中央競馬【GIII】東京新聞杯

東京新聞杯

東京新聞杯(とうきょうしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「東京新聞」は、中日新聞東京本社が発行する日刊紙。
正賞は中日新聞社賞。

概要

1951年に創設された5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走「東京杯」が、本競走の前身。
創設当初は東京競馬場の芝2400mで天皇賞(春)の前後に行われていたが、1966年より現名称に変更、あわせて施行時期も1月下旬 - 2月上旬に繰り上げられた。その後、施行距離や施行場の度重なる変更を経て、1984年より東京競馬場の芝1600mに短縮。これにより、「安田記念」へ向けた春の古馬短距離路線に組み入れられ現在に至る。
外国産馬は1994年、外国馬は2005年よりそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(56kg、牝馬2kg減)

  • 日本馬:収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円毎に1kg増
  • 外国馬:GI競走1着馬5kg増、GII競走1着馬3kg増、GIII競走1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2017年の1着賞金は3900万円で、以下2着1600万円、3着980万円、4着590万円、5着390万円。

【GIII】東京新聞杯関連の話題・ニュース

  • 武豊と横山典にも取られ......迷える男・福永祐一騎手の「苦言」がお寒い「お手馬貧乏」次走の東京新聞杯には、昨年のヴィクトリアマイル覇者アドマイヤリード、ニューイヤーSを制したダノンプラチナ、京都金杯(G3)2着のクルーガーなどが出走予定。確かな実力を持つ馬が揃っていますが、今年は"善戦マン"のイメージを払拭するためにも、ここでの勝利は必須。陣営も武豊騎手も気合いを入れて臨んでくれ ...
  • AJCC2018の競馬予想分析…ダンビュライトがクリアすべき4つの条件とは?近親には活躍馬が多くいるが、どの馬も中山との相性は良くない。 ダンビュライトのいとこにあたるマリアライトは、宝塚記念、エリザベス女王杯とGIを2勝したが、中山の重賞では5戦して連対なし。中山芝2200mのオールカマーでは2年連続で5着に敗れている。 その弟のリアファルは、神戸新聞杯を勝って菊花賞でも3着と ...
  • <かながわ麺紀行>(4)スピードとだしが命 1日1000杯売る人気店営業中は忙しくて常連客と言葉は交わせなくとも、「今日もありがとう、とアイコンタクトで伝えている。学生だったお客さんが大人になっていくのを見るのはうれしいよ」と水谷さん。きそば鈴一はきょうも、いつもの場所に立っている。 <メモ> 横浜駅みなみ西口を出てすぐ。営業時間は午前7時~午後9時半。Suica(スイカ)など交 ...
  • 【京都金杯】重賞で好走歴もあるストーミーシー「能力があることは分かっています」ストーミーシー. 京都金杯に向けて追い切りを行うストーミーシー. 3日、京都金杯(G3)の追い切りが美浦トレセンで行われた。 ○前走、奥多摩ステークスを勝利したストーミーシー(牡5、美浦・斎藤誠厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F82.7-68.0-53.5-39.6-13.2秒をマークした。 【斎藤 ...
  • 厩舎の先輩シルポートの後継者 前残り馬場生かして初笑いだ ウインガニオンイコピコで神戸新聞杯をレコードで勝ったこともあるんですけどね。目立つところが短距離なだけであって、それはそれで良いのかなと。マイルが競馬の中心だからね。 -:失礼しました……(苦笑)。サダムパテックも3歳時は中距離路線で活躍していましたね。脚元は大丈夫ですか? 西:全然問題ありません。本当にカイ ...
  • ブラックV、最強証明 有馬記念 有終GI7勝 最多タイシンボリルドルフやディープインパクトに並ぶ中央GI7勝目を、有終にふさわしいレースで飾った。今後は種牡馬になる予定。歴史に名を刻んだ名馬の産駒は、早ければ2021年にデビューする。 (沢田隆良). <キタサンブラック> 5歳牡馬、父ブラックタイド、母シュガーハート。北海道日高町のヤナガワ牧場生産、馬主は大 ...
  • 年度代表馬にキタサンブラック JRA、2年連続選出の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】. 関連記事ピックアップ. 同性カップル解消、証明書を返還 渋谷区「第1号」の女性2人. (2017年12月28日). 富士・樹海自殺動画で謝罪 米ユーチューバーが投稿. (2018年1月3日). 銀座キャバレー「白いばら」 惜しまれつつ歴史に幕 ...
  • 【AJCC展望】名手・武豊騎手とコンビを組むゴールドアクターが中心極悪馬場の菊花賞(6着)は直線で伸びあぐねたが、適距離レースへの投入で再び豪脚がうなりを上げるか。 昨年のクラシック3、6、5着のダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、再出発戦となった1600万のサンタクロースSで4角先頭から押し切る完勝劇。ここに入っても地力は見劣らず、報知杯弥生賞、皐月賞(ともに ...
  • 現役生活あとわずかも衰えなし 得意の舞台で連覇飾る マキシマムドパリ愛知杯(G3)に向かうマキシマムドパリ(牝6、栗東・松元茂厩舎)ですが、前回の中日新聞杯は同じコースに臨み5着でした。ペースは速くなかったのですが、前々で見せ場のある内容だったと思います。 吉田貴昭調教助手:自分の形で競馬をしていて、よく粘っているかと思うんですよね。一瞬オッと思わせるところもあり ...
  • 【G2日経新春杯】ミッキーロケット疲労なし!「須田鷹雄 今週の狙い目レース」今後は2000メートル超のG2、G3を攻めていくことになるだろうが、今回のハンデでG2の賞金に挑めるのはおいしいタイミング。陣営もそれなりの仕上げでくるはずだ。 △にロードヴァンドール。距離は微妙なところだが、今回は頭数も集まらない可能性が高いし、単騎で楽に逃げられるとなったらやはり怖い。変に距離を意識せず ...
  • 有馬記念の負けを倍にして取り戻す!ホープフルSで今年最後の大勝負に勝つ!こういった過去の実績はもちろん、12月に入ってからだけでも中日新聞杯の3連単2万3260円、チャレンジカップの3連単1万2120円など15本以上の万馬券を的中させ、さらにホープフルステークスと同じ2歳限定G1レースの阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスもともに的中させているのだから心強い。そ ...
  • 【東京新聞杯】競馬界の女神を悩ます「スピネル丼」か「ブラック丼」か…... 【東京新聞杯(日曜=5日、東京芝1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。先週末は中京競馬場と京都競馬場へ行って目一杯楽しんできたのですが、ことごとく夏目漱石さんや福沢諭吉さんが私のお財布から家出されて行きました(要約すると、たくさん馬券を買って、たくさん負けましたって ...