中央競馬【GIII】アーリントンカップ

アーリントンカップ

アーリントンカップは、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞(GIII)である。
正賞はアーリントンパーク競馬場賞。

概要

1987年に創設され、1991年に廃止された「ペガサスステークス」を前身とする。3歳馬による別定重量戦の1600メートル戦だった。
1992年から、阪神競馬場とアーリントン国際競馬場(Arlington International Racecourse、2000年からはアーリントンパーク競馬場)が提携を結んだのを機に、ペガサスステークスは「アーリントンカップ」に改称された。アーリントンパーク競馬場からは賞の寄贈が行われている。
一方、姉妹提携先のアーリントンパーク競馬場では、交換競走として「Hanshin Cup Stakes(阪神カップステークス)」が施行されている。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(馬齢重量(56kg、牝馬54kg))

  • 日本馬:収得賞金額が1800万円以上の競走馬は1kg増
  • 外国馬:重賞競走優勝馬の競走馬は1kg増

賞金

2017年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。

【GIII】アーリントンカップ関連の話題・ニュース

  • 愛する両親の前でミルコ最多タイGI・6勝JRA秋のマイル王決定戦、第34回GIマイルチャンピオンシップが19日、京都競馬場1600メートル芝で行われ、ミルコ・デムーロ騎乗の4番人気ペルシアンナイト(牡3=栗東・池江厩舎、父ハービンジャー)が優勝。後方待機から最後の直線を鋭く追い込み、ゴール寸前でライアン・ムーア騎乗の2番人気エアスピネル(牡4 ...
  • 阪神カップ2017の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?2017年12月23日、阪神競馬場で阪神カップ(GII/芝内回り1400m)が行われる。サングレーザー、イスラボニータ、レーヌミノル、モズアスコット、シャイニングレイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースで ...
  • 武幸四郎、騎手人生21年の記憶 相手は懲役1年6ヶ月!合コン帰りの不祥事、松本オーナーと見せた感動の涙......先日Yahoo!のトップニュースなど全国的にも話題となった武幸四郎騎手の引退報道。いよいよ2月26日、つまり来週の日曜が騎手として最後のレースに騎乗となるのだ。その来週は3歳重賞のアーリントンカップ(G3)に有力馬ミラアイトーンで出走予定だが、今週の京都牝馬ステークス(G3)にも前走の勝利で勢いに乗る ...
  • 【アーリントンC】武幸四郎騎手、ミラアイトーンで有終V締めだ!時間があれば北海道などの牧場に足しげく通い、様々なオーナーへのあいさつなど、第2の競馬人生をすでにスタート。G1レース6勝を挙げた過去を振り返ったり、感傷に浸っている暇はない。 騎手人生20年でついに迎えるラストライド。引退を惜しむ関係者から多数の騎乗依頼が舞い込んでいるが、なかでも楽しみな ...
  • 【有馬記念2017予想】ズバリ!今年オススメしたい穴馬“3頭”!重賞は3歳時にG3のアーリントンカップを優勝したのみだが、NHKマイルカップ3着、菊花賞2着、そして今年は天皇賞秋で3着に入着するなどG1戦線で活躍。いくつかの条件が嵌まらないと一線級の馬たち相手では厳しいが、嵌った時は強い競馬をしてくれる馬だ。 一つ目は力のある馬場であること。昨年のジャパンカップで ...
  • ミッキーアイル2年半ぶり戴冠も後味悪くJRA秋のマイル王決定戦、第33回GIマイルチャンピオンシップが20日、京都競馬場1600メートル芝で開催され、浜中俊騎乗の3番人気ミッキーアイル(牡5=栗東・音無厩舎、父ディープインパクト)が逃げ切り勝ち。2014年5月のNHKマイルカップ以来2年6カ月ぶりのGI・2勝目を決めた。良馬場の勝ちタイムは1分33秒1。 ミッキ ...
  • 皐月賞、アーリントンCからの「少数派ローテ」彗星ペルシアンナイト! 路線変更の原因はソウルスターリングに敗れた「辛い過去」にあるってホント?出走馬の中に前走アーリントンC組が少ないのはなにも今年に限ったことではない。昨年このローテから皐月賞へ進んだ馬はゼロ。過去10年を遡ってもわずかしか例がなく、しかもすべて4着以下に負けている。 そもそもアーリントンCの舞台は阪神マイル。2000mの皐月賞とは距離が400mも違うため、前哨戦として使う陣営が ...
  • 武幸四郎、騎手人生21年の記憶。騎手人生を締めくくる最後の13頭、そして前途多難な調教師人生がスタートJRA、地方競馬、海外で9285鞍に騎乗し合計715勝。重賞33勝のうち1番人気で勝利したのはわずか7勝と穴騎手の印象が強い騎手だった。 最後の2日間は土日で合計13頭の騎乗となっているが、その内訳はどん底時代も幸四郎を支えたメイショウの松本オーナーがもっとも多く3頭、さらに父の武邦彦時代から付き合 ...
  • 【スワンS予想2017】1400mで重馬場なら狙い目はあの馬だ!重賞実績としては3歳時に新馬戦を勝った後に出走したアーリントンカップ(7着)以来で、実に14戦ぶりと久しぶりの重賞戦となるのです。そういった意味では、重賞戦線で闘ってきた馬と比べると当然重賞実績は劣るのですが、ビップライブリーはそれを度外視しても注目しておきたい一頭です。その理由は2つございます ...