中央競馬【GIII】オーシャンステークス

オーシャンステークス

オーシャンステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「夕刊フジ賞 オーシャンステークス」と表記される。
競走名の「オーシャン(Ocean)」は、英語で「大洋」「大海」「海洋」という意味。
夕刊フジは、産業経済新聞社が発行する夕刊紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。
正賞は夕刊フジ賞。

概要

本競走はスプリント距離である1200mの重賞で、例年3月上旬に行われている。古馬によって争われ、3月下旬に行われる春のスプリントGI競走である高松宮記念の前哨戦に位置づけられている。
1996年に、中山競馬場で4歳(現3歳)以上の馬によるオープン特別(芝1800m)として創設された。
翌年には施行時期を6月中旬から現在の3月初頭に移し、出走資格を混合・指定の5歳(現4歳)以上に、負担重量をハンデキャップ、施行距離を芝1200mに変更。
1999年は準オープン(1600万下条件)に格下げされたが、翌2000年には再びオープン特別競走に戻り、負担重量が別定戦となった。
2006年に中央競馬の短距離重賞路線が再整備され、これに伴って国際競走(GIII)に変更されたほか、高松宮記念の前哨戦として位置付けられた。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(3頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年3月5日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年3月4日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

本競走の1着馬(中央・地方の所属は不問)には高松宮記念への優先出走権が付与され、地方競馬所属馬は2着までに入着すると高松宮記念への優先出走権が与えられる。

賞金

2015年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。

【GIII】オーシャンステークス関連の話題・ニュース