中央競馬【GIII】フラワーカップ

フラワーカップ

フラワーカップは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「フラワー(Flower)」は、花を意味する英語。

概要

桜花賞・優駿牝馬(オークス)と続く牝馬クラシック路線の関東地区における前哨戦として位置付けられている。
1987年に創設された、4歳(現3歳)牝馬による重賞競走。施行場・距離は創設時より、中山競馬場の芝1800mで定着している。創設時の負担重量は馬齢だったが、2001年より別定に変更された。
外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になり、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(馬齢重量(54kg))

  • 日本馬:収得賞金1800万円以上の馬1kg増
  • 外国馬:重賞競走1着馬1kg増

賞金

2017年の1着賞金は3500万円で、以下2着1400万円、3着880万円、4着530万円、5着350万円。

【GIII】フラワーカップ関連の話題・ニュース

  • 今週も武豊の穴馬にビッグチャンス到来!重賞穴馬データ公開中~阪神大賞典・スプリングステークス・ファルコンステークス・フラワーカップ~関連リンク. 今週も武豊の穴馬にビッグチャンス到来!重賞穴馬データ公開中~阪神大賞典・スプリングステークス・ファルコンステークス・フラワーカップ~のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、スプリングS、武豊、阪神大賞典の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブ ...
  • 武豊もこれで干された…絶対的権力者が君臨する競馬界、「裏情報」が飛び交う驚愕のサイト俳優の山本裕典が所属事務所から契約を解除されたニュースが波紋を呼んでいる。また、解散したSMAPがジャニーズ事務所から独立できなかったように、どんな世界でも上下関係は存在する。 プロ野球においては、当時横浜DeNAベイスターズの中村紀洋がチーム方針を批判して戦力外通告され、その後、現役続 ...
  • 2戦目も楽勝ディープ牝駒ファンディーナ後続に1.5秒差をつける圧巻のデビュー戦で話題を集めたファンディーナの2戦目。初戦はスピードの違いで逃げたが、今回は先を見据えて抑える競馬を選択。1000m通過が64秒1という遅いペースでも慌てることなく、余裕の仕掛けで逃げるタガノアスワドをゴール前でアッサリと差し切ってしまった。レースのラスト2Fが10秒 ...
  • かつての桜花賞候補ミスエルテがヤバイ... 関係者も頭を抱える現状にソウルスターリングとの差は開く一方チューリップ賞(G3)、フィリーズレビュー(G2)、アネモネステークス(OP)といった桜花賞のトライアルレースが終わり、あとはフラワーカップ(G3)を待つのみとなり、桜花賞出走馬の全容が見えてきた。しかしかつて"桜花賞候補"とまでいわれた才女の名前が中々挙がってこない。その馬こそ、昨年2歳牝馬戦線の話題を独占し ...
  • クラシック戦線で名門復権なるか。サトノアレスが背負う社台の看板。クラシックの足音が近づいてきた。 牝馬は週明けのフラワーカップ(3月20日、中山芝1800m)、牡馬は今週末の若葉ステークス(3月18日、阪神芝2000m)とスプリングステークス(3月19日、中山芝1800m)、来週末の毎日杯(3月25日、阪神芝1800m)でトライアルや前哨戦が終わり、クラシック出走馬の陣容がほぼ整う。は ...
  • 武豊、21年ぶりのオークス制覇濃厚?競馬界のレジェンドたちが明かす穴馬とはそして昨年の阪神ジュベナイルフィリーズから今年のクイーンカップ、チューリップ賞、フィリーズレビュー、フラワーカップ、桜花賞といった3歳牝馬戦線はパーフェクトに近い的中実績があり、驚くべきことにオークストライアルのフローラステークスでも12番人気から1着に入ったモズカッチャン陣営からも勝負話を入手し、3連複3万5940円の ...
  • WBC&ドバイ競馬、日本のダブル優勝が現実味…驚異の的中率80%予想、武豊の命運は?ドバイでは、3月25日に多くのビッグレースが行われる競馬界最大級のイベントがあり、日本からも武豊騎手が騎乗するアウォーディーや、フェブラリーステークスを圧勝したゴールドドリームが、優勝賞金約6億円のドバイワールドカップに出走する。また、WBCで解説を務める元プロ野球選手の佐々木主浩氏が所有するヴィブロ ...
  • 武豊、オークス制覇に視界良好か…大混戦必至でも「1点勝負」!「大本命と穴馬」とは今週末は、何やら雲行きが怪しい牝馬クラシック第2弾の第78回優駿牝馬(オークス)が開催される。桜花賞を勝ったレーヌミノルを筆頭に、ソウルスターリング、アドマイヤミヤビなどトップレベルの3歳牝馬が集結するものの、さまざまな事情から大混戦といえる難解なレースとなっている。 その大きな要因が距離だ。オークスは桜 ...
  • 【フラワーC】3番人気ディーパワンサは伸び切れず6着3歳牝馬13頭によって争われ、岩田康誠騎手が騎乗した1番人気のファンディーナ(父ディープインパクト、栗東・高野友和厩舎)が4角先頭から、そのまま後続をちぎって、5馬身差の完勝。デビューから3連勝で重賞初制覇を果たした。 2着は8番人気のシーズララバイ(柴田善臣騎手騎乗)、3着は逃げ粘ったドロウアカード ...
  • 皐月賞と桜花賞、無敗牝馬 経験の浅さに泣く今日に関しては力負けですね」――。皐月賞のレース後、ファンディーナの高野調教師はさばさばした様子で完敗を認めた。同馬は3月20日の牝馬限定戦、フラワーカップ(G3、中山芝1800メートル)で2着に5馬身差をつけて圧勝するなど、非凡な能力を示していた。フラワーCからのレース間隔に余裕があることや、1600メ ...
  • ファンディーナの敗因や次走は?血統から導く皐月賞敗戦の理由ナムラシングンは父ヴィクトワールピサが立ち回りのうまい器用なタイプで、オールウェザーのドバイワールドカップを勝っていることで分かるように力のある馬場を得意としている……という側面がある。ただ、そういうタイプになったのは母系の影響もあると考えられる。 例えばナムラシングンとファンディーナの母系を見てみると、ボールド ...