中央競馬【GIII】シンザン記念

シンザン記念

シンザン記念(シンザンきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「日刊スポーツ賞 シンザン記念」と表記している。
競走名の「シンザン」は1964年に日本競馬史上2頭目の三冠(皐月賞・東京優駿・菊花賞)制覇を達成、翌年も天皇賞(秋)と有馬記念を優勝し「五冠馬」と呼ばれている。1984年に顕彰馬に選出されたことを称え、京都競馬場には銅像が建立されている。
正賞は日刊スポーツ新聞社賞。

概要

本競走はシンザンを記念し、1967年に4歳(現3歳)馬限定の重賞として創設された。創設以来、1980年と1994年に阪神競馬場で施行された以外は、京都競馬場・芝1600m(外回り)で変わらず行われている。
外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になったほか、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(馬齢重量(56kg、牝馬2kg減))

  • 日本馬:収得賞金1800万円以上は1kg増
  • 外国馬:重賞競走1着馬は1kg増

賞金

2017年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。

【GIII】シンザン記念関連の話題・ニュース

  • シンザン記念勝ち馬ロジクライが骨折休養明け3戦目で勝利!…節分S2月3日(土)、1回東京3日目11Rで節分ステークス(芝1600m)が行なわれ、内田博幸騎手騎乗の2番人気・ロジクライ(牡5、栗東・須貝尚厩舎)が優勝。好スタートから無理せず前へ。向正面では内のマイネルメリエンダと並んで逃げる形で、3コーナーに入ったところでひとつ前に出てハナに立つ。コーナーで鞍上の手 ...
  • 色々と当たります(栗東)穴党なんですけど、去年は秋が不調で…。春はキョウヘイ(シンザン記念)やレーヌミノル(桜花賞)をとったんですけど…」。シンザン記念や桜花賞を当てるって、普通にワタクシより競馬センスが高い…。それなのに報知新聞を読んでくれてるとは、ありがたい読者です。まっ、知り合ったのも何かの縁ですから、今後も本紙を ...
  • ロードカナロア、初年度産駒から勝ち星量産種牡馬ロードカナロア(10歳)の産駒が好調だ。初年度産駒となる今年の3歳世代が昨夏のデビュー以降、勝ち星を量産。8日のシンザン記念(G3、京都芝1600メートル)ではアーモンドアイ(牝、美浦・国枝栄厩舎)が同産駒初となる重賞制覇を果たした。ロードカナロアは2012~13年に国内外で1200~1600メートルのG1を6勝 ...
  • クイーンカップ2018の競馬予想分析…ツヅミモン好走への4つのポイントとは?ツヅミモンは新馬戦を勝利し、その後シンザン記念で2着に入っている。この結果は評価に値するもので、予想オッズにもその期待の表れが反映されている。 しかし、これまでに経験した2戦の傾向からクイーンカップでの好走が困難なのではないか?という疑問が生じる。その要因は『速い時計』である。 新馬戦はスローの ...
  • 牝馬を考えよう(栗東)さて、3歳牝馬路線は今年に入ってから、シンザン記念勝ちのアーモンドアイ(牝、父ロードカナロア)が新星として、注目を集めています。この馬、桜花賞へ直行予定とのこと。本番での能力比較という点で、非常に悩ましい存在です。個人的にはかなり能力は買っております。現時点での話ですが…。 阪神JFの上位組で ...
  • 【藤岡調教師インタビュー】今週3歳重賞ダブル制覇でクラシック藤岡厩舎祭りだ!開業17年目を迎えた栗東の藤岡健一調教師(57)が、今週の3歳重賞でダブル制覇を狙っている。第52回共同通信杯(11日、東京)は1勝馬でもフィジカル面の成長が見込めるアメリカンワールド、第53回クイーンC(12日、東京)には牡馬相手のシンザン記念で2着に好走したツヅミモンを送り込んできた。有望なクラシック候補 ...
  • 【共同通信杯展望】重賞連勝を狙う武豊騎手騎乗予定のグレイルが中心スケールの大きい走りで2戦目を勝ち上がったブレステイキング(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎=ディープインパクト産駒)、前走の黄菊賞は10着も、初戦は京成杯2着のコズミックフォースを相手にしなかったブラゾンダムール(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎=ディープインパクト産駒)、シンザン記念5着のカフジバンガード(牡3歳、栗 ...
  • 【クイーンC】高性能ツヅミモンは「牝馬版キタサンブラック」になる?ここ最近、似たようなフレーズをやたら耳にするのだ。 まずは昨年の有馬記念直前のことだ。スワーヴリチャードの最大のセールスポイントが何かを庄野調教師にうかがったところ、「新馬戦では2着に負けはしたけど、あの時の瞬発力(上がり33秒9)はすごいものがあった。あれを見て思ったね。この馬の最大の売りはスピ ...