せるように指示しました。最後まで余裕のある動きでしたし、ゴール板を過ぎても2コーナー辺りまでペースを落とさず流すことが出来て予定通りの内容でした。前走は中山マイルの外枠でしたしスタートも悪くて不利はありましたが、長く良い脚を使って次に繋がる競馬は出来たかと思い ...
  • 【フェアリーS】1番人気テトラドラクマ弾けず6着「力んで2度もリズムを乱した」【クイーンC】良血フィニフティ2着「桜花賞、オークスを目指さないといけない馬」 - トピックス · 【クイーンC】テトラドラクマが強気の競馬で重賞初V!マウレアは5着 - トピックス · 【クイーンC】オハナもテトラドラクマも揃って東京コースで期待 - トピックス · 【クイーンC】2戦2勝の東京で迎え撃つマウレア 落ち着きでてきたレッドベルロ ...
  • テトラドラクマの勝因、マウレアの敗因は?クイーンカップ2018の回顧まとめ. 毎年堅調に二桁の勝利を挙げる関東のいぶし銀小西厩舎。今年の初戦はテトラドラクマでのフェアリーステークスだった。1番人気に推されたが着外に大敗、20年ぶりの重賞制覇を狙っていた陣営には辛い結果だった。1か月半後その馬は厩舎に今年の初勝利と待望の重賞タイトルをもたらした。そして鞍上は ...
  • フェアリーS2018の競馬予想分析、結果発表!回収率400超のデータ該当馬とは?2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいく ...
  • フェアリーSの競馬予想分析…ライレローズ、桜花賞に向けた第一歩に?昨年は60勝で16位に終わった北村宏司。期待としてこの鞍上を取り上げるのは如何なるものかとも考えたが、近年のフェアリーSの成績を振り返ってみよう。 昨年は出遅れながらも内でロスなく進み、11番人気ながらハナ差4着と惜しい競馬になった。2010年のフェアリーSまでの成績を見てみると、0-1-2-3/6という結果である ...
  • 【フェアリーS】馬主・萩本欽一&藤田菜七子騎手が初タッグ!ジョブックコメン、重賞初制覇狙う昨夏のデビューから7戦目の前走で初勝利を挙げ、重賞の舞台へ。「『やめるなんて言わないで』と馬が言っているのかもしれない。本当に困ったヤツだ」と笑った。 重賞出走は16年ぶり。小桧山調教師から藤田の鞍上を打診され、「先生、いい物語作りますね」と快諾した。「馬は成績的にちょっと足りないところがあるから、菜 ...
  • 【フェアリーS・観戦記】萩本欽一オーナー、愛馬ジョブックコメン9着も「ナナちゃん、最高だよ」第34回フェアリーS・G3は7日、中山競馬場の芝1600メートルで争わた。9着に敗れたジョブックコメンは、萩本欽一オーナーが鞍上の藤田を激励するため約18年ぶりに競馬場へ応援に駆けつけた。 ナナちゃん、最高だよ! 今日はナナちゃんを応援しに来たんだ。レース前にパドックで会ったら、照れ臭そうにしてさ。初々しさ ...
  • 【フェアリーS】前走2着馬は後に大楽勝 プリモシーン「少しずつ良くなっている」前走の新馬戦は、まだ馬が競馬に向けてのトレーニングをしっかり積んでいけるレベルとは言えない状況でしたが、それでもあのように勝てた辺りは能力かと思います。まだ今回も本当に良くなり切ってはいませんが、キャンターの感じも良くなっていますし少しずつ良い方向に向いていると思います。良いものを持っている ...
  • フェアリーS2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?3歳牝馬限定重賞を展望2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GIII/芝1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく ...
  • フェアリーS2018の最終追い切り分析…プリモシーンらの調教評価は?2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 1月3日には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行 ...