中央競馬【GIII】毎日杯

毎日杯

毎日杯(まいにちはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
寄贈賞を提供する毎日新聞社は、東京・名古屋・大阪・北九州に本社を置く新聞社。
正賞は毎日新聞社賞。

概要

1954年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。優先出走権が得られるトライアル競走ではないが、春の大レースを目指す3歳馬にとって重要な前哨戦とされている。
創設から1970年までは6月の東京優駿(日本ダービー)直後に行われていたが、1971年より3月(1972年は4月)に繰り上げられた。施行距離は創設以来芝2000mで定着(1971年は1900m)していたが、2007年より阪神競馬場に新設された芝外回りコースの1800mに変更された。創設時の負担重量はハンデキャップだったが、翌年から別定に変更され現在に至る。
外国産馬は1992年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になり、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(馬齢(牡・せん56kg、牝馬54kg))

  • 日本馬:収得賞金1800万円以上の馬1kg増
  • 外国馬:重賞競走1着馬1kg増

賞金

2016年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。

【GIII】毎日杯関連の話題・ニュース

  • 決戦は近い(栗東)最後に毎日杯は音無厩舎のインディチャンプ(牡、父ステイゴールド)に、池江厩舎のシャルドネゴールド(牡、父ステイゴールド)、友道厩舎のユーキャンスマイル(牡、父キングカメハメハ)あたりでしょうか。 ということで、色々と書いてきましたが、来週の報知杯弥生賞が今春を占う上で大きな一戦となることに変わりありません ...
  • 牝馬も大事な1週間(栗東)けど、見てみろ。全く太くは見えないだろう。いい形で成長してくれたと思う」と満足そうな表情を浮かべるのです。次走はゆきやなぎ賞、岩田Jとのコンビ復活で臨む予定です。栗東に戻ってきているアドマイヤアルバ(牡、父ハーツクライ)は藤岡康Jでフローラルウォーク賞へ参戦します。 最後に友道厩舎の情報だけ。先週の ...
  • 【すみれS】音無厩舎“第3の牡馬”シエラネバダ「スタミナ勝負のこの舞台合う」ステイゴールド産駒ながら「馬体が詰まっているから、短いところへ」との指揮官の判断で、クラシックとは無縁に見える阪神芝内1400メートルでのデビュー。この新馬戦に続き、500万下(京都芝内1600メートル)では、上がり最速の33秒8という切れ味でV2を飾ったことで「後ろから行って、あれだけの脚を使えたのは大きいね。ダ ...
  • 京都記念(G2)アルアイン「正念場」か......待望の松山弘平騎手とのコンビ復活に見える「終わりの時」昨年、好タイムで毎日杯を勝つと、皐月賞では9番人気の低評価を覆しての勝利。若手有望株の松山弘平騎手と共に、人馬G1初制覇となった。 競馬界に突如現れたフレッシュなコンビは大きな注目と期待を集めたが、皐月賞後、日本ダービーでのコンビ継続がなかなか発表されないなど、関係者の間では決してすべて ...
  • 日曜京都の危険な人気馬... 【京都9R・サフランハート】前走はインで我慢したが、スペースがなく追いだしを待たされる場面。外へ持ち出して2着に食い込んだ。ただ、スムーズならと思うのは間違い。裏を返せば、人気馬にあるような外を回る王道の競馬をして差し切れる馬ではないということだ。昨年夏に降級したが、(3)(2)(4)着と足踏みしたあと ...
  • 番組がない!(栗東)これから追い切って、どうなるかでしょうね」と口にします。あとは、毎日杯で復帰予定のシャルドネゴールド(牡、父ステイゴールド)は「ソエの方はだいぶん、治まっています」とのことで、ようやく復帰のメドが立ったようです。 さて、ここからが今日の本題。新馬、千両賞と連勝したサンラモンバレー(牡、父ロードカナロア)がアーリントン ...
  • 東京新聞杯2018の競馬予想分析…グレーターロンドンは勝てない?3つの不安要素2018年2月4日、東京競馬場で東京新聞杯(GⅢ/芝1600m)が行われる。例年、同じ舞台で行われるGⅠヴィクトリアマイルや安田記念にむけて豪華なメンバーが集い非常にレベルの高い重賞となるが、一方で人気馬があっさり敗れ伏兵が絡んでくる波乱の多いレースでもある。 今年はGⅠ馬3頭、重賞馬5頭と例年以 ...
  • パチンコに続き、競馬にも規制!?「阿部幸太郎 オレの美味予想」さらにヴィクトリアマイルを制した切れ者アドマイヤリード。復活したG1馬ダノンプラチナと豪華版です。 ○ダイワキャグニーの先行力に注目 で、注目したのがダイワキャグニーの先行力。昨秋の毎日王冠で4着。ダービー以来で4か月ぶりの実戦。かつ古馬初対戦でしたが、リアルスティール、サトノアラジン、グレーターロンド ...
  • 【東京新聞杯】グイッと加速グレーターロンドン、得意のマイルで重賞初Vだ昨秋は毎日王冠(3着)、天皇賞・秋(9着)と中距離で勝負したが、「今年は迷わずマイル路線へ。この距離なら折り合い面もそれほど考えなくていいし、元気に仕上げるということをテーマにやっていく」。大器の片鱗(へんりん)をのぞかせながらも重賞Vがまだない6歳馬を見つめながら、トレーナーが宣言した。 G1に初 ...
  • グレーターロンドン乗り替わりの「裏」川田将雅の「本気度」超高い?4日(日)に東京競馬場で開催される東京新聞杯(G3)。「未完の大器」と評されるグレーターロンドン(牡6歳、美浦・大竹正博厩舎)が出走を予定している。 グレーターロンドンは早くから突出した才能を認められながらも、故障で3歳クラシックには出走できず、重賞初挑戦は5歳だった。初挑戦の安田記念(G1)は4着、次走の毎日 ...
  • 山本昌が語った趣味論「分からないことがあるのが嫌なんです」1月24日にセカンドキャリアエッセイ集『笑顔の習慣34: 仕事と趣味と僕と野球』(内外出版社 1,400円税別)を発売した元中日ドラゴンズの山本昌氏。この本には現役時代のことはもちろん、50歳での現役引退後のセカンドキャリアや趣味についても余すことなく収録されている。 今回、そんな山本氏のセカンドキャリアや趣味 ...