中央競馬【GIII】共同通信杯

共同通信杯

共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。1969年より「トキノミノル記念」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。
寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。
副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝。1984年には顕彰馬に選出された。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている。
正賞は共同通信社賞。

概要

1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス」に改称された後、2001年より現名称となった。春のクラシックレースへ向けた重要な前哨戦として位置づけられている。
創設時の施行距離は芝1400mだったが、1968年より芝1600mに、1971年には芝1800mに延長された。以降も施行場や施行時期は幾度か変更されたが、東京競馬場の芝1800mで定着している。
外国産馬は1993年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になり、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(馬齢重量(牡馬・せん馬56kg、牝馬54kg))

  • 日本馬:収得賞金1800万円以上の馬は1kg増
  • 外国馬:重賞競走1着馬は1kg増

賞金

2017年度の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。

【GIII】共同通信杯関連の話題・ニュース

  • 業界最速?ダービー&オークス想定オッズ暮れのGIホープフルSを制したタイムフライヤーは、松田国厩舎の方針で、数を使われながら力をつけてきた。血統的に距離はOK。長い直線コースも、この馬には合いそうだ。 そのタイムフライヤーを京都2歳Sで破ったグレイルが5番人気想定。野中師が「大事に育てていきたい」と話す好素材で、血統的にもさらなる成長が期 ...
  • 【阪神C】イスラボニータ、レコードVで有終飾る一番の思い出は、ダービーで2着に敗れた悔しさかな。産駒がリベンジしてくれたら、最高ですね」。後世に夢を託して、温かく送り出した。(宮崎 尚行). ◇イスラボニータ 父フジキセキ、母イスラコジーン(父コジーン)。美浦・栗田博憲厩舎所属の牡6歳。北海道浦河町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産。通算 ...
  • 連勝中のオブセッションは報知杯弥生賞へ新馬、シクラメン賞を連勝中のオブセッション(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父ディープインパクト)は報知杯弥生賞(3月4日、中山・芝2000メートル)を来春の始動戦とすることが25日、分かった。 所属するシルクレーシングのホームページで発表されたもので、鞍上は引き続きルメール騎手。当初は共同通信杯も視野に入れ ...
  • 【共同通信杯(G3)展望】武豊が惚れ込む大器エアウィンザーが「崖っぷち」の一戦!近5年で4頭の皐月賞馬を輩出する出世レースに豪華メンバーが集う王道」か、「ジンクス」か。有力な3歳牡馬を抱える陣営とっては選択のしどころだが、12日に行なわれる今年の共同通信杯には、"お隣"のきさらぎ賞(G3)を超える豪華メンバーが集った。 その中でも、中心は昨年の東京スポーツ杯2歳S(G3)の2着馬スワーヴリチャード(牡3歳、栗東・庄野靖志厩舎)だ。 前走の東京スポ ...