中央競馬【GIII】クイーンカップ

クイーンカップ

クイーンカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「デイリー杯 クイーンカップ」と表記している。
寄贈賞を提供するデイリースポーツは、神戸新聞社が発行するスポーツ紙。
正賞はデイリースポーツ賞。

概要

1966年に創設された、4歳(現3歳)牝馬限定の重賞競走。春の牝馬クラシック(桜花賞・優駿牝馬)へとつながる3歳牝馬重賞路線のひとつとして位置づけられている。
第1回は中山競馬場の芝1800mで4月に行われたが、その後施行場や距離は幾度かの変遷を経て、1981年以降は東京競馬場の芝1600mで定着。施行時期も1998年から2月で定着した。
外国産馬は1994年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になり、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(馬齢重量(54kg))

  • 日本馬:収得賞金1800万円以上の馬は1kg増
  • 外国馬:重賞競走1着馬は1kg増

賞金

2017年の1着賞金は3500万円で、以下2着1400万円、3着880万円、4着530万円、5着350万円。

【GIII】クイーンカップ関連の話題・ニュース

  • クイーンカップ2018の競馬予想分析、結果発表!回収率130超のデータ該当馬とは?2018年2月12日、東京競馬場でクイーンカップ(GⅢ/芝1600m)が行われる。マウレア、フィニフティ、オハナ、レッドベルローズ、ツヅミモン、ソシアルクラブ、テトラドラクマらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをい ...
  • クイーンカップ2018の競馬予想分析…ツヅミモン好走への4つのポイントとは?しかし、これまでに経験した2戦の傾向からクイーンカップでの好走が困難なのではないか?という疑問が生じる。その要因は『速い時計』である。 新馬戦はスローの前残りで決まり、ツヅミモンは2番手から全体上がり2番目の脚を使って勝利した。調教の動きから断然1番人気だったが、展開もかなり有利に働いた勝利だっ ...
  • クイーンカップ2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?2018年2月12日、東京競馬場でクイーンC(GⅢ/芝1600m)が行われる。春の牝馬クラシックだけでなく、NHKマイルCにも近年優勝馬を送りこんでいる当レース。今年もGⅠ戦線を沸かせる有力馬が出現するのか、注目の一戦である。 開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の ...
  • クイーンカップ2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率6割超、回収率130超ポイント3 前走平場・OPEN特別出走馬は消し! クラシック直結のクイーンカップにおいては、既に重賞に出走して勝ち抜いてきた、もしくは好走してきた馬が活躍することが多く、なんとかクラシックに間に合わせようとして遅めにデビューした馬や重賞ではなくオープン特別に出走した馬にとって厳しい結果となっている。 なお、前走 ...
  • クイーンカップ2018の競馬予想データ分析…4つの注目点から浮上する激走馬とは?2018年2月12日、東京競馬場でクイーンカップ(GⅢ/芝1600m)が行われる。マウレア、フィニフティ、オハナ、レッドベルローズ、ツヅミモン、ソシアルクラブ、テトラドラクマらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 1998年から長い間この時期に行われている歴史のあるレースだが、近 ...
  • クイーンカップ2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?東から桜花賞へのステップレースを展望2戦2勝で挑んだ前走・阪神JF(GⅠ)では、初の遠征競馬、且つ直線で進路に詰まり踏み遅れる厳しいレースながらも、前が空いてからは良い反応をみせ3着に食い込んだ。 勝鞍2勝(新馬戦・赤松勝)を挙げている東京マイルが舞台に変わるのは全く不安がなく、まともなレースが出来ればここは勝ち負けだろう。 前 ...
  • クイーンカップ2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の歴代勝ち馬一覧2018年2月12日、東京競馬場でデイリー杯クイーンカップ(GIII/芝1600m)が行われる。マウレア、レッドベルローズ、オハナ、ツツジモン、フィニフティらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるの ...
  • 【クイーンC】気持ちが安定マルターズルーメン 状態は非常に良いナラトゥリス前走は一番後ろからの競馬になりましたし、最後は位置取りの差が出たかと思います。ただ上位馬とは同等の力があるのではないか、という内容だったと思います。本来は長い距離が合う馬だと思っているので桜花賞を目指して、とは考えていませんが、前走でせっかく東京マイルを経験しましたしここを使うことにしました ...
  • 【クイーンC】阪神JF3着マウレア、重賞2着ツヅミモンほか素質馬が集結!シンザン記念2着馬ツヅミモン(牝3、栗東・藤岡健厩舎)はこのクイーンカップから桜の舞台を目指す。前走は素質馬アーモンドアイに敗れたものの、牡馬に混じって2着を確保した能力は確かなものがある。関東遠征は初戦で経験済みなのは心強い。 1戦1勝ながら関東遠征を敢行するのが、名門・藤原英厩舎所属の良血 ...
  • サムライドライブぶっちぎり、重賞V4地方所属馬の中央挑戦は、ファンの心をとりこにする。東京競馬場でのセントポーリア賞(500万特別)では、北海道競馬所属の3歳牡馬ハッピーグリン(田中淳司厩舎)が後方一気の差し脚で中央勢をねじ伏せた。ローエングリン産駒で芝向きのコース適性(1勝、3着2回)も示した。1歳上の姉はミスミーチャンで、中央未勝利 ...
  • アメリカ株は暴落していない?「10%急落」は珍しくないと指摘そりゃ、日本は豊かな国なわけですから、おカネ自体はあるわけで、あとは考え方次第。アメリカの株式市場の動きに一喜一憂している場合ではありません。 では、どうすればいいか!?それはワタクシがときどき開く講演会にいらっしゃれば、いつでもお話しておりますよ(笑)。 さて、ここからは恒例の競馬コーナーです ...
  • 立川末広が「ネム」で大損「井崎脩五郎 競馬新理論」競馬ファンは、馬の名前を略して呼ぶのが好きだ。その走りとなったのが、クイーンCや京都牝特を勝ったスカーレットブーケで、略して「スカブー」と呼ばれていた。ナリタブライアンは「ナリブー」。こういう略し方は日本だけのことかと思っていたら、そうではないらしい。 □香港競馬で大勝負したら… 去年の暮れ、香港競馬を観戦に ...
  • タッチデュールがラストラン、繁殖入りへ... 地方競馬場13カ所を走り回り、酷使に耐え続けた。 だが、これも笠松流。厳しいローテーションで全国を転戦したが、笠松は全国のほぼ真ん中に位置し、遠征しやすいメリットもあった。「走らせ過ぎだよ」という批判的な声も多く聞かれたが、ギャンブル対象である競走馬は「経済的な動物」であり、賞金以外の出走手当 ...
  • 【クイーンC予想2018】マウレア、得意の東京マイルで本領発揮だ12日(月・祝)は東京競馬場で3歳牝馬のマイル重賞「クイーンC」が開催。牝馬クラシック(桜花賞・オークス)へと続く3歳牝馬重賞路線の一つに位置付けられている重要な一戦です。今年は上位の実力・実績が拮抗しており上位人気の取捨がポイントとなりそうです。 本命馬はマウレアです。2013年の桜花賞場アユ ...