中央競馬【GIII】きさらぎ賞

きさらぎ賞

きさらぎ賞(きさらぎしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「きさらぎ(如月)」は、陰暦の2月を表す異称。
正賞はNHK賞。JRAの重賞でレース名が平仮名なのは当競走とみやこSの2つのみである。

概要

1961年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。1962年の第2回より(NHK賞)の副称がつけられている。
創設時は中京競馬場の砂1200mで施行。その後は砂1700mへの変更を経て、1971年から1986年までは中京競馬場・芝1800mで施行していた。1987年からは京都競馬場・芝2000mに変更され、1991年から京都競馬場・芝1800m(外回り)で行われている。
格付表記は2007年に日本がパートI国に昇格した際「JpnIII」に変更、2009年から国際格付の「GIII」に変更された。
外国産馬は1972年から出走可能になった。1996年には特別指定交流競走に指定され地方競馬所属馬の出走が可能になったほか、2009年には国際競走に指定され外国馬の出走も可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定

  • 日本馬:馬齢重量、収得賞金1800万円以上の馬は1kg増
  • 外国馬:馬齢重量、重賞競走1着馬は1kg増

賞金

2017年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。

【GIII】きさらぎ賞関連の話題・ニュース

  • 【きさらぎ賞】迫力満点カツジ スピード感十分ダノンマジェスティ松山弘平騎手を背にCWコースで一杯に追われ、6F82.3-66.3-51.6-37.9-11.7秒をマーク。 【池添兼雄調教師のコメント】 「左前のフレグモーネで朝日杯はパスして調整してきた。そこまでひどい症状じゃなかったし、疲れもあったと思う。在厩したままケアできたし、いい休養になったととらえたいね。1週前もいい動き ...
  • 動画コンテンツ「森咲智美のUmatoku大作戦」…4回目はきさらぎ賞・G3を予想たくさん買って、どうしても当てたかったんだもん。20点だから、いつもより点数は少ないし…」とGカップの谷間を寄せながら、甘え口調で口をとがらせた。 ただ超ハイペースで競馬の知識を吸収中の森咲は「今週も同じ種牡馬同士のワンツースリーがあるかも」とディープインパクト産駒のグローリーヴェイズ、カツジ、ダノンマジェス ...
  • きさらぎ賞2018の競馬予想分析…レッドレオンの好走を期待できる2つの理由京都1800はディープの庭と言われるほどこの舞台でディープ産駒はよく走る。 現にこのきさらぎ賞でもサトノダイヤモンド、トーセンスターダム、ワールドエース、トーセンラーとここ7年で4勝を挙げている。 レッドレオンに関して言えば、初戦は馬場も悪く前述の通り道中から促されるレース展開で直線で決め手を発揮という走りでは ...
  • きさらぎ賞2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率約8割、回収率130超2018年2月4日、京都競馬場できさらぎ賞(GⅢ/芝1800m)が行われる。ダノンマジェスティ、グローリーヴェイズ、カツジ、レッドレオン、サトノフェイバーらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか? 開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデ ...
  • 武豊騎手も仰天のM.デムーロ騎手「騎乗拒否」!? きさらぎ賞(G3)最有力馬ダノンマジェスティが"暴走"する理由?という質問に、和田騎手が「男馬、強いっすよね」と切り出すと、デムーロ騎手が「はい」武豊騎手も「強いね」と即座に反応。競馬界を引っ張り続けるトップジョッキーとして3人とも、今年の3歳牡馬のレベルには相当な手応えを感じているようだ。 そんな中、真っ先に話題に上がったのが和田騎手とのコンビでデビュー戦を快勝した ...
  • きさらぎ賞2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?2018年2月4日、東京競馬場できさらぎ賞(GⅢ/芝1800m)が行われる。暮れの阪神で圧勝したダノンプレミアムに続き、ダノンマジェスティが第2の主役候補として名乗りでるか。その他のディープインパクト産駒も素質馬達が出走を予定しており注目の一戦である。 開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているの ...